読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

対流


 否定的なものが自分を制圧する。迫るニュアンスに瀰漫するものが、不満足をうたい、付帯するものが、根幹を奪い、可決する道理が、すべてを制圧し、代わる代わる迫る鈍間なものが、投下する資本と爆弾が、現在を爆砕し、惨憺たるものへと変わり、歯止めも無く攻め入る問題の爆弾が示す生命の原理的な怒りから、凡庸な支配へと軋む現在に反転していく意識が、色彩を損ない、そこかしこに差異を用い、最愛のものを奪うだけの欠如や、その結末に迫り、渇望する意識が濡れ、倦怠感をあらわにし、露骨な強奪から、脱する間に浸るだけの悲観的な過剰さから、嘯くだけの減容に損なうだけの過激さに怪訝さをあらわにし、その露骨な過激さに支配される以前に、備わる自らを見失わずに、自らに帰還し、関する間に迫る監獄に入らずに、観点を掌握するだけの贋物の価値に抗い、家畜化するだけに至るような痛みに排斥される者が、淡々と迫る軋轢に反し、シームレスにつながる意識的な強固さに、魂胆は、苛烈な現代に迫る限界が示す先行き不透明感に補完される不安から、間隔は、膠着するだけに、状態は、退歩を続け、怠慢なものが示す牛歩戦術などが、延々と終わらない議題で格納するだけのご自慢の武器で論理不足を埋めるだけに、理論武装し、議案の無力化を誘うような権力の使い方だけをまなぶ官僚どもがうごめくだけに、従うだけの者を内外で生み出し、ただ与えられる餌により、従順に順応する事こそが、大切なのだ、などとうながすだけの低劣な脳内で示す快楽だけに歪んだ思念を生み出すだけの偏りに懈怠するようなルサンチマンを製造するだけに至るような現在に浸るべき愛も、来すべき意味も、来る合間に鍵をつけ、つたない思いから放たれずに、反照する先々に戒律を生み、乖離する思いが、理解を含まずに、不満をうながし、場面で膠着し、行為に孤立し、恒常的な苦しみへと偏向するだけの意識的な介在から、ガイダンスがうたうプロパガンダに露骨な支配を受け取るだけの価値の崩壊を願うだけの破壊者や、境目を用い、支配的に至るような権力に値するだけのものを価値だと叫ぶだけに、兌換される貨幣から、紙片は価値を与えられた一枚の物質として、物質と交換される偏りから、加工される義務へと損なう労働へと弛むだけの実情へと、あらゆる懸隔を生み出し、屠るだけの実情に肉迫する限界点を迎えた資本主義の衆愚が生み出す愚行を続けるだけの政治から、生命は途端に途絶え、永久に消え去るだけの行為に基づき、朦朧と生み出される空間に吐き出される行為に迫るだけの愚鈍さに運動体制を作り出す。 「あらゆる支配は、誇張された武器に満たずに、満ち足りないものを占領するだけに至るような闘争へと倒錯し、錯雑とした観念に暗影を生み出し、安寧に至らずに、感情的に攻め入るだけに、生命的なものは、シームレスに至らずに、引き裂かれたままに、分断され、分散される限りに分離し、分裂するままに、排除され疎外されるだけに浸る苦しみから、汚い価値を生み出す卑賎さに貧困化していく仮死化した快楽の傀儡として、埋められないものを連想するためだけに、でたらめにデータ上を生きるのが、恒常的な楽しみを生み出す機会なのである、と宣言する機械的な、あまりに機械的な支配の経路から、形骸化し、観点を損なうだけに、そこかしこを見透かし、軋轢を生み出すだけにたゆたう現在に退行していく意識は、染みいる現在に見つけ出すべき愛も、損なうだけの価値に浸るだけの軋轢であり、君は、悪魔であり、角膜を売るだけの売人であり、蓋然性を損なうだけの暗澹とした人間売買にひた走るだけの資本家であり、陥穽を生み出すだけの悲劇の戦争屋であり、宣言を用い、正義を操作するだけに明け暮れる贋物の史観が生み出す偽善者であり、退嬰的なものをモチーフに信仰に至るだけに、関連するものを事業的に押し込めるだけに、苦しみは倍増し、まがい物ばかりが場面に浸透し、死の後に契合されるものだけが、正しい事のように示すような汚い意味をチャージするだけの原生から、原理的な犀利さを利用し、領土を奪うためだけに、ためらわずに奪うだけの中庸から、平衡を奪われた善悪が浸る最終戦争から、最たるものを損ないペシミストどもがうたう原理などに近づかず、己の価値だけで、孤独に歩み、何も正解が無いところから、自分とは生まれ、存在は、強固なものになり、そこで強調されるものなどは、そこで倒錯するだけに至り、浸る意味が生み出す悲劇に荷担するほどに、限界は生み出され、そこに打算されるものなどが、採算を合わせようと用途を支配する辺りから、心情は統合されるためだけの正常さの肥だめへと陥れられるだけに、汚い価値に縫い付けられ、そこで磔にされ、自らの苦しみに苦しむ事だけの異端を生み出し、その者を排除するためだけの条例などが跋扈する」 そこにおとずれる答えなどは、欺瞞や不満足を埋めるだけの答えだけに満たずに、満たないものを埋めようとするほどに、露呈されるものは、もっともな汚れを用い、そこで利用されるだけの価値の中での価値として指定されるだけに恒久的な苦しみへと売買される。