読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

人間からの乖離


 抑圧される精神は、そこかしこに用いられる規律のおかしさに気付き、用いられる差異や、分裂的な正午に攪拌される無神経な情報が、常道を踏み外させ、曲学阿世な響きにはびこる前衛的な悪意から、演繹される宿命へと、厭うだけの精神は、契合されるものだけに、関心を示し、完治しない苦悩へと至らせる義務感や、欺瞞へと躍動していくだけに、体系的なものへと関わり、寛容な意味へと倒錯し、用いられる猜疑心により、他者の落ち度を探す乖離した日常に迫る愚問から、偶像崇拝へと至るだけの献身的な懐疑から、迎合されるものだけに憎しみを重ね、物々しい雰囲気に虐げられるだけの日々に欠乏していく観念は、入れ込まれた知識を、自分の物として指定される義務へと齟齬せずに、かみ合わせを良くしよう、と抑止力を受け入れ、経過していくものを傍観し、偏った思想や、誤った思考にうながすべき欠乏した観念に注がれる血が巡り、酩酊していく真理にもとづくセオリーに一貫した憎悪とヒロイズムを用い、悲観していく精神に軽薄さを用い、構築されるアイロニーを補完するだけの情報を常用するだけに、十全とした意識を持てずに、保たれるほどに、大義を見失い、運命的なものへと倒錯し、行為に潜む悪意に屠られ、正しいものなどは無く、ただ正しいとされるものに脅迫され、物事から迫害されるだけの心理状態にもとづく理想に帰巣していく真理も、競合を繰り返し、物事に軋轢を与え、怠慢な大義が、懐疑的なものに変わり、偏向し続ける意識は、幼いままの自分を、自己顕示欲で染め、ナルシシズムに追従されるだけの自己から、アンニュイなものが運ばれ、そのけだるい運動へと倒錯していく現実が、懸隔を用い、妨げへと至らせる限りに陰る本質は、魯鈍な精神を育て上げ、惰性なものへと加勢していくほどに、関係とは、あいまいなものを運び、毎日に迫る低劣なものが、マインドを占領し、空虚さを埋めるためだけに、不必要なものをため込むだけに陰る本質は、正道を失い、ただ横着し続ける意識は、陰鬱な衝動を抱え、総和すべき現在に、快楽原則を用い、横溢する幸福へと解除される精神的な魯鈍さに敷衍する意識的な開示から、入れ込まれるだけの情報としての快と不快の間に生まれる妨げに潜む価値から白日の下にさらし、純粋な思考へと至らせるまでの快感を補足する脳内の循環から、純化される精神は、あたかも正しい事のように示される限りに、懐疑的になり、乖離し、加算されるほどに、補填されるものへと偏り、乖離していく精神は、疑念を晴らせずに、はびこる悪意へと転移していく病が、全体を覆い、諦念へと至らせ、憑依された身体は、利己的な支配を受け入れ、うごめく思念に掲揚されるものだけを信じ込み、一切に迫る陰惨な信仰から、陰鬱な証拠を残すだけの効能から、昏倒していく意識的なカオスへと陥り、横溢する思念に囲われ、悔悟をため込み、体系的なものに処理される意味へと顕在なものを損ない、行いに織り込まれる現時点に裁かれるだけの動機が、同じようなものを、買い取る者により、価値を変動させるだけに至る虚偽から、たるものでおぎなうものづくりへと用いる意識的な断捨離よりも、出し抜けるべく、大小を用い、代償へと至らせるだけの愛は、正義を見失い、ただ用いられる猜疑心により、心理的な抑圧から、愛する事に疑念を孕み、はびこる悪意へとカタストロフに至らせられる精神の軽薄さに迫害される真理にもとづく正解などからはびこる意味へと鎮座し、ドレスアップされた感情が、一貫した政治性を孕ませ、悪自体に堅持していく意識的な革命から、改造された心身は、何事をも受け入れずに、偏るだけに至り、訝る事すら無く、ただ信じ込む辺りから、大きな隔たりは、偏りを生み出すだけの欠如へと倒錯していく関係に基づき、観念は、入れ込まれた義務により、疑似的な革命へと至らせ、大義を持たずに、ただ己の快楽原則のために、従う快へと俯瞰が、正義を捨て去り、犠牲心を用い、出来合のもので、真実をうやむやにし、無残な形へと格納され、懐疑的な日常へと舗装される真理への道は、密集する悪意に食い尽くされ、疲れた意志を引きずり、意思的な空虚さにそぞろな意識は、深まる暗闇へと倒錯し、投影されるものを恨むだけに至らせるような観念にため込まれる泰然とした意識に垂れ籠める日常の悲劇を監査するだけに至るような監視社会を生み出す全体主義的な適応ばかりが、人間を、人間の中に閉じ込める。空虚な意志を引きずり、死に追いやられた純粋な精神は、ただ破壊するだけに偏り、互いを踏破すべく、ただ互いを咎め、破壊するだけに至る。