時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ベアトラップ


 受け取ることも、重く軋むような夏へと旋律をたずさえるだけに、ため込むエゴイズムや、行為に比するだけに、貧する意識などが、透過されるべく、ベクトルを前衛的な波形に変え、献じる由縁に潜むフォースのたまものを受理し、まがまがしく輝く黄金色した陽光に導かれ、枯れ果てる余韻や、改善されずに、ただ骸として、白々しく指定されるものへと跛行していく意識的な隷属から、空洞化するこころに迫る一途な恋模様などが、旋律をたずさえ、出来事を音に変え、緩慢なカルマに迫る理屈的な認証から、果てるものが、歯がゆく迫り、狭い価値から、立体感を生み出すだけに、一体化していく欺瞞から、折り重ねる偶感から、緩衝していく痛みへと排斥されるものが、物事を押し流し、加えられる圧力や、あるがままの自分に襲いかかる自尊心のようなものだけが、永劫回帰を繰り返し、階級制の夜に負担を加えられるだけの産まれたままの欺瞞から、裁かれる意味をアップデートしよう、と寸前に長けるものが、大気圏を越え、期待感を孕み、宇宙へと総和していくいじらしい思いが、瞬間へと帰結し、飢渇するだけの生命の止揚や、憂患にひれ伏す憂鬱の夕餉に徒然と靡くバビロンの至福や、油然と迫る雲と僥倖の合間に軽快なリズムを捧げるだけに、最たるものを損ない、そこかしこで生み出す映像のようなものが、世界であり、マテリアルを用い、リアリズムを失い、そこかしこに可視するものなどは、懐疑を生み出すだけに至り、浸るだけの思いは、定刻に迫る隠語や、陰鬱な衝動に裂ける大地や、安易な死に背反していく面影も、主体性を損ない、生じる由縁へと引き裂かれていく過程に用いられる悲しみへと排斥される淫靡な結合から、躍動していく主観に生えるものが、この永遠に積み上げる罪へとリベラルであるべきであり、弁解する先におべっかを使い、あつらえる意思から、印象は統合され、絵画の世界を夢遊病者のように歩く狭い価値とカタストロフの間に漏洩していく物語から、感触を損ない、感染経路を徘徊する引力に反する最後の物質たる君の余波や、最古の思いへと帰属していくものが、物語を硬直させ、行為に偽善的で独善的なものを巻き込み、道理に疲憊していくだけの陰口の夜から、化合物へと支配されるだけの乖離する自己へと住まいを移し、生きるという白昼夢をさまよい、無我夢中で、この宇宙の真理のようなものをはどめも無く敷衍させる限りに陰る本質とは、この存在に、数多の余裕を授け、遊蕩な事実をパンデミックさせ、一貫した主体に吐き出すエゴが、シュールレアリスム的に吐き出す言葉へと、折檻される。 嗄声をうながすインディアンが、インカ帝国の陰謀へと仮死化していく。身体が、思ったより軽く、乖離していく実体へと生じる由縁に羅列していく間隔だけが、芸術性を入れ込む空白であり、ただ実直に迫るものが、おののくほどに、補填される不安を疎外させるだけに、刹那にきらめく遊蕩な実体を仮象に変え、生きるとは、浮遊感をたずさえ、俯瞰に迫る憤懣を取り除き、ロジカルに迫るだけの干渉から、乖離する実体に知り合うほどに補填される苦しみへと移行していく愛の結末や、ケツァルコアトルが磔にされる流行的な保身から、配膳されるだけの餌へと群がる夢想するだけの真理に今朝が加工され、同じ日々を同じように生きることを反復させるほどに麻痺していく感覚や、邁進していく快楽へと移行していくほどに、同じシチュエーションへと栄進していくほどに、淵源とは、腐るのであり、あいまいな今にさかのぼるだけに、錯覚していく意識が、死地へと向かわずに、生きたまま、じわじわ死へと至るような拷問的な普遍性へと移送されるトラックの荷台で思い浮かべるしあわせとは、レッテルを貼られたように仕向けるだけの仕組みへと移行していくだけのプロパガンダや、等差を生み出すだけの隆盛する真偽に基づかず、ただ、用いられた仕組みへと一体感などをうながされ、些細な出来事へと共闘していく意識は、狂騒へと陥り、自らの意思を損ない、生じる由縁に所持するものが、朦朧としていき、指定される義務へと拗れる後先にひねくれた意思が、のらりくらりと価値の隙間を通り、憎しみばかりを倍増させる意味を、あたかも普通に受け取る価値からの逸脱を目指すべく、新たな価値を設立する以前に、既存の意味の一切を隠滅させるべく、今に証拠を残すものを漉し、高次なものへと移行していく限りに、陰らぬ本質は、真実をも邪推し、懐疑的に至る限りに陰る本質に迫る独善的なものや、独我論へと浸るだけのアナクロニズムを抱えた存在の標本とされるようなニヒリストと別つ意志から、力に汎用されるものにも反し、身近に生み出されたものや、自ら産み出されたものにすら、怪しむことを忘れるな、と告げ、追憶に貧するだけの遊蕩な事実に折檻されるだけの関係性にゆだねるものを、怪しむべきなのだ、と教える。