読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

担うべき明日

 
 銀河の擦れ合う音が木霊する。黙礼を続けるニヒリストたちや、慧眼を捨て、道楽へとひた走る偶像崇拝の者どもが至福や、公益を捨て、鈍麻な感情に愚鈍な幸福を綴るだけの意識的な敗残者や、もくろむだけに修復されない痛みに悲観し続けるレイシストや、煤けた感情を用い、混沌へと起算されるだけの因果へと倒錯していく無責任な陽炎や、感嘆へと貧寒さを換算するほどに魯鈍な模倣を続けるアニミズムや、空疎な影を踏むだけに、延々と演繹を続けるだけに偏執する意識は、固執するだけの思想を頼りに、自らを情報へと捨て去り、譲歩するだけの意識は、感覚を失い、低劣なものへと、あるいは、俗悪なものへと偏向していき、逸脱する観点は、転換されるものを受け入れずに、ただ滞積する理由に従事し、自らを統合させようともくろむシンドロームや、肉迫する現実に住まいを移し、迎合されるものへと鬱積するだけに、 「物事とは、透過されずに、この場で重荷に変わり」 やがて育むべき意味すら喪失し、相互する意識は、初々しいものに虐げられ、あるいは、従うだけに至るほどに、痛みを感じなくなり、愚鈍な感覚が、麻痺するだけの心情に統合されるだけに明けくれ、行方不明になる意識は、裕福である事を求めるばかりに、借り物の身体が悶絶し、あらゆる論理へと引き裂かれていくだけの思いが固執するだけの情緒や、情理に反し、関する災いに放たれる隠語や、陰惨な出来事に慢性的な痛みを抱え、感応するほどに、こじつける安易さが、冷徹なものを生み出し、思想的な支配から、森羅万象に近づく権利や、懸隔を用い、主張されるものなどを並べるだけのレジスタンスどもの私憤をねぎらうような優しさも無ければ、国家が用いる骨格へと嵌め込まれるだけの市民から、帰属するものに反し、離別していく現在に心象を移し込むだけに、入り組んだ意味に下るだけの退嬰的なプロセスから、老化していくだけに至るような倒錯から、観点は、ねじ伏せられ、あらゆる原理を用いられ、理屈を捏ねられ、誇示するだけに至るような答えへと体系的な支配は、尤もな価値を恒久的なものだとうたい、用いられる原理に引き合いに出されるだけの答えなどに偏りを示す隘路から、愛惜を踏みにじり、憎しみばかりを強調するほどに、怯懦な者が生み出す悲劇から、簡素な時代へと混ざり合う真実は、やがて、保身ばかりを用い、高揚する事を忘れ、生き物の本質を損ない、死すらも超克するような時代的なエフェクトが迫り、棚向けられる意思が、 「恒常的な感応を続け、可能性を用い、希望へと変換されるだけの自由に反し、自ら描くものだけが、退嬰的なものを打ち消し、時代へと偏りを示すだけの思想へと反乱を続け、つたない意識に公約を結ぶだけの価値の家畜として虐げられる以前に、生命の起源をたどり、モノクロームな時代が授ける慈愛などに反し、自らが取り結ぶ契約だけに迫る権力すら捨て去る」 先に描かれるものだけが、真実へと変わり、自らに体系的なものを生み出さずに、組織から逸脱し、生命の起源へとさかのぼる。あらゆる愚鈍さは取り払われ、猥雑な意思がうたう関連性に連動していく意識的な改ざんから、解析される先々にあふれるものが、獲物として資本主義的な衆愚として、指定される義務に支払うべき税すらも要らずに、栄華は必衰するだけに至り、栄枯必衰を繰り返し、反復される善悪も、恒常的な欺瞞に引き裂かれ、可憐な律動から、律するだけに処罰を加えられるだけの価値観に反し、加工される義務に用いるべき倒錯した知恵すらも捨て去る辺りに用いられる代理母的な愛情をぬぐい、こじつけられる安易さや、あいまいな毎日に示されるマインドから閉め出されても惰性なものへと偏らず、価値観に屠られずに、縫合されるだけの傷跡たる現在に顕揚するものなども、やがて個人崇拝へと進行し、やがて、その信仰心は、歪んだものへと変わる的な安易な発想が示す分析などは、ただ自我に収めるだけに至るような分析から抜け出せずに、ただ安易に嵌め込まれた心情とは、創造性を持たずに、ただ普遍的なものの傀儡として生きるだけに至り、時間への反抗を示さずに、ただ数学的な伴侶として、空間の余り物として生きるだけに変化も無ければ、変革を用いずに、偏執するだけに至るような国家の中で固執するだけのあなぐらへと住み続けるなあなあな意識に反するアナーキストどもがうたう反国家的な意志は、物事から飛躍できずに、国家の枠内でしか、その反抗を示せぬから、その国家たる意識をも超越し、用いられる概念に反する事が、暴力的な反抗から抜け出し、あらゆる意識を超克し、超越する先に見出すものこそが、未来を形成し、今に与える影響に偏らずに、自らの意志を誇張し、あらゆる論理を超越する先駆けとなる。