時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

精神という住まい


 創造的な生産性だけが、俗世を超え、自らに力を授けるような信仰的な神々しさを自らに宿し、静謐な余韻に予言をこぼし、刹那にとどろく俯瞰から、無感覚なものに指図するだけの愚鈍な行為に緩慢な錯覚を与え、享受すべき意志に域など無くなり、たずさえる境界は無くなり、あたかも成立する可能性を秘めた正義を乗り越え、重複する信仰心から察するだけの狭量から矜恃を用い、侵蝕されぬように、自らの意志だけで力を乗り越え、揺動される現実や、周縁に吹き込まれる言葉を信じるほど阿呆でも無く、乗り越えるべき俯瞰に迫る現実から、くみ取る意味も、深い闇を抱え、加工されたカルマを背負わされ、刷新すべき今に十全たるものを用い、物事に捕らえられ、幽閉される記憶から、かすむ意思に、意味は要因にからまり、感傷的に至るだけに訝る現状に現象的な要理から冷めた起源を重ね、感情的な挿入から、切断される先々に用いられる狂気や、感情的に入り組んだ性格に軽薄な理論が迫り、偏る思想から、思考停止に至り、いびつな現状に猛る保身から、配備される暴力性へと当該していく意識的な終焉から放置される自己が孤独感をたずさえ、染みいる現状に用いられるひもじさに破砕していく自己は、捉えるべき意味に意思を簡単に奪わる。わずらわしくもだえる隙間に風が送り込まれるコアも草臥れひからび、荒ぶる精神が、形容するものだけを信じ込む間に軌跡をたどる安堵さから、解析する今に腐心を用い、物事に成立していくだけの影を踏みしめ、新しいものにおののき距てられる惰性さに整合される隙間からおとずれる事柄も、こじれる先に誘導されるだけの悪意に主体性を移し、観点を奪われ、倒錯する疑問視や、倦怠感をたずさえ、バビロンの悪意に奪われる論理的な場から、万世に迫る欺瞞から、拍動する同意から、ジレンマが増やされ、憎しみばかりが、この場で形成されるだけに至るようなものが示す愛などの奴隷へと変わっていく今に捉えるべき意味も犠牲心を生みだし、たゆたい揶揄するだけの愚弄に有する価値観から、過程は取り除かれ、ロジカルなものを喪失し、相互する意識と意識の狭間に用いる距離から、弊害や懸隔は、今に損ない邪推するだけの観点に恒常性を用い、厚情な者ほど損得を謳い、価値に吸い取られ、衰亡する意識に垂涎するだけに至り、浸る意味から、今は存在感を損ない、そこに観点を用い、関係へと依存していくだけに聡明な愛は無くなり、高尚へと至る先に盗まれる疑問から、答えは、創造性を損ない、そこに与えられる影響に吸い取られ、捉えるべき愛や、意味合いに悲観していくだけの今に疑問を残し、省かれる先に悄然と立ち尽くす焦燥感を抱えた今から肥満化していく先に虚像を持ち込まれ、自らのイメージを操作する大衆の悪趣味な嫉視から、浸透する意思は、いびつなものを信仰し、信用する意味も、今に意味を奪われ、逸する先に陥る意味をすなどるだけの浅薄なものへと変わり、加工される倫理の襤褸を着込み、起動する今の陰湿さに心象を預け、補正されるほどに、魯鈍なものへと偏りを示し、自らの意志に反し、加工される権力へと偏るだけの意志に力は宿らず、何かに指図されるだけの関係に兼ね合い倦怠感をたずさえ、他人の従者として偏る住まいへと帰り道を急ぎ、同じ時間に起き、同じ意味を専有し、淫靡な結末へと快楽を充填し、重厚な意志を用いずに、何かに排除される疎外感を恐れるばかりの個人的な見解に支配され、限界を用い、社会主義的な傍受を受け入れ、右傾化したり左傾化したり、忙しく振り回される意思が陰鬱な衝動をたずさえ、中庸を保たずに、対比される心身に入り組む疑問に空洞を抱え、空洞に補填されるものだけを信じ込む間に審美は損なわれ、そこに善悪を用いるだけに物事は接続される関係に感覚を用いず、観点を損なう限りに関連する意味に吸い取られる今から複製される真実に気丈さを損ない、そこかしこに迫る仮説や、価値観の違いで崩壊する関係性に制度を用い、整容される隙間におとずれる精神的な擦れから、衰退していく意識的な補完から、あらがう先に充填される意味が複製される真実へと逃避し、統合されるだけの正常さに豊かさなどは無く、差が出るだけに、差額を支払うだけに終える今に醜悪なものがたまり込み、確かな精神性などは、すぐさまこの場で奪われるだけの形でしか無い。