読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

占有


 用いる物事が、安易な支配を形成し、迎合するだけの感情に突入していく母性的な出会いから、懐疑的な日常のトラウマに迫る貪婪な肉迫から、乖離するだけの今にさかのぼるだけの過去から、あいまいな理性は、理不尽なものや、不思議なものが、ふしぶしに迫り、ぶしつけな支配から、思考停止に至るだけの論理的な乖離から、危害を加え、乖離する日常に、安易な支配を掲揚させるだけの崇拝をモチーフに、満たされない思いを信仰へとつなげるほどに、人間性とは、人間自体に弱みを握られ、自らの弱みにより、醜い争いへと転じるだけに至り、幼気な私情に迫る貪婪な影から、垂涎する意識的な模倣から、衰亡するほどに、未熟な都市間に形成される道徳が、尊く思えずに、ただ統計的に迫るセンチメンタリズムや、オーガズムが形成され、瓦解する意識が、破壊的な音頭を取り、情報統制されるだけに至る社会主義的なプロパガンダが、支配的なアナグラムを生み出し、コマーシャリズムが迎合するだけの形を生み出し、物事を退嬰的なものでおののかせ、応じる答えが、監視社会を形成し、監禁するだけの意識的な悪から、完全性を求め、もくろむ正義は、悪よりも、思惟を虐げ、神聖なものを、あたかも生み出すかのように示す要因から、企むだけに、枠組みが、体系的なものにより、継体されるだけに至るような現前に長けるものが、所持する悪意が、センテンスを奪い、形成されるものにうそぶくだけの心情の刑場に至り、煮立つ私情が、怒りだけで傲慢な域に迫り、尖鋭的なものを掲げ、模倣する革命から、模倣される個人が、暴力性を積み上げ、あえぐ思念は、獣の意志だけを誇張させ、自らの力が汎用するものから、拘泥するだけの意識は、革命事態に偏り、訂正を加えられるだけの真理に毒づき、求められるだけの意味に形成される利己的な保身から、方針は、奪われるだけの観念に関係性を移し替え、うごめく思念が、ジレンマを形成し、現前に裂ける意識的な汚穢から、嗚咽をなびかせ、終焉へと引き裂かれていく思いが、悲観し続けては、懈怠する意識に、絶え間ないものを敷衍させ、俯瞰に攻め入る現実的なモラルを破壊しては、内面的な終わりに宣言する行き違うだけの意識が、退嬰的なものを捨て去り、廃れる意識に住まう対比から、退避するだけの対峙から、放浪するだけの胎児的な思念が、母体の中で吸収する永遠性から、陰影を重ね、陰鬱な衝動に肉迫していくものから、模倣する現在に浸るだけに、うらやむだけの意思が、迎合する物事に本質など無くなり、陰鬱なものが苛むだけの現在に隔離され、攪拌されるべき愛に没入せずに、粉骨砕身し、激情のままに、描く真実も、死にものぐるいでもだえる今に鮮明なものすら無くなり、のらりくらりと歩む現在に締結していく意識的な終わりから、嗚咽をこぼし、高揚するままに感覚を昇華させるだけの芸術性に制度を移し、運命的な加速から、過疎化する意識的な仮象から、感染経路をたどり、治らない病を傍観するだけのニヒリストや、ペシミストが描く真実などに、何の関わり合いも持たずに、用いられる言葉を裏切り、流浪し続ける裂きに求められる事すら無くなり、統合されるだけの意識に横溢していくものが、終わり無いものであるべく、ベクトルは、高尚に至るべく、ただ続ける意志だけが、自らの力だけを利用し、積み重ねる先に理由すらも失い、盲信せずに、鮮明なものだけを信じる辺りから、あいまいなものもぬぐわれ、確かなものだけが、堕落せずに、この空間を引き裂き、光りを入れ込み、差し込む意味が、災難を取り除き、ロジカルな廊下を歩き、感応するままに完全性をうたうだけの制度や正義にごまかされずに、互換される愛から、感応する瞬間に生まれる創造性だけが、生後を超え、生後から生み出された自然的な愛から善用されるだけに擁護される思いが瞬間に羽ばたき、はびこる意志を尾行するだけの貪婪な模様から、動静に重なる音階をのぼる自己が継続していく意思だけが、意味を飛び越え、とぼしいものを形成し、軽視するだけに至るような現実から放たれ、配備されるだけの愛に背徳を掲げ、独占されるだけの独裁的な婚姻に偏るよりも、儀式的な愛の白昼夢を歩き、迫害されても尚、自らの意志を信じ、理屈を捏ねるよりも、高揚するままに描く意味だけが、自らの真実に変わり、自ら選ぶ事だけが、真実のように攻め入り、物事を抑圧するだけに至るようなものからも離れ、自らを暗示するだけに至るような利己的な支配の牢獄から脱獄し、逃げ惑うほどに戸惑い、不安や恐怖を媒介させても尚、自らの自由に、自由と言う言葉すら不必要であり、不潔な理由が用いる自由などは、本質を見失い、ただ欺瞞に浸り、至る意味に自由を当てこするだけに、自由に攻め入られ、理由すらも失い、鬱積する意味に包まれ、罪の意識ばかりを媒介させ、破壊的なモラルの淫蕩さに浸る。