読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

痛みを遮るほどのよろこび

生きることへの苦悩や、論難が迫る。掛け違えた意思は、エレジーを抱え、寸前のところに、アナロジーを重ね、分離する意識は、途端に闇へと蹴落とされる。さりゆく過剰な意思が迫り、先鋭的な独房へと、自らを閉じ込め、気力を奪うのは、ただ孤独が煩く示し、慄く過程に懈怠する自己であり、処理する今に、意味は迫り、時間的な無意味さを裁くだけに至る諦観から、渇望は、死を巻き込み、生を永続化し、苦しみを永遠に背負うかのように、今の苦しみとは、思うほどに、倍加していく。さらなる痛みへと分離していく意識は、枢要なものを損ない、今に寝返り、逃げ出す。途端に迫る裏切りが、価値にとどまり、与え合う影響が摩擦し、軋轢を抱え、苦悩を叫び、絶望へとアップデートされる間にひしめき遮る理由が、次から次へと自己に裏切りを重ね、分裂へと急かし、世界を奪い続ける。苦しみは、細分化され、繰り返される。反逆を繰り返す位置から、意味を一途に引き出し、あらゆるニヒリズムを翻し、ペシミズムに至る前に引っかき回す今から、現実を打ち砕くような流行らぬ革命でも引き出し、物事を快楽的に破壊するような贋物のオプティミストたちが捉えるパーティーの彼方で、リリカルなものを探し、勝手気ままに切り裂く今から不自由さを諭し、暗澹とした精神を昇華させるべく、自分こそが正しいのだ、と姑息に笑う以前に、捉えるべき真実が、そこに備わっていくことを知り、自らの永遠に帰する意味に軋む現在に点在していく観念に迫る他者を介した概念に浸るよりも、自らの意思を強調し、境地を急ぎ、馳け廻り、羽ばたくまでの一瞬を捉え、誰かの跳躍を傍観し、あらゆる差異に陥るだけの邂逅から、根底は飢渇し、死へと急ぐだけの分裂が啜る意識を格納するだけの細分化を終え、分裂し続ける先に用いられるものも、真実を損ない、そこかしこに弊害を生み、用いられる事に締め付けられ、使命を忘れ、たださまよう意識は、絶望の全容へと昏倒し、根幹を損ない、相似するものだけを集め、体系に傾倒するだけの意識的なつながりへと偏るだけの使命に盲信が生まれ、教え込まれたものを崇め奉るだけに至るような傾倒から、正しいものすら虐げられるような原理に移送される真実は、動機を損ない、ただ永続的な生を否定し、死へと悲観的に陥る感覚から救うべく、少しの猶予を思考に授ける。預かる位置は、他人行儀なものを運び、配備される間に主観は空疎な真実に隠逸し、傍受される理由に消化しきれぬ思いが重みを授け、暗鬱なものへと健気な暗闇に陥る。


誰も帰ってこない日々を歩いて、すり減らす意味よ。君が居ない合間を歩いて、曖昧な毎日に築く、無意味な出来事にこじれていく時系列を崇めるだけの人波よ。あらゆる原理を捨て、無機質な毎日へと陶酔していく論理を破壊し、迎撃される未来を少しでも救うという貧寒な意思よ。君は、君の哀れみに沈み、無へと帰還する。あらゆる意味を用いても、この場に現れる一切は、永遠へと吸い込まれる。誰も帰ってこないままに続くのだ。その、ダラダラと続く永遠へと逃避する所以を束ね、謀る意味に反し、ただ無意味と謳われても、続く限りを過ぎ行き、迫る今を超え、価値を用い、意味を当てこすらずに、途絶えぬように、続くことを続ける。横溢する帰り道が、戒律をたずさえ、乖離する身体に正気を与え、生命的な起源や、愚弄を執り行い、投影されるものに存在的な何かを照らすだけに停滞する記憶から、こじれる後先にあいまいなものを運び続け、配備される愛から、怠慢なものが襲いかかり、保たれるだけの愛の均衡とは、均等さと、機能を用い、内面的な抑圧へと移送され、急ぐだけの精神は、自ら破綻を呼び込み、散漫な意識に、儀式的な苦悩を授け、能動する前衛的なネガティブを消散させるべく、ベクトルは、空間や時間に授けず、ただ用いられる自由すらも超越するように、自らが聳立するものだけを支えに、些細なものを飛び越え、預かる先におとずれる軋轢に遮られず、自らを逍遥し、永遠がなんたるかを知る。

リビドーと悲しみは連鎖し、無情なものに外から力を加えられ、無残に消え去る間から、あいまいな毎日に疎外される感覚から敷衍する悲しみから肉迫するものが、迫害される神経から相称を失い、さまよう意思が根源を損ない、そこかしこで苦しみを媒介し、吐き捨てられた肉体を集め、ただシンクロするものの胞子を捕らえ、太古に響く分裂的な過去から、孤立していく全体性に陥るだけの憎しみが、全体主義体制を生み出し、心象をジオラマに変え、思う形とは、ここに仮の姿を与えるだけで、ここに残されるものなどは、因果に屈し、空間的なものに食べ尽くされ、最たるものを損ない、最愛のものを無くし、物事が、この場で万象へとなびき、ただかかずらうだけの記憶に退嬰的なものをまき散らし、散々なものに慟哭し、告白へと急ぎ、体制へとこびへつらい、高揚感を無くし、保つだけの文化的なものから離散し、散漫な意識に途絶えぬ悲しみを統合するだけの正常さなどに陥るほどに、愚鈍な決意が、恒常的な苦しみを持ち込み、集められた意識にちりばめられる是非や、是認する間に用いられる浩然とした意識が永続的に流れ込み、領域に確かなものを流し込む。