時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

啓蒙


 眠る事も忘れ、渾然一体となり、啓蒙を続け、つたない意識が買い取るだけに低劣なものを生み出すだけの途端を徘徊するジレンマから放たれる一撃として、指定される義務を打ち砕く者として、ちぐはぐで幼稚に錯乱するだけの現象から放たれ、立場を逆算するだけの過程にもとづく制限を解き放ち、懐かしくだけに近づく故に、傷つけるのが、過去という哀れみであり、あらゆる原理とは、編成されるだけに、脳内で編纂されたものを複製しているだけに満たない生産性に、整容されるだけに、形あるものに統合され、尊く結ばれる原理や、厳正な時にはびこる甚大な悲惨さから、差異を用い、差額を受け取るだけに、最たるものとは、尊くも無くなり、とぼしくなるだけに浸る人工的な意味合いに緻密なものなど無くなり、自身の内外に果てる高揚感が、こじつける意味合いに貧寒なものを重ね、悔悟をため込み、対立する今に引きずる悲観や、品性を用いるべきだ、と保守的なリベラリズムが、字余りに欲動するだけの本質から、昏倒していくだけのゆくすえに製造されるだけの倫理をモチーフに、教育的な枢要さを謳うだけに、人寰に現れる俗物にしか変わらず、関わるほどに、悔悟をため込み、収斂される意味が、機械的な道理に基づき、清廉する先に聯立するものが、苦悩を運び出すだけの規律に変わり、整合されるほどに保持する意味とは、荒唐無稽なものであり、経過する意味に魯鈍なものへと成り代わるだけのギミックへと変わるだけに答えは操作されるだけに至り、浸る意味にもとづくセオリーに制限を用い、精悍な者すら居なくなり、ただ従うだけに浸るマゾヒズムが、暴虐な理想を謳い、相続する真理にもとづく記号化された言葉を放つだけに、はびこる悪意が充満し、満たない思いが、汚いものを機械的に生み出すほどに汚穢が崇められ、集まる神との対話を続け、血合いを施された空虚な身体の質感に迫る修羅から、実情は、統合されるだけの心因にもとづくエゴから、自我を掻き乱し、時間的な優劣にはびこる数理的な狂騒から、観点は、資本主義的な競争へと狂奔し、奔走するほどに、保持する意味は、違いを見極められずに、いびつなものを愛し、考えに膠着し、効率だけを求め、止めどなくあふれる意思は、何かにすがる事に格納され、魯鈍な兵器へと変わり、おどろおどろしいものを掲げ、重なる意味は、履き違え、書き換えられるだけの精神として、受け入れる情報に譲与するものだけを崇め奉り、緻密な意味を知らずに、ただ情報を受理する空白の精神を持ち、受け入れるほどに支配される心身を傍観する離人的な解消から、懐疑的なものを捨て去り、ただ従うほどに、満たない事を受け入れるだけの不安や恐怖を昇華させるためだけに、創造性も無く、空虚な心身を抱えるだけの現代的な病理に集うだけの巣箱へと帰り着く戒律は、誰かの返り血を浴び、退嬰的な模造品として、物事を成立させるためだけに、正当なものをうそぶき、物事を偽造するためだけの正義を用い、悪を捏造し、正義を立てるためだけに建て前と本音を操作し、齟齬する意思との乖離を生み出すだけに満たされない痛みは、もっと痛みをほしがるというマゾヒズムへと加速し、緩衝する先々に生み出される発明品たる貨幣と紙幣にもとづくセオリーだけに従うだけの人間にもとづく事だけを信心するだけに浸るような主教へと引きずられる意識的な配合から、排斥される意味にもとづく意味合いに帰属するだけに独占的な質感にもとづくものだけを、我が子のように包括し、包蔵されるものを信仰するような欺瞞から、策略が生み出され、ファシズムへと移行していくレイシズムが、輪唱する意味などが、欺瞞に過ぎず、誰かに隷属するだけの主義や思想などは、思考停止に至るだけに、浸るような個人崇拝に枢要なものなど無く、ただ自らをも怪しむべきであるし、何かを信じるとは、そこに信仰を生み出し、思考停止へと至らせるだけに、快楽を追い求め、思いをそこにとどめ、魯鈍な支配へともとづく制限を、静謐なものだと勘違いし、関係性にもとづく制限を受け入れるだけに、この生命とは、鈍磨になり、すり減り続ける意思は、誰かが謳うものを信心し、誰かにもとづく事だけを受け入れるだけに、正しさとは、正しい限りに偏り、そこで勝ち誇るほどに、補足されるものなどは、そのものを正しくさせるためだけに生み出された虚偽に満たないし、そこに満ちていくものなどは、誰かのふところを温めるだけの偽装に過ぎない思議を孕み、私議を用い、誰かを拘束し、姑息な支配へと巻き込むだけの表面的な言葉に過ぎず、孤独を恐れ、不安を誘い、自由を謳うだけの者の言葉の一切を信じずに、自らが導く答えだけを鍛える。