読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

人間的な倒錯

偏り続ける自己が変性意識に至り、自己の中庸を打ち砕き、延々と昇華し続ける先におとずれる暴力性が、湧き出ては、氾濫し、惑溺し続ける先に用いられるモラルに引き込まれる原理に止めどなく反する逸脱から、本質を損ない、放出し続ける憎悪から、怒りは、用いられるモラルに反し、かかずらう原理に悲観し、敢行する意志は、たずさえる悪意に偏執し、文化的なファシズムに交錯していく社会主義的な檻に閉じこもり、倒錯する理論は、権力に操作され続け、淘汰される意味は、ただ同じ動機を、同じように支払う義務だけが迫り、狭い価値に織り込まれるものは、満足を金で買い取るだけの原理へと原因を遡行していくだけの意識的な堕落や、フラクタルなものこそが、崇拝に至るべき証拠なのだ、と妥当で惰性な者がほどこす教育ほど、醜いものは無いのであり、ここに用いられる原理とは、ただいたずらに崇拝し、枢要なものを損ない、ただ跪き褒め立て、拝めるだけに這いつくばるだけの人間性などが、普遍性と謳われ、社会性などを、あたかも形成しているかのような今に用いられる倫理とは、損なう限りの意味を踏破できずに、その場で転び、偏り続ける自己を喪失し続ける先に用いられる物事へと悲観していくだけのペシミズムを産出し、真相を失い、その場で迷い続け、バビロンが形成する贋物の原理から、各地に偽装され続け、地方分権される悪魔崇拝から、悪用される人間に迫るカタトニーの悲劇から、ただ操作される事によろこびを感じる事にも気がつかぬ魯鈍な者が示す幸福とは、与えられた幸福を克服できずに、ただ悲惨な現状から逃避するだけに明け暮れる忙しい日々に振り回されるノスタルジーが迫り、倒錯する先々に用いられる不安へとひずむ今に過去だけが取り柄のように用いられる意味を引き取り、背負う原理に帰巣する普遍性が、次の餌を待ち、孤独や飢えに震え、負担ばかりが迫る域から有する点と線や、境界を用い、レイシズムへと至るだけの距離に用いられる原因から、パーソナルなものへと閉じこもり、貧寒な意思をため込み、関与する間に法を用い、問題を孤立させるだけの原理に理想は、供給される過剰な意識をすなどるだけに振り回す今から負担は迫り、尤もな重みを用い、物事に交錯する原因へとからまる個人的な憂鬱から、偏執していく原因に固執していく今から要する過程などがなぞる先々に深まる意味が不潔さをたずさえ、潔癖的な自己へと交差していく理論的な嫌悪から、権勢へと放つべく怒りから、緩衝する闘争が、革命を叫び、終わらない暴力へと倒錯し続けていく。

迫るニヒリズムに反し、此処に与えるべく影響は、正しさを用い、物事を抑圧する事にあらず、有する価値を買い取るだけの義務化から、解除される自由を目指すほどに不浄さを蓄え、用いられる自由に縛られるジレンマへと倒錯していくだけに終える動機から、合成される真理から、心象は記号化し、緩衝する先に迫る合理的な理論へと操作されるだけの今に横溢していく怒りが反響し、自らのニヒリズムにより、朽ち果てる今に屈折し続ける。挫折し続ける終わりを唱える終末論者が、集合意識を謳い、耽溺し続けるシステムの中で混濁する意識を成立させ、整合される月日に重ねる問題も、統合される先に降り注ぐ意思に観点を奪われるだけの相続から、欠乏していく意識に見出すべき未来も、操作されるだけに終えるだけの先決から、対象を疎外させるだけの倒錯から、短絡的な状況に陥る怒りの根源を探り、まさぐるだけの徴候に攻め入る端的な意味を葬り、被る先に用いるベクトルから、逍遥する現実に不感症気味な由縁から、叢生していく意識がニューロンを形成し、論証される後先に性質を隠し、化合される先々に手入れを加え、もだえる月日の段落を登り、能動的な生産性だけが、何かに操作されない自由を元手に、生産的な快楽へと至るだけの脳内が執り行う無慈悲な操作へと倒錯する。

思うことに専従する域から形式を用い、物事を専有するだけの道理に卑屈な慈愛が迫り、同情的な理論を用い、行為に服従するだけの静謐に迫る黙々と清貧さを謳う動機からセンチメンタルなものが迫り、横領し続ける間に迫る狭い価値に世代的な交錯から、混沌へと巻き込まれ、毎日に制限を用い、構築されるものだけを崇め信心するほどに能動する意識は、口達されるものを信じ込み、陶然と手繰る様相は、快楽にあふれ、敷衍する意識が照合される先に無欲恬淡なものをあざ笑うかのように責める間に欺瞞が膨らみ、複製されるだけの真実を崇めるほどに滞積する意味が自己の中で咎め合う。