時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

思考の深淵に旅


 はじめから、決められているなんて、クソみたいだ。というようなあまりに馬鹿げた意識は、偏った思想を生む。だが、このような社会だからといって、従うだけが、正しいとされるような社会こそが、偏った結果を生み出し、あたかも自由市場のように仕向けた独占的なものが、支配するだけに、本質は、すり替えられ、真実を、見失う。記憶して、順応することに、頭の良し悪しは無く、ただ、従順に答えに従うだけでは、何の知恵も持たず、満たないままの意識は、単なる名前や、名称へと、没落していく。政治を超えるものを生み出さなければ、政治は、乗り越えられず、政治を超越することが、何もかもを変える手立てであり、価値や自由や希望は、絶えず何かに利用されるだけに至る。うそぶく答えから、抜け出そうと必死にもがく意識に、老いも若いも関係なく、ただ超えようとする意識だけが、本質を超え、あらゆる論理を、超克する。望むものが無くなってからが、本当の望みにたどり着く。あらゆ原理はそうやって、自らの純粋さにたどり着く。そのたどり着いたものを捻じ曲がらせるのも、唯一の自分である。多角的に捉え、あらゆる方角であらがう自己と対峙する。金を生む機械として踊る彼女たちの拠り所は、どこにも無く、はかなく踊るほどに、補填される痛みに歪み、あらゆる原理や証拠や、原因を失い、さらなる苦しみを補完する。文明的な退化を助長するだけに至らせる間隔から、距てられた意識は、恒常的な概念の外観へと磔にされるだけの神として終わりと告げられ、死してから、名付けられるだけに、崇められるだけのたゆみを自身に生み出す。ただ、咎められるだけに至る痛みに分裂していく思いを既読しては、鮮明な過去から、あいまいな現在に浸るだけの空疎な限界へと排斥されるだけに去りゆく経路を生み出し、精神的な歪みに帰巣するだけの意識は、本能的な混用から、浩然たる様相で気楽に時代を歩み、誰にも責任転嫁せずに、占用されずに、転用される意識が、恒常的な高揚感をたずさえ、投影される物事を受け流し、加工される義務が、ファシズムや愚意を伝える辺りから、誇張されるだけの起源に配膳されるような汎心論が迫り、硬化する宇宙の一番硬いものとして、語り継ぐ意思的な強固さに差額を生み出すだけの科学的な腐敗や不潔から、乖離していくシステム的な幽閉から、幽遠へと引きずる感覚的な終わりから、応じる答えに求められるだけの数式に引きずられる空間的な根拠から、交接していくものが、悶絶し、カタルシスをうながし、観点を疎外させるだけの時代的な軋轢を生み出し、現実を疎外させるほどに、外装は剥がれ、破壊的な浄土へと至るだけに、破滅へと誘うような精神的な回路に悔悟を授けるだけに、互いのやましい部分ばかりが目につき、端的な意志が、瓦解へと誘うだけに、短絡的な要因が、間接的にきわまる意志を惑わし、互いの力を誇張するだけに、弛むだけの現状が枯渇していく意識的な飢渇から、観点を疎外されるだけの、些細な痛みから、対立していく由縁にはびこる悪意の巣窟からはみ出すほどのどす黒い意識が勘ぐる世界の背を開き、悲観するだけの痛みを脊髄に与え、大脳皮質に刺されるコードから、うながされる電流で反応するだけの快楽的な受理から、従順と受け取る痛みにはびこる意味合いから、帰結していく先々で対立を含ませ、複製されるだけの真実に従うだけに、断末魔をうながし、同じ問題の段階へと介在する意識的な開眼を求め、止めどなく生み出される差異から、散漫な意識に状態を移し替えるほどの苦しみに補填される批点を撥ね除け、能動的に適応していく本質から生まれただけに苦しむのだとフォーカスするだけに不本意な物事は、本質へと歪んで行くだけに、低劣な支配を受け入れ、経過していくほどに、掲揚されるものへと形骸化していき、行き交う出来事が、何かに騙される限りに打算される社会などに、正しさをうたうほどに、補正されるだけの公務などは、ただ陥穽を生み出し、互いを陥れるために教育を施された官僚たる宦官どもが、緩怠をうながし、物事の本質をうやむやにするころには、誰かは支配的な気配に飲み込まれ、怠惰な意識を抱え、インモラルなものを用い、倒錯するだけの現状から、乾いた思念は、ジレンマを伝え、つたない意識は、破棄されるだけに至り、訝る言動は、エンドロールが近づかなければ、気づけないほどに、情報統制され、情報操作されているのかも気がつかずに、ただ日常の軽々しい快楽に虐げられ、従うほどに、甘い蜜を吸うかのように、従う言葉に、磔にされる者を傍観し、感応する主観は、やがて無感覚に至り、無感情に至り、牧歌的な日常を知らずに、ただ機械的な統制から、統合されるだけに、正常さとは、混乱へと陥る。