時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

泰然とした意志


 勉学とは、名称を得て、物事をへだてる事にあらず、有する価値も、用いられる形により、変化する意味に善悪を押しつけ、意味に懸隔を与えるだけに至らせるような意味合いに不潔なものが迫り、狭い価値に因果を突きつけ、永遠に捕食されるだけの意味合いに補足されるものへと偏向していく意識が、気質を謳い、性質へと偏向していく正常な精神などに、敬神を伝わせ、形骸化していく意識が、外貨として扱われ、平静を保つだけの民へと偏執していく意識的な昏倒から、退廃していくだけのモラルへと寄贈される意識的な互換へと平衡していくものが、均衡を保とうと排除する用途から、統合されるだけの悲劇もモデルケースや、簡素な理由に監査されるだけの大差無い日々に対角線を用い、咎めるだけの点と線から、枠に嵌められ、形に義務的な数理をよぎらせ、要する形へと収められるだけに代償や、解消されない痛みや、ないがしろする意味に磔にされた始まりの人間から、交わる神へと厭わぬ精神が生み出した軽薄な代償から、解消されない痛みへと互換され続ける悲劇へと厭わぬ精神が、生み出す始まりの神こそが、この訝るだけの現象に交わる刹那に援用されるだけの代価を用い、物事を収める形へと記号化していく安直な人間性や、社会性へと丸め込むだけの盗用から、答えは、義務化された価値観へと屠られ、普遍性を用い、モチーフとされるものをまねする事から、慢性的な痛みを処理し、歩み寄り、歩みを合わせるだけに、歩幅が同じ者ほど、魯鈍なものを貶し、蔑む意識は、同族嫌悪へと至り、動向を処理する記憶のパーツや、パーソナルスペースを侵略する配慮や、進路妨害する友や、亡骸にすがるだけの陥る闇との対話や、和解せずに、我関せず、と慣性の法則を無視し、無感情のままで無重力な宇宙空間へと引きこもる母体回帰から、オプティミストどものコミュニティーがやがて、コミュニズムへと陥り、モラルを破壊するだけの分別的で侮蔑的な主義へと破壊活動を続け、綴る意識は、用いられる宣言により、対象を濁す事だけに堅持する傲慢さが、もっともなニヒリズムへと偏向し、傷口を治らぬ傷へと汚すような冷めた破壊から、効率ばかりを謳い、生産的な栄進こそが、アイロニーに導くだけの悲哀を打ち砕き、相対する現在に対価を求めるだけのキャピタリズムの傀儡として、義務的な要素に孕む激情を放棄し、ただ緩慢な資本へと流動するだけの意識的な奴隷へとトランスしていくほどに、覚醒した精神とは、ただ自らの欺瞞を水増しするような名前を求め、無機質に従うだけの穎悟を用い、物事を決めつけるだけの使命感に囚われる途端に配される憎悪へと吸い込まれる意識は、ルサンチマンを成長させ、やがて名前も無くさまよう因果に欠乏していく意思的な何かに囚われるだけのアイロニーをため込み、傲岸不遜な意識は、交換される快楽へと移行し続ける先々で乖離する域で対立し、高尚な意思へと至らずに、ただ卑猥で猥雑にこびるだけに至るような現在に回帰すべき意味すら無く、万物は、そこにとどまる事無く、流転するのだ、と演繹する宿命を謳う現在に悲観するだけの間隔を取り払い、そこに現れる空白に合わさるものが、平衡を謳う以前に、自らの精神とは、栄進を続け、永遠性を用い、物事に成立していくだけの退避から、緩衝していく今に対峙していく意思が、対比を辞め、命じられるだけの感情が、緩衝する先に現れる純真無垢な生命が、厭わぬように、要因にはびこる像を取り除き、自らが朗唱する自らを警世させる自らの意志だけが、退嬰的なものを取り除き、ロジカルな浪費を終え、籠城した意識を解き放ち、懐かしむだけに近づく現在に悲哀を打ち出す以前に、用いられることごとくに正論を用い、構築するものの中での畜生として生きるよりも、ちぐはぐな現在に現れる差異や、あてがわれる意味へと補完されるだけの現状に迫る激情へと移送される現在に兌換されるだけの価値に蛇行し、さすらう限りに、差し違える意味や、差し替えられるだけに至る答えを塗り替え続け、過失を故意に打ち出すだけの代用品としての生活を終え、得たものを、純粋に愛せるような自然性を用い、自らを持ち上げ、行為へと準ずるだけの正義が優遇され、軽薄な理論へと陥り、薄命な現在に溺れるだけの驕りから、応じる答えへと鮮血を浴びせ、あいまいな現在に打ち出される見解に、馳せるだけのコードや、律動していく先に合われる音階をのぼり、昇華し続ける意志こそが、力に反し、利用されるだけの利己的な愚論へと高潮していく意識を咎め、まとまる先に現れる答えこそが、この思いを膠着させ、苦しみを繰り上げ、厭うだけの精神へと騙すだけに至らせているの、だ。