読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

枯渇しない日々


 つくづくは、調和し、痛みは、わずらわしいものを排除し、虐げるものも無ければ、自らを指図し、今に屈するだけの屈従に耐えるよりも、かけがえの無い自らに行き着き、果たす意味から、繰り返される今や、陰鬱な衝動を抱え、有する過程に収斂される暗闇に遮られずに、濫觴するものが、全容を包み、すなどるだけの思いが、出来合いのものを信心する構図を破壊し、儚い動機に、保守的なものを伝え、逆らわぬように去勢された宦官どもが、処理する思いを所持し、苦しみに行き交う、法の過ちから、根底は、残るものを埋め立て、生き埋めにされたものの苦しみから、空虚さを媒介させる孤独な思いが偏向する。運動は、激しさを増し、レジスタンスを生み出し、革命は、帰路を失い、「内実に迫る孤独は、あらゆるものを、闘争へと巻き込む。」閉ざされた思いが強硬な走り、遭遇する精神的な分裂から、引きずり下ろされた痛みを縁取り、位置づけされる思いが、性差を生み、運命を奪い、論理へと閉じ込める。ただ、決められたことが、正しいことだと、そそのかし、強制することに置かれた、あたかも、正しいようなことを信じ込み、秩序を保つ、模範的な市民だ、などと促す強制力が、本質を見失わせる。用いられるものに、間隔を失い、ただ還元されるだけの空間に、空虚さを生み出し、刹那に裁かれ、謀るものが、幾重にも散らばる可能性を捕縛し、繁栄されるものを蹴散らすだけの爆撃を繰り返し、空疎な理由へと旋回する意識が、独占的に物事に領土を生み出し、物事を殲滅しようともくろむ動機の黒幕が生み出す支配的な独裁のコードから、用いられる魂胆が告白するものが、つたないエゴを絶え間ない物事に生み出す辺りから、投影されるものが、蕭然と焚き付ける火が、繁栄するものを業火に変え、倦厭し続けるだけに、資本主義的な道具として、次元的に破棄される人間的な要素を奪うだけに至るような倒錯から、位を用い、値するものへと価値は、用いるものにより変動するだけに至り、同じようなものを、その者のランクにより、買い取る量や、少し豪華なだけに支払われる量が変わるだけに至るような価値の変動から、偏向を生み出し、ただ満足を買い取るだけに至るような軌跡をたどり、たどたどしい意識を従え、虐げられるだけに至る痛みから、散漫になる意識は、担うべき意味を持たず、ただ倒錯するだけに至る現在に作為も無くなり、陰鬱なままに創造性を補填するだけの退嬰的なものに体系化する意識が、大義も持たずに、衆愚にもみくちゃにされ、些細な出来事に緩和しない意識が、痛みを抱え、加算される原理にいたずらに消費するだけの出来事のデータとして、折檻され続ける空間的な猶予に阻まれるだけに至る痛みが、今に訝り、犠牲心を用い、物事の宦官として、虐げ続ける時代的な抑圧を生み出す。

 深淵に潜む無神経なものが蝕む現在に定理すらも無ければ、陸地に生み出されるものとは、いくつもの苦しみで阻むだけの問題点に相互する意識的なガイダンスに従うほどに、苦しみは補填され、用いられる不安に苛立つ言動から、現状は、永久に回復に至らず、至らぬ思いが、応じる答えに軋轢を生み出すだけの修復を施され、正しいとされるものに虐げられるだけに、はじめから決められたものを啜り、進むべき道も、退路を断たれ、大義名分を振り回すだけに縁取られる現在に迎合されるだけの観念が、関係性から逸脱できずに、そこかしこに制度を生み出し、精度を失い、最たる意味も無くなり、担うべき現在に懸隔を生み出し、限界を用い、見解を損ない、ただ見失う意識にいたずらな消費へと誘うだけの対立から、対比されるだけの価値へと邪推する意識は、さらなる満足を求め、欺瞞で埋め尽くされ、不満をうたうだけの懐疑へと誘われ、自己嫌悪に陥り、あらゆる嫌悪とは、権限を失い、うたわれる権利を用いるだけの権力に倒錯し、踏破すべき現在に登攀する意識の崖を登り切るまでのフォースを宿さずに、些細な出来事へと快楽を追い求めるだけの退嬰的なものへと陥るだけの檻の中での獣として、犠牲的な信念は、神経質そうな笑いを浮かべ、薄ら笑いを浮かべる空間的な負荷から、観点を損ない、勘違いを生み出し、間違った思想に組み込まれる自分こそが正義だとうながす勘違いから、観点は、ただ損なうだけの意識を追従するだけに、他者から受け取るものだけを信じ込み、ただ用いられる思想に歪むだけに浸る現実に、至らぬ思いが、痛みをうながし、訝る先に生み出される些細な闘争から、最たる意味を失い、すなどられる意識に彩るものが、あたかも価値があるように示され、閉め出され、暗い隘路を渡る眼光鋭く私は見つめる先に現れるべき意味に意志を用い、意志の鉄槌でもって、その現状を打破するような言葉を正式なものへと打ち込み、怯える事無く、そこかしこに現れるものなどは、その場に現れるようで、どこにも、そのようなものを用いずに、ただ沿うように現れる物事に反し、ただ逆流していき、度重なる苦しみも、思うほどに苦しみは増すから、ただ愛しいものだと意識を高めるだけに至る現在に懸隔すら無くなり、距てる距離を用いるよりも、ただ其処にあるものとは、認識しなければ、無いのに等しいものだ、と。