時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

過剰


 うつむきくすむ表情が暗澹とした夜に退避している。夜に灯る人工的な光りに囲われ、まばゆく消えゆく本質に、帰結していく言葉も、どこか、空虚さをたずさえ、清潔感を損ない、そこかしこで安易な支配をファシズムへと変え、軍事的な余韻の端々で締結していく問題から、加速していく余韻に誘引されるだけの安直なデカダンどもは、私腹を肥やすだけの全体主義的な安易さへと排斥され、有毒性を保つだけの体系的な隠語で解き明かすマジックから、退嬰的な昨日へと運ばれていく怠慢な互換から、開示される暗鬱な方法論が、物事におののき、時代的なものを縫合し、合意されるだけに、快活なものを求めるだけの、体系的な日々に様々な思惑が、まがまがしさをたずさえ、隊列を成すだけに、責任転嫁していくだけの容易な理由の綸言をたどり、退屈な午後に魯鈍な答えが横行し、物事の空虚さに、差異を用い、高圧的に攻め入る語源や、快活な動機を損なう。とどめを刺された日常が、指図や、相づちを繰り返し、短絡的な悟性を用い、物事をアンニュイなものへと変える意味合いから外れた途端に、無数の意思が、虐げられ、中空で羽化する憂鬱が、思念を攪拌し、有痛を抱え、誘導されるだけの体制に拗れるだけの後から迫る豪壮な時折に憂患を重ね、有する過程に用いられるだけの語源へと加速していく余波や、要する過程に用いられる言葉にさえずる記憶が、清遊を繰り返し、優雅な時に補完される思いが、応じる答えに反し、美醜をたずさえ、諦観していくだけに、補足されるものが、物事に軋轢を加え、逃げだす思いが、統括されては、言葉も損ない、そこかしこで暗鬱なものをたずさえ、世紀を超えて、時間を有するだけに、低劣な支配へと移行していくだけのプロセスに反し、無感情なままの現代人の演題を抱え、重なる思いが、中間点を損ない、ただ真っ直ぐに、行動へとひた走るだけに保たれる均衡などが、規律を用い、安易な支配へと移動し続けることに、応じるだけの行為が、拗れる後先で、締結していくだけの思いへと排斥され、用いられる言葉が、支配的に牛耳る芝居じみた自制から、人道的な腐敗を用い、投影される事柄に求める軋轢から、あつらえられたものが、愛惜を用い、ふさぎ込んだ思いに混濁し、堕落した観念は、排除されるだけに至り、訝る言動がエンドロールにからまり、淵源に潜む空疎な要因に爆撃されるだけの思いが更迭され、単なる肉片と化した心身は、単なる物として認識されるだけに至る悲しみに耽るよりも、内心の不潔さを昇華させた、原理に基づき、ただ抗いあがなうだけの身体を超克し、ことごとくに帰依し、近影にたずさえるものが、確かなものを形成し、迎合されるだけに至らせるような陰鬱な衝動を徴用するだけに、超過することごとくが、時間に老いて行き、逸脱する過程が、諦観を叫び、最たるものを損ない、そこかしこで受理する観念が、観点を損ない、転換されるものが、対象に代償を求め、演技を続けるだけに、定期的な定理に締め上げられる思いが、横暴な支配を受け入れるだけに、経過していくものが、偏りを示し、対価を求め、怠惰な思いが、対立を繰り返し、空疎なものへと運ばれるものが、大意を理解せずに、井蛙な意見を用い、印象に解けるものが、確かな正解を求める以前に、行動に解けるものが、透徹していき、幾重にもからまる領域からエクソダスし、流出し続ける人民が、幸福や、自由へと急ぐ限りに、闘争は、激化し、最たる意味を損ない、慢心にため込むエゴから、えぐみを帯び、応じる答えに対象を用い、『対立し続ける意思は、形式にとどまり、ただ魯鈍な意志に従う限りに、偏った思想は、思考停止に至らせ、思考回路を鈍らせ、自分だけが、正しいもののように示す辺りから、人々を物のように扱い、あつらえる意味に、厚かましい思惟をつなげ、そこにうながす電流が、いびつな行動へと至らせ、行為に灯らせる確かな思いが、充填していく意味合いに契合されるだけに、快活な動機は損なわれ、そこかしこで同期されるだけに、同じようなアイデンティティーで低劣な支配を受け入れ、うごめく思念に反さずに、我関さず、と監査を執り行われ、投影される物事に配色されるだけの色を、色として認識するように従うような従順さを、自分に向けるべく、ベクトルは、当該するものへと偏り、空疎なジンクスや、くすむ永劫から、簡単な処理に至らせるだけの国家的偽装から、犠牲を孕んだ懶惰な時代へと損なうだけの栄誉や、英雄視を繰り返すだけに、一貫した自分の正しさにはびこる悪意に受理するものが、受け入れる諦観へと運ばれるだけに、暴かれる思いが、あいまいな今に帰巣し、飢渇するだけに至らせるだけの貧困から抜けだそうと必死にもがくほどに、こころは貧寒なものへと走らせ、悲観するだけに至らせるような時代の罠へと嵌まる』ただ育て上げるべきは、惰性なものに支配されずに、自ら選び突きぬける意志だけが、物事の卑屈さや、善悪に左右されずに、自らの意志でくみ取るものが、正しさの表れである、と。