読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

中庸


 重用とされるものや、重宝されるものとは、他者に操られ、あやされた意識が、際限無い苦しみに底冷えし、あらゆる論理に屠られる形式に老ぼれ、意識的に溺愛するものに倒錯し、錯雑とした意識に介在するものが、意識的な周辺に、終焉を告げ、物憂げな意識は、軋む季節に捕えられ、自らを見失うだけに、理由が促す欠如に揺らぐ。何もかもに見放され、はばかる悪意や、愛した軌跡に委ねる思い出ばかりが先行し、今に行方をくらましては、消えて無くなり、役目を果たす情緒が求める同意に敷衍していく意味合いが引き出すものに、引き換えられる意識が、強制されるだけの出来事に倒錯し、問いただす意識も、低劣なものに吸収され、些細な出来事に交換されるだけの自らに沈み込み、鬱積するものを、共依存するだけに、自らを見失い、失ったものを、追従するだけに、陰る本質は、真実を見失い、ただ、自らに屈従せずに、他者から預かるものを、信心し、はじめる。宗教的な官僚制から、世界は世界として乖離し、個人は、個人として理解されず、受け入れられずに、疎外感を膨らまし、存在は、間違った思想を、誤ったままに受任し、逸脱し、攻撃的で、破壊的な誤りを繰り返す。その戦争的な悲劇を旋回し、受理する意味が、卑屈に偏り続け、つたない意識へと隷属し、無責任な主義が横行する。何かを、行なうということで、嫌なことや、苦しみから逃避する回避行動から、悩ましい痛みは、今に倍増し、新たな苦しみで、恒久的に、自分自身を、追い込む。一党独裁へと変貌した組織は、行き過ぎた暴力へと移行し、自らのサディズムを強固なものにし、絶望的な破壊へと追従する。あらゆる破壊は、論理を持たず、感情だけに支配され、短絡的な怒りだけで、行為を通俗化させる。俗物や、全体主義に犯された現実と対立する孤独こそが、一番の力を有し、何事にも屈さず、自らを強調する。超自然的な乖離を生み、焦心しては、さまざまなまなざしが折り返し、織り込まれる時に飲み込まれ、呼吸もおろそかになり、担うべき未来も、機能を奪われ、さえずる記憶がゆらぎ、投棄する現実に損なうだけの影や形にラディカルなものを用い、サンディカリスムに潜む悪意が角膜を貫き、端的な理由を退け、シロップ漬けにされたブレインで抱くインタラクティブな証拠がうながす同調圧力から、奴隷へと化するだけにかすむ生命に起源すら無く、用いられた威厳も、法の前では、無気力に変わり、ただ従うだけに浸る現状から、倦怠感を吐き出す一切の機械的な浪費から、カタトニーを生み出し、炉に存在する汚物から、朗唱される真理が、軋轢を生み、起算されるだけの原理に理想を離床させるだけに、永久に潜む恒久的な呪いから、能動していく意識的な配下や、悲観から、貧寒なものや、悲惨な現状に注がれるだけの同情や、状況に発信される苦しみの売価から、解体される心因にもとづく精神分析的な定理にもとづく引き込みから、引きこもる精神にシナプスは千切れ、途絶える意識は、エゴイズムを透過させるべく、ベクトルを闘争的なものへと適任させ、暴力的な何かに、内観を預け、重なる浄土や聖域は、いたずらなギミックを生み出すばかりで、万世になびくバビロンの祝福から、万端に重なる更迭されるだけの官僚制から、制度は、膠着するだけの欺瞞から、不満足を媒介させ、培養させる怒りから、アナクロニズムを強調するだけに、兌換される真理にもとづくものは、止めどない悪意を魯鈍なものへと変換し、緩衝せずに、緩和せずに、ただ豊かなものを求めるばかりに闘争へと倒錯していく真理にもとづく答えなどに止めどなく旋回していく意識的諦観から、重なるあいまいさにもとづく悲劇の算用から、提携されるだけに至るだけの対象から、退嬰的な者どもがうごめく政治性な心因にもとづく卑下から、配慮される根源に伴うものが、反比例し、やがて隷属するだけに至るような起源にもとづくセオリーから、引火していく思いが、統合させられ、些細な出来事の顛末へと移送され、最たる意味を損ない、そこかしこで凝滞を生み出し、退化し、対価を求めるばかりで、名ばかりのものを信心し、信じ込むほどに補填される痛みから、訝る現在に浸る現状に至るまでの距離に瀰漫する不満から、籠城される思いが、記号化し、緩衝する先々に敷衍する思いに触れては、度重なる痛みに、絶え間ない思いが、ためらわずに、最たる意味に尽き、つくづくに迫るセンチメンタリズムに昇華していく思いが、照合される些細な過去から、出来事は、出来合の真実を劣化させ、無欲恬淡でうごめく明日を超越しする。