時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

整頓


 走り出し、重複するものが、旋律をたずさえ、ムーブメントを破壊し、娯楽に耽るだけの男女たちの憂鬱を疎外させるような世界的な反照から、観点を疎外させるだけの魔物たちのワルツや、立場を逆転させ、僥倖に触れ、敷衍する先々にしつこくへばりつくものが、平行線をたどり、短絡的な互換と悔悟と昔年にため込んだエゴイズムに交配されるものに配下にされ、徘徊する差別的な等差から、大差を付けられ、産まれたままを受け入れられずに卑屈になり、ルサンチマンへと成長を遂げる辺りに進化論的な邪推から、豊かに交差する音と音とのジレンマや、ジェラシーや、慢性的な痛みをハッキングする社会的な規律に乗っ取られるだけの身体が、全体主義的な倒錯へと、あるいは、世界的なパノプティコンに見つめられていると思い込むだけの猜疑心から、歪んだ思念が悟るものなどは、物事に等差を生み出すだけに、再認識する自分の値や、位などにひしめくものなどは、魯鈍な仕組みに彩られた価値の中での価値に示されるものへと縫合されるだけに、屈辱や、屈するだけに卑屈になるだけに踏破すべき現在に眼点を持たずに、徴候に示される苦しみのメロディーに支配され、災厄ばかりを気にとめ、記号化されるだけの安易な答えを孕んで、懶惰な自分を恨むだけに、ルサンチマンの速度は増し、毎日を怪物的に処理し、悲愁に漂う有するだけの過程に悲惨な現状を突き刺し、そこを座標軸として、時代的なジレンマをまさぐるだけに、毎日は、兌換されるだけの紙幣や、貨幣の役目として、自らを等位的な観念の中で、差別的に排除されるだけの悠久の身体に肉薄するものが、闘争へと浸るだけに、破壊的な武器を用い、昏倒していく意識に、指定されるだけの義務へと陥るだけに、横溢する苦しみとは、疎外されるほどに、安易なデカダンに支配され、市街戦を超え、指定されるだけの退嬰的で無機質な答えへと隷属していくだけの価値に指定されるだけにマゾヒズムを増加させ、安直な思いは、拘引されるだけのプロセスの中で、プロパガンダをまき散らし、濫觴する物事に交わる未熟さや、些細な出来事をデータ化するほどに、可視できずに、ただ、出来合のものを信仰し、行為に批准を生み出し、水準とされるほどに、否定的に生み出されるものが、兌換するものなどが、今を支配し、死刑台へと運ぶためだけに、退嬰的な体系へと携帯していく思いなどが、更迭していく意識に支配されるだけに、史観へと巻き込まれ、大きな意味は、小さなものへと跛行し、配備されるだけに、排除される仕組みへと、進運を謳い、弛むだけの感情に行為元々の頑健なものが、強奪されるだけに至る国家的な偽装が、グルーヴをたずさえ、遊蕩な時代へと削除されるだけの人民の痛みなどを無視した甘酸っぱい恋の行方や、空疎な出来事にひしめく感情論的な裁きから、あらがうだけに、あいまいな現在に浸るだけの恒常的な苦しみが、無感情に入り交じり、苦悩した精神は、何も感じられずに、がんじがらめになる身体を担うほどに、補填されることごとくからカタトニーへと偏るだけの思念を、傍観するだけに、解除法を求め、法の中で欠如していくものが、野良犬のようにさまよい、淫靡で陰鬱な私情へと錯綜していき、頓挫する思念は、思考内で謀るものが、自らを騙し続ける限りに、汚い動機へと汚穢を募らせ、安易なプロセスは、簡易な選民思想へと至り、超脱していく意識は、高次なものを求めるほどに、止めどない汚さを生み出し、何かを見下すほどに、独裁者として育て上げられる聡明さを損なうだけの高みから望むものや、覗くものなどは、苦悩を知らずに、ただ、安易に積み上げられたものを、そのまま受け取るだけに絶え間ない軋轢を生むだけの自己から、体系的なものへと運ばれる権力への移行から、搬送される意識は、反することを忘れ、自己嫌悪に陥り、自己否定へと至る限りに増していく怒りは、傍観者を生み出し、奪い合うだけの価値へと引き込まれるだけに共闘を謳い、競合へと至るゲートをくぐり、安易な支配へと実直な思いが、荒廃を生み出し、荒蕪した土地を生み出すだけの境界から、分け距てられるだけの惰性な意識は、均衡を失い、裁かれるだけの安易な支配を継続させるだけの権力へと拘引される意識を取り持つような婚姻から、安易な支配は、加速していき、常套手段を謳い、多目的に接続される思いの節々にはびこる自意識過剰なものが、根底を掻き乱し、自らの階位に生い茂るものに邪魔され、時代的に混血していくものが、意識的な解除を謳うころには、慟哭するだけの意識は、絶え間ない苦しみと屈辱の中で妨げられるだけに至り、痛みを絶つことを目的に、苦悩をうそぶくだけの人工的な痛みへと疎外されていくだけの始まりに帰属していくものが、記憶の奥底で冷静さを損ない、考えることが、あやまちであるなどと教え込んでいた教育から離れ、崇高な自分へと帰宅する準備を整える。