読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

偽装


 政治や、世界からも逸脱して、静謐な余韻に至る哲学的な幽愁に秀で、愛でる瞬間に欺瞞は消え去り、切っ先は鋭く、浪費するだけの観念を消費するだけの資本からの乖離を繰り返し、利己的な驕りから、逡巡する意識的な懐疑へと連なるだけの筆跡を追い続けるだけに、内面的な不満をため込み、化石化する由縁から、真理は、心因性の病へと加工されるだけの精神分析の奴隷として、エクソダスすべき現在に体制はこびへつらい、薄ら笑いを続けるだけの隷属から、隷従するだけに、低劣なものが、分断する物語へと仮想するだけの思いを敢行するだけの意思的な退嬰的な嬰児へと引き継がれる思いが、継続する動機に散漫な意識を硬化させ、更迭する意識的な浮遊から、冷酷な支配へとつながるだけの怠慢から、加速する道理に引きつる余韻が、陰鬱なものを抱え、均等なものや、自由や平等を用い、同情票を誘い、苛む思いが、横暴な支配を受け入れ、傾倒していくだけに受理する意識は、政治性よりも、情熱を用い、情念で支払うだけに、義務なども消え去り、ただ動かされるこころは、自らの意志で動かずに、ただ何かに左右されるだけに至るような痛みから、苛む思いは、関与するだけに対立する偶像を加工し、緩和せずに、規制されるだけの意識的な抑圧から、抑圧されるだけに、際限無い欲望がうずまき、用いるほどに拡散され、ホールドされ、縫合されるだけに対立を深め、終わらない闘争から、大きな扇動を繰り返し、プロパガンダが横行し、横暴な支配から、加速する扇動は、戦争へと至り、訝る言動から、隣人や、愛するものまでも怪しみ、奪い合うだけの権利から、完治しない苦悩が能動し、ノウハウをうたい、配する間に帰結する動機が、喜悦を求め、機関的な嗚咽から、応じるだけの動機は、同情を求め、動向にちぐはぐな思いを伝い、つたない動機は、かつて無いほどの痛みを抱え、独占され、独房へと入れ込まれ、拷問を繰り返し、加算される原理に折り重なる掲揚から、感応する答えに持ち込まれるだけの混同から、意識的な収斂から、関与するほどに、固執するだけの触穢を用い、触れる事を怖がるだけに、滞積する動機が終焉を迎え、無実の罪を抱えさせられ、強制労働へと従事させ、用いられる恐怖が統合される寄生から、飢渇する動機は、成熟せずに、ただ用いられる思いに退けられ、投棄する理由が悲観していく余韻から、加えられる不安が、影響を与え、今に従うだけの用いられる権力に従う事に置かれる恐怖よりも、従う快楽が増し、慢性的な痛みを抱え、運動的な道理に季節を加工し、尋常じゃないほどの痛みを重ね、緩衝する苦しみを切り取り、あぶられ、あばかれ、切り刻まれた心身は、境目を持たずに、分断される快楽と主体性に重ねる苦痛に統括されるだけの動機へと緩衝しては、対立する痛みをぶつけ合い、愛されるほどに迫る苦痛を受け入れるだけに掲揚する意味の監視下に置かれ、応じるだけの答えに跛行していく意識的な痛みから、感触を失い、ただ従うだけの機械として、起算されるだけの道理や、動機に果たすべき意味から、移動していき、移行し続ける動機を敷衍させ、負担を抱えさせられ、重ねる動機にマインドは、締結していく思いが低劣な動機に行き着く自己は、利己的に収斂させられ、清貧な余韻に可決していく思いが、快楽を追いかけ、終わらない痛みへと倒錯していく。快楽とは、ただ痛みをごまかすだけの理想に満たずに、ただ求める快楽とは、今に影響を与えずに、さらなる恐怖を今に用い、求める動機に出来合のものをつなぐ。騙し合う互いが、魂を抜き取られ、何かの傀儡として、指定された義務に汚され、擁護されるほどに、見失う自分を抱擁し、補完するほどに倒錯し、些細な出来事に縮こまり、自らを見失い、鬱積する自らが、疎ましく重なるすべてに、混用するものが、凡庸なものに倒錯する。

英断を続け、つたない思いが浪費されるだけの観念へと接続させられる。強制される苦しみが繰り返され、さらなる苦しみを増長させるだけの対価から、対比されるだけの観念に去りゆく今に肥満化していく思いが、逸脱を繰り返す。ただ君が生きることが未来である。革命へと紡ぐ先に確かな所以がむすばれ、たゆまずに、あらゆる論理を超越する。下がり続ける生産率に希望を加え、露わにされる苦しみをろ過し、枯渇させる。去りゆく経路にいびつな意思を接続し、最深部へと至り、ひたる意味に亀裂を加え、染み込むべき意味を、自らが与える。錯綜する意思は、大きな滞留を生み出し、互いを咎め、堰き止める。愛でる思いが、正義を超越し、問題を超克する。あらゆる痛みは、散文化して、日常へと溶けていく。傲慢な日々から超越し、進化を遂げるべく、納得すべき意味へと帰結していく。