読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

正道


 言葉が影を孕む。現実が透過するまで、乱立する答えと戦い、まさぐる月日に流動する時間に反し、かかずらうだけに至る瞬間を飛び越え、倒錯する現実に、錯雑な思いが折り重なり、退屈な午前の互恵や、経過するだけの愛に可決される道理や、理屈を用い、求めるだけの愛からの孤立や、虚空に攻め入る孤独な関係から、還元されるだけの愛に謀られる出来事が濡れ、裏切りが繰り返され、反芻する意識的な悟性も、生後から用いられたことごとくの枢要な出来事に迫る出来事により、汚されたのだ的な話しは一切の関係性を否定するだけに至り、そこにルサンチマンを用い、ニヒリズムに陥るだけに満たない経過から、関係性とは、軋轢を用い、互いを傷つけるだけに至るのだ的な話しが用いる道理などが卑屈に歪み、補完されるだけの出来事に狡猾な動機を用い、盲信に至り、浸る出来事に大抵の出来事などが、退屈をモチーフに互いを汚すだけに至り、景観を汚し、要する形に嵌め込むだけに、退廃的なモジュールへと変化し、互いを回す論理も、時代性のものなどを謳い、用いられる出来事に屠られ、縫合される先々に対立し、対価を用い、求める単位から、対立し続けるキャピタリズムの傀儡として、指定される意味や、義務感に責められ、生命のしてのはじめての義務や、はじまりに交わる恥じらいも無くなり、ただ馬鹿げた現在に至福を求め、思考停止に至るまで用いられるリベラルな理想や、バビロンの至福が用いる帝位や、抵抗勢力が促す革命の音頭や、同時多発に行われる破壊のおこがましさや、きな臭い日常や、諦観するだけに至らせるプロパガンダや、警句や禁句などが禁忌を誘い、自らを拘束し、互いの自由を奪うだけに完結していく状態に受胎する答えも、退行するだけの意識に締結していくだけの言葉が均衡を保つべく、譲歩するだけに至るような同調から、物事とは、遠のき、腐るのであり、互いに止めどなく攻め入る普遍的な交換から、加工されるだけの意味に制限を用い、平静を保つかのように、へりくだり、平衡を保つべく、互いの間に用いる重荷や、横暴な思議から、デリカシーも無く攻め入るドメスティックな大義から、対立していく現在に枢要なものは無く、強いようと攻め入るだけに制限を用い、物事に倒錯させるだけに錯雑な論理は、希望を用いずに、一途に用いる言動に雇用されるだけに、軋轢を用い、高揚感を失い、裁かれるだけの間に兌換される事柄から、乖離していく戒律から、回線を混濁させる妄想から、脳内で培養する隔世の欺瞞から、愚行を用い、麻痺させるだけに媒介させる安易なプロセスに織り込まれる常用するだけの演技的な快楽から、端数を集め、対抗する現在に遍在していく意識的な終わりから、応じる答えに牽引される権力的な蛇行から、崇拝されるだけに、いびつなものが混ざり合い、俯瞰に無感覚に用いられる一途な答えが脱走し、相続していく意味から、礎は位置的なものに備わり、陰惨なものの支えとして、境目も無く、何も求めず、何も用いる事も無く、ただ自然に至るだけの出来事に喪失していく観念や、関係から逸脱し、用いられる愛に反し、加工されるだけの義務に逸するほどに、退嬰的なものに反し、進化を遂げるべく、続ける意思が、つたないものであろうとも、続けるほどに強度は増し、慢性的な痛みを孕んだとしても、懶惰な意識が消えて無くなるまで、ただ延々と続ける意志だけが、力を有し、宿る意味に対立せずに、受け入れる事もせずに、ただ流れ、流されるままの間で阻まれる事無く、追求する愛に愛と名付けられる以前に重さも軽さも無い状態で対価も無く、ただ観念に備わる以前の蓋然とした愛から、発進する物事が出来事を超え、安易な支配に至る以前に、高潮していく今にさかのぼる理由も、そこに過去を引きずる訳も無く、分け隔て無く、体制のこびへつらわず、高揚する感覚だけが、止まらずに描き続ける意志だけを用い、物事に汎用するものの理性を接続し続ける意思的な相互交換から、逍遥し続ける先に用いられる昇華から、止まらぬ意識に惰性で執り行う義務感に攻め入られず、ただ続ける意志に備わる意思的な嗚咽から、横溢していく純粋なものから、応じるだけの答えに統合されずに、停滞せずに、諦観に至らずに、感応し続ける限りに叙情的なままに葬る先に開示する理由から、統制される現実から、等位概念を用い、互いの均衡を保とうとする限りに疎ましい現実に攻め入られ、誠意を謳うだけに、用いられる事に裏切られ、うっとうしくもからまる現在にのらりくらりとして、倒錯するままに分裂するままを愛する。