読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

飛躍


 低劣で愚鈍なものが、列をなしている。締結する部分から、卑劣なものがあふれ、敷衍する先々に執行される物事が悶絶し、ふがいない実情と結束し、婚姻へと至るだけに、データ化する普遍性から、秩序は、用いられるだけの言葉のうわべで判断し、繁栄するものも、殺伐とした意味に主体性を求め、追い続ける意識は、用済みなものを排斥し、プラトニックな思いを駆け上り、壊滅的な状態に受理する言葉が、高尚さも持たずに、透徹されずに、ただ普遍的なものを操るだけのコマーシャリズムが旋回し、あいまいな毎日に、何か快楽的な綺麗さを放ち、うわべだけの綺麗さにレイシズムが浸透し、はびこる意識は、自意識過剰で、自己顕示欲にあふれ、ありふれたものに触れては、普遍的なものに擁護されるだけの意味合いの不潔さに、アンチテーゼをこぼし、愛惜に触れ、不潔なものから飛び立ち、すべてを超越すべく、私は、私として認識するものだけを代わる代わる変換するだけの名前にあらず、ただ私とは、何事にも対象とされずに、対立する時折に前衛的なものを生み出し、たどる藝術的な進化や、飛躍から、途絶える事無く生み出す創造性だけが、制度を超えて、答えに巻き込む現在に点在していく意識的な終焉からあふれるものが、物語に浸透し、信仰する意識的な嗚咽から、王位を奪うためだけに迫る戦争から、世代交代をうたい、贋物の価値に進路を明け渡し、シンドロームへと至るような浪費癖の直らない資本主義的な配下から背反すべく、すべては、今に悟る意味に恒久的な故郷を求め、苦しみに歪み、悲観するだけに、無感覚なものを生み出し、物事の定理に築き上げるものが、悶絶しては、虐げられる先々に権利をうたい、用いられる事に処理されるだけの機械的な接続から、正常さを用い、行為にひずむ情意が、延々と典麗なものを追い求め、行為に跪くだけに至るようなインタラクティブな補完から、同調するだけの意識は、アイデンティティーを奪い合うだけの欠如に至り、結実するものなど、補正されるだけの蜃気楼を生み出し、物事を阻むだけに至るような定理にもとづく真理とは、退化するだけの意識に壊乱させるだけの状態に譲歩するような言葉だけをたよりに、退廃的な状況に加算される原理にもとづく偏執するだけの更迭から、想定されるだけの理論上の敗退から、排斥される隠語から、淫蕩な季節に移動するだけに、体系的な継体へと後続し、構造に高次なものなども無ければ、迫る意味とは、今に抑圧を続け、つたない意識に配膳されるだけの餌にまかれた麻薬的な何かから、毎日に区切りを授け、ただ預かる意味を貯蓄するだけに至るような不安と恐怖を捏造するだけの国家から受け取る意味などは、愚鈍なものを設立し、聖域を生み出すだけに、ほとんどのものは、苦しむためだけに産み落とされるようなものだと嘆くだけに至るような成因を生み出し、ただ用いられるものに従うほどに、補填されるものとは、ただ不安を煽るだけの失う恐怖に浸るだけに、失う怖さから、求めるだけの快楽へと移行していくような余韻に迫る原始的な本能から、本当のものとは、このものに指図されずに、ただ自らの意思だけで選び、自らの意志だけで敢行する絶対的な意思だけが、共通項すら求めずに、孤独を恐れずに、ただ死へと向かうための儀式的なニヒリズムに陥らずに、ペシミズムに浸らずに、自らの創造性だけが、整容する先々に本質を与え、真実になり、担うべき自己だけが、利己的な世界から超越し、超脱し、脱する先々に定例とされるものなどに安易に従うだけに、兌換される理由から、奪い合う領土へと倒錯していく闘争へ浸るよりも、折り重なるオーガズムに来す意味から、受け取る感情に織り込まれる現在などが生み出す懸隔に差し込まれる意味を引き抜き、身近な概念こそ、怪しむべきであり、誰かが語るものなどは、何の意味も含まずに、ただそこで普遍性を敷衍させるだけに至るような文言に指図され、支配的な何かの気配にすら気づかずに、ただ従うだけに虐げられる不安に追われる者であり、応じるだけの答えに、こじれるだけの意味に位置づけられる普通とは、俯瞰的に物事を見られずに、ただ直視するだけに騙し騙されるだけに至るようなゲーム的な感覚に善悪に接続されるだけの差異から、安易な支配へと加速し、仮想するものこそが、物事を拘束し、行為元々に攻め入り、生命的な起源を奪い、均等なものなど無ければ、用いられる平等などは、闘争に用いられるおまけとして設立するだけに至るような企業的な奇妙さに明晰なものも無ければ、かけがえのないものすら、今に不当な意味を用い、用いられる原理に策略を重ね、錯雑とした意識に負担するだけの意味から、意図を奪われ、位置づけられるだけに、居場所を求め、今をさまよい、帰る場所ばかりを求めるようなものに陥る。