時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

恋と愛

覚えたての化粧して、めちゃくちゃに愛して、ボロボロになっても、何度でも。何度でも迫る動機が、エクソダスを叫ぶ。さりゆく記憶の残留物が、滞留する前に押し出そうとする前頭葉に擦り寄るトラウマや、途端に麻痺する均衡から、乖離するバランスから、出来合いのものを崇拝する思春期に虐げられた感覚が、恋を行為の中に閉じ込め隷従を目指し、互いを愛する以前に熟知する互いの相違するものから、かけ離れたり、かかずらいながらも、近付こうとする事にだけ、正しさは生み出され、些細な動機に長じるものが、善悪すら飛び越え、互いの愛に飛び出し、思う以前から抜け出し、手当たり次第に愛し始め、互いを恨むまでの形跡に委ねるものが、論理をたずさえ展開する意志が、転嫁していく記憶の奥底がジュクジュクし、未熟な論理や、損なう限りが遠因にむすばれ、激しい動機をうながす過程に目論むものが、黒々としていき、ドメスティックなものが、保つ均衡を打ち砕き、リリカルな衝動をもたらす前衛的な恋の予感や、何かの終わりが単位に含ます余韻に響き渡る理由を櫓櫂する優雅さに、寛容な行為だけが、簡易な理由を破棄し、短絡的な行為に陥ったものを、哲学的に救う事から、救済という哀れみや、同情から抜け出し、卑賤なものが生み出す悲劇の経路や、卑俗なものに支配され、気配を隠し、あらゆる動機に画策するものが、支配的に迫り、権威に逼迫していく行為そのものの純粋さを奪い、あらゆる汚さを撒き散らすのが、社会たる名前でしかないものに従属する事こそが、正しいのだと姑息なものが、惰性な妥当さに判断されるものは、安易なものにしか成り得ず、得てしても尚、復讐心や、服従をうながし、物事の過程を見出せず、ただ現れるものに支配され、独裁が迫り、倦怠感をうながし、独占され、欲望に磔にされ、撹乱される先々に悶える愛がめざましい進化を遂げ、発展する意志が、画期的な意味をたずさえ、道理を飛び越え、簡易な倫理が支配する世界を超越し、延々と突き抜け、つかみとる先々に見出す愛から地殻変動し、慟哭を誘い、記念日を突き抜け、牽制し続ける意味合いから、未来を核家族の中で攪拌し、判然としない半径に形容されるものが、胸の痛みを誘い、インタラクティブなものが長じる所以から、勇敢さを生み出し、与える愛が超越を求め、結ばれる愛に交わり始まる理由が理念を伝える。伝えられた愛が伝播するものも、いつかは重たくなり、担う意味が束縛し、側頭葉になびく所以から、心象に侵食する季節から、はびこる前衛的な余韻から、はつらつとしたリリカルさが、最たるものをつまみ上げ、陰湿な定理が動機の豊かさを恨みで煽り、愛惜をたずさえ、油断を誘う。陰鬱な行為に解放される信仰心や、行為的なモラルや、酩酊する原理に乖離していく傀儡が叫ぶ正義が、愛をしらけたものに変え、淫蕩な景色が伝える倫理を保とうと正義を謳う善意が貸し付ける経緯にもたらされる愛が白々しく迫り、群像にとろけるものが、捏造し続ける正義が被るものが、要因を奪い、漠然としたものをたずさえ、対立しといくものが飽き飽きとし、倒錯する先に用いられるものが配備する言葉から改善する要理から、確かな理想を伝え、途端に改善していく愛から開始するものが高揚し、約束を用い、行為に純粋無垢なものを運び出し、関与する間によじれる愛が飽き足らずに結ばれ、互いの愛に反響する思いが高揚し、雇用する思いが義務感を用い、疎外された者を救うべく、飛躍を続け、つたない意味を取り除き、自らに帰り着き、通わす愛からはびこる痛みも心地よく、確かな愛に回帰し、飢渇するものに与え、潤いが弾ける間に訪れる愛が重用するものが、始まる愛に次々と確かさを伝え、互いの観念に生み出されたものが、次々に生み出され、未熟なところに想起するものが、超越を続け、互いを個人や、対象として捉えずに、自ら生み出すものを影として指定するニヒリズムを打ち倒し、互いの愛が高次に至り、高尚で静謐な愛だけが、勇敢さをたずさえ、素朴に交わる果てに始まる奇跡が経由する意味を求め、錯綜する先々に現れる愛を丸呑みにし、悠然と打ち出す愛が干からびぬように、締め出される前に掴む君も、いつかは離れ、離されていくであろうし、相違する問題や、相克する先に萎れた愛が理解を叫び、受け継ぐ理由も、拮抗するほどに、互いの愛を用い、互いを破壊するような影響から、繰り返される悲劇に散漫とした意味が迫り、現用に暗黒を用い、戒律を生み出す愛は、見出す未来により互いを破砕し、粉々になった互いの愛の灰が撒き散らされ、ささやかな愛も、壊れてしまえば、互いの立場や、居場所などにこじつける乖離したものが、懐疑などがひしめき、信じていたものすら途端に失い、互いを忘れ、いつかあった愛に締め付けるだけの過去は、今に影響などは与えず、すぐさま忘れる行為にひしめく愛した軌跡だけが、永遠性を蓄え、陰惨なものをたずさえ、自らの真意に迫る意味が君を形成していたかのように思える今すら、過ぎ去れば、そこにあったであろう経緯にすらならない。