時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

匂い立つ孤独


 その場で向上するものが、現実を突き放していく。用いられる過程が、快活な動機を失い、その場限りに敷衍する普遍的な日常に編み込まれる宇宙的な窓外から自由に飛び立つまでの軌跡をたどる一生涯の憤懣が、バトルを繰り返し、仮想世界へとスケープゴートしていく意思的な汚穢が、成長期を迎え、帰任する意味や、認可する意志や、帰任する過去から、枯渇する現代的なエゴイズムや、躍動する真理にさかのぼり、配される間に籠城し、やがて渇望する意識は、陰鬱な商法へと乗っ取られる他者からの口実に巻き込まれ、自らの意思を疎外させてまで、受け入れるものなどは、物として扱われ、虐げられるだけに、あつらえる意味から、不満を生み出し、精神的な依存へと至るまでの軌跡をたどるおどろおどろしいものが、現在を虐げ、陰鬱なものを抱え込んだ身体を引きずるアノミーが性差を用い、等差を利用し、欲望だけに支払われる義務が、性的快楽に制限を持たせずに、ただ依存的に互いを求めるだけの快楽的な迎合から、簡単な理由へと移行していく全体主義的な衆愚へと陥るだけに、横溢する問題は、物々しいものを抱え、思考停止へと至るだけの官軍へと変わり、宦官として生きるほどに、抜き取られた大切なものを、体制へと献上する快楽へと開眼していく意思は、自らの意味を見出せずに、自分探しなどに興じるほどに、魯鈍なものへと陥り、応じるだけの答えへと錯覚させられる感覚に陥落し、虐げられる一切に真相を奪われ、心象へと這いずる意識的な汚穢を引き取り、ロジカルな思いに咎められ、透徹せずに、倒錯する意志は地を這い、排斥される隠語や、プラトニックな意味を司るだけに、代償として献上される心身を、自虐的に笑う本能から、歪んだ性質が捉える心の闇を簡易な病魔へと変えるだけの分析的な刑場へと運ばれる罪と罰という誤った意識が生み出した独善的な定理にもとづく過程などに押しやられる純粋な精神は、社会などを用い、持ち上げられたものを、奉るほどに、司る意味は、位置を用い、意味を利用し、ただ短絡的な応答を繰り返すだけに、過信を生み出し、互いを監視し、思想を操作するだけに至るような情報を譲渡するだけに、統合される純粋な意識などを謳い、もたらされる影響が、互いに起因を生み出さずに、ただ外から送り込まれるものへと齟齬し、動揺や、掻痒を生み出し、改心を謳い、ジレンマを用い、交わる先に果たす意味などを構築するだけの普遍性に、恒常的な区域を生み出し、一貫した支配を生み出すだけの定義にもとづく答えへと反さぬように、その場で拘束された自由と正義を用いられたうそぶく身体が武器となり、他者を咎めるための破壊兵器へと変わるだけに、用いられる大小の理由は、解消されずに、その場で隠匿し、徳などを用い、統合されると、特典などが付き、お得ですよ、と絵空事を配するだけに、ロマンは、途端に崩れ去り、利己的な支配を受け入れ、疑似的な世界へと演技を続け、つたない意識は、破壊的なものに擡げ、元手を用い、損得で恩義を踏みつぶすような値から、相対する世界から、制裁を加えるだけの、安易な義務から、安直に始末された隠逸していく超俗の意志は、神をも持たずに、持ち上げられるだけの意思に反し、関する間に生まれる干渉から、感染していく意思的な弱みを排斥し、配備される愛に用いられるエゴイズムに反し、関する間に仇となる事から、子が独占的に締め上げられる使命感へと閉塞していく限りに、人間からの超越は、その場で害され、其処から出られずに、さまよう限りに引きこもるものへと奪われる意識は、その場で籠もる事により、増していく孤独を超過し、自らの孤独へと対峙できぬ者が、君の意志を奪おう、と普遍性で席巻する限りに、陰る意志は、淫靡な結末へと拘束されるだけの因果的な問題へと運ばれ、処刑台へとあげられるだけに、至るような原理へと移行していくほどに、純粋な行動などは、その場で構築されずに、排除されるだけに至り、いびつな意味の迷路へとさまよい、妨げられる意思は、行き場を無くし、その場で朽ち果てるか、或いは、移流するする意思へと運ばれ続ける恒常的な精神の聖域から出て、狂うだけに至るのか、とせめぎ合う問題点から放たれ、現時点に妨げられた答えからの背反を繰り返し、君の自由とは、希望を用いるよりも、その孤独との対立と対峙により、永遠よりも、深いものへと移行し、問題を超越し、自らの安らぎへと解体していく先々に生まれる哲学的な隠遁へと、陰と陽や、善悪を解体し、自らの判断で籠もる君の劣勢を昇華させるような創造性を惑乱させ、撹乱された思念は、その場の永遠へと深まる意味が、確かな意味を伝い、絶え間ないものを、自らに流動させる孤独にこそ、何事にも負けないものが生まれるもの、だ。