読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

内面性との戦争

 
 寸胴な夜が迫る。冷静に沈む、優美な過程が、可憐なあの子の情事など、と入り交じり、魯鈍なものを疎外し、蓑虫のように隠れる因果に反し、銀河がきらめき、浸る現実から抜け出し、達成感などに酔いどれる街並みの絢爛豪華なドレスを剥いで、虐げられる日常に劣悪な倫理を用い、現実を締め上げるだけの過程に潜む理由から離れ、はびこる悪意に飽き足らぬ日常に迫るロジカルな通り道や、通り雨に濡れ、星団と踊る散漫な午後に排斥される陰鬱な実情から抜け出し、高圧的に迫る物事から放たれ、冷然と見捨てるだけの家庭的な猶予から、傀儡と化するだけに至る現実に迫るモノクロームな実情に整合されるだけの現在に迫る狭い価値から、一途な理由を用い、満ち足りない今に芝居を続けるだけに、つたない思いが、因子を掲げ、あいまいな現在に定立していく意味合いに不潔な行為に耽るだけに、綴る意識は、一貫した意味を廃棄し、主体性を損ない、ジェラシーを生み出し、奪い合うだけの過程に諦観していくだけの劣悪な私情に生命の互換や、語源を嗚咽で汚し、観点を疎外させ、壮大な愛へと帰還する前に、情熱を損ない、至らぬ思いは、至るところで諦観し、ロココからうながされた浪々と続く支配的な観念が、等差を生み出し、組み替えられる出来事をデータ化し、加算される原理をゲリラ化させ、加算される言動を攻撃的に支配すべく、遂行される革命が、偽善的なものを育て、惰性なものが、加勢する意識に、大義を持たせずに、ただ安易な攻撃性だけで、体系的なものを破壊すべく、祭りのように騒ぐだけに、退嬰的なものを育て、自らの惰性さに関わるだけに、退行していく意識的な敷衍から、普遍性を称える不義を育て、怠惰な結末へと滑落していく意識的な終焉を謳うだけの、犠牲的な信念から、生み出される厭世観が、快楽と共に恐怖を媒体させ、苛む思いが、快楽的に消費していく否定的な観念から、軽快さは損なわれ、そこかしこに恨むだけのルサンチマンを生み出し、慢心が、兵器を利用し、領土を奪うだけの観点に疎外されるだけの軋轢から、あらゆる懇意は、浪費されるだけの信念へと偏る大義が、愛や自由などを用い、大義を利用し、理念を陥れるべく、ベクトルを怒りや悲しみという否定的なもので媒体させる限りに、バイタルは損なわれ、そこかしこで内戦を生み出し、感染していく苦しみは、空虚さを媒介させ、買い被る意識は、ニヒリズムを育て上げ、育った空虚な穴に引き替える否定的な神から受け取る軽薄な精神は、敬神を謳うほどに、魯鈍な信仰は、信用を謳うだけに、怠慢なモノグラムを作り上げ、契約を終えた隅々にファシズムを生み出し、道筋にとれない垢や、悪を磔にする感情的な十字架を背負うだけに、短絡的な道理に磔にするほどに、答えを啜り、未熟な精神は、軽薄な理論をたずさえ、聡明なものを持たずに、意識的な嗚咽をうながし、慟哭する精神は、栄進せずに、センチメンタリズムに陥り、落ち度を認めるだけの退嬰的な精神は、形容するものへと嵌め込まれるだけに、破壊的な勇躍から、誘導されるだけの原理に去りゆく景色に老い続ける契約的な意識は、約束を守るためだけに、ためらわずに入り交じる現在の体系へと関わるほどに、魯鈍さを巻き込み、幸運を祈る手が、かけがえのないものを守るためだけに、ためらわずに攻撃するだけに至る。弛む現時点に潜む時間との擦れから、ノイズが現れ、本質的な正しさを、怠惰に変えるほどに思想とは、ねじ曲がったものを吐き出し、破壊的に至る。ただ体系的に処理される感情が、がんじがらめになり、肝心なものを見失い、物々しく意地っ張りな現状に張り合うためのベクトルに折り返す意識的な応益から、、旺盛していく関連に疎外される孤独などを抱え込むから、果然としたものだけを信じ込み、信心を繰り返すほどに、過信が生まれ、疑心暗鬼を生じ、所持する意味が、俯瞰を攻め入り、空間的に排除される悲しみなどを抱えるから、孤独というものを病のように育てる惰性さが、秩序を謳い、つじつまを合わせようと、用途に潜む支配的な試みから、答えは、今に軋轢を与え、あいまいな差異や、差額から、最たるものを失い、苛むだけに至るいたわりを忘れた初心さを排除したに満たない現在に退行していくだけに至る制約だけに織り込まれる精神から離れる。ただつくづくに迫るものが、世代間を超え、最愛へともとづくセオリーを破棄し、徘徊する意識は、自らの正しさだけに帰還する。漂う意識は、帰る場所を求めぬから、自由をも謳わず、自らの意思だけで、何事にも屈さず、後悔すら掘削しないの、だ。