時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

現時点


 純然たるものも死滅し、心象に生える景色も、形式に飲まれ、見出す意味も、見間違えるだけに至り、退嬰的な愛から瀰漫する不満足から、複雑に入り組むエレジーや、艶麗な時に折り重なる意味合いが敷衍し、不健康そうな意思が愚鈍な鈍色を映し出し、運命的な邂逅も、後悔ばかりを生み出す欠如から、時代性の穴へと落ち込むような日々の憂鬱から、油然と猛るものが、崩落する彼方へと誘う真理をアップデートし、暗澹とした時代性の穴に手を差し伸べる抵抗勢力から、締結していく不謹慎や由縁や、夢の破片を集め、平行線を歩く宇宙的な高揚感から、調和していく彼方へと麻痺していく心象が、損なう価値から、苛まれる意思へと抵抗を加え、恒常的な理論を打ち砕き、低劣な輩が示す極悪な心情から、統合されるだけの普通と呼ばれる無機質な価値観から、核融合を求め、統合されるだけの精神などが用いる普遍的な正常さなどは、どこにも無く、用いられる病理に託される隠語を引き取るだけのロジカルな自己から、枯渇するだけの精神は、コアを無くし、探すだけの自己へと利己的な旅を続け、綴る意識は、独裁的な主観へと至り、たどる意識は、他者との総和を目的とせずに、ただ惑溺するだけに至り、快楽に明け暮れる命が、悪用するだけの真理が、真偽を用いずに、ただ心象に果てる意味合いのブラックホールへとクラックしていく心身を尻目に、浸透する暗闇へと吸い込まれ、原子サイズに分離され、分断されるこころとからだの違いや、利害を用い、治外法権な遅配を心身に加え、進行する苦悩から、駆動していく意識的な終わりから、応じる答えへと引き込まれるだけの悲観的なモノローグから、暗誦し続ける誇示するだけの哲学的な猶予から、提言するほどに、間違いばかりを見つけ出し、見出す意味も、まかりとおるだけの詭弁へと発展し、破壊と敵意が示す極楽浄土も、刻々と迫る苦しみから逃げだすだけの逃避へと至るだけの絶え間ない当為が示されるだけの、認識するものとは、逃避を続け、つくづくに迫る無限性から、制限を用い、性質を偏執させるだけに至るような思考法から、論理的なものは、論難を生み出し、敵愾心から、延々と迫る闘争本能は、凡庸なものを育て上げ、惰性なもので指し示す未来が、侵蝕していく意味合いに深まる動機から、道程は破壊され、焦土へと変わるだけのもだえる月日に迫る業火を歩くセンチメンタルな実情から、損なうだけの価値へと折檻されるだけの意識的な終焉から、周囲は偽造され、偽装されるだけの笑顔を繰り出すだけに至るような演技的な格納から、覚悟を持たずに、語弊ばかりが攻め入り、弊害ばかりが生み出す壁へとぶつかる意識的な衝突から、クラッシュし続けた意思は、懈怠を反復させ、反芻すべき意思的なモダニズムから、用いる流浪から、涙腺が緩まり、優柔不断な現在に恬淡なものを引き出すべく、自由とは、普遍性を打ち破り、用いる価値や、概念に反するからこそ、自由としての価値を取り戻し、何かを虜にしたり、何かを求め、用いるほどに、その自由の強度とは損なわれ、そこに用いられる欲望とは、愚鈍なままであるし、ただあるものを、あるものとして見つめるだけでは、デカダンに陥り、耽溺するほどに、今あるものを耽美なものとして創造に変えられずに、ただ剥き出しの精神が見出す現実などは、ただそこにあるものとして複製されるだけの真実へと偏るだけに至るような懈怠から、対価を求めるだけに安易な倒錯へと至るような観念から、観点は削がれ、即座に放たれる意思的な汚穢から、応じるだけの答えに呼吸をし続けるだけの現状維持的な空間に備わるだけのあいまいな罠から、猥雑な答えを引き出し、感情的な齟齬から、相似していくだけの本能的な倒錯から、索然としない意識は、今に散り散りになり、担うべき愛も、単なる邪魔な意識として指定されるだけの意味にあいまいさをぶつけ、ぶしつけな意思は、炯然とした感性を見つけ出せずに、陥穽にはまり、他者が生み出す言葉に使命感を感じ、あるいは、簡単に閉め出され、ありものの物質が迫り、狭い愛へとセンチメンタリズムを加速させ、むずがゆい心象から、束縛されるだけに果てに用いられる抑圧へと偏り続ける意思的な軋轢から、高圧的な態度で示すだけの使命感から、閉め出される意識は、訝るだけにいたわる事を忘れ、ただいたずらに攻め入るフラクタルな実情がもだえ、モダンなものへと倒錯し、踏破すべき過去に掲揚されるものだけを真実とし出し、ただ打算されるだけの意識を散財するだけに終える。ただ技巧派な者が生み出す偽装するだけの真実は、演技を続け、つたないものを吐き出すだけで何の取り柄も無い。