時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

質感


 逃げだす感情は、帰る場所を失い、束縛されるか、自らの砂漠をさまよい、裁かれる日々を待つか、関係を持つほどに、もつれる現在に弛むだけの元凶として、今に補足されるだけの観念へと移行していく現実へと捕縛されるだけの還元から、軽減されない痛みへと真っ直ぐな思いは、すぐさま邪推するだけの感応を終え、横溢するだけの感情が、その場で分針を壊し、分裂的な幻覚を見せつけるだけの脳内の回路の不純さを謳うだけに。奪われる感情とは、今にがんじがらめになり、嵌め込まれる理由に吸い取られるだけの支配を受け入れ、うごめく思念を、メッセージとして受け取る限りに、陰る本質は、やがてやせ細った価値を信仰し、シンドロームや独白する現在に酷薄なものが迫り、悶絶し、門前払いにされた意思は、やがて咎めるだけのルサンチマンに変わり、誰かのしあわせに関わるほどに、保持する恨みが増幅し、嫉妬心だけが、森羅万象を堂々巡りし、ベルトコンベヤーで運ばれる部品を、自ら組み立て、自らの意思を持たずに、運ばれてくるものを受け入れるだけのものに価値を当てこするだけに、あいまいな毎日に迫るマインドが折れ曲がり、感情論的な束縛へと浸るだけの空疎な鍵を用い、物々しい雰囲気に迫る還元されるだけの悪意へと諦観していく滅亡的な主義にもとづくセオリーを既読するだけの、官僚的な者に支配されるだけに、等差は深まり、さらなる痛みを加速させるだけに、苦しみの代償として、退廃的なモチーフを掲げ、重ねる意味が、いたずらに消費を繰り返すだけの統合へと至らせるだけの正常さを生み出す社会性などに、制圧されるだけの感情は、自らを抑圧するほどに、抑止できずに、暴走する心理や、心因から咎められるよりも、揺動する自己へと飢渇し、帰宅すべき自己を持たずに、利己的な支配を受け入れるだけに凍てつく感情が、環境などを謳い、自己から離脱し、理解を深めずに、周囲に責任転嫁していくだけにほころびを生み、施される事の真実に迫らず、物事の純粋さに迫る楽しさを知らず、何かを着込んで、何かを買い取る事だけに企みを生み出し、互いを咎める理想へと供給される虚偽に浸る現実から、過去は、故郷を失い、咎められるだけに至る心情は、退廃的になり、担うべき今も、意味を損ない、女々しいものを掲げ、虐げられるだけの感情へと利己的な移行から、行為は、施される痛みを分散すべく、対象すべてに敵意を剥き出しにし、憎しみ事に染みいる意味が、狡猾なものに変わり、何かを独占しようともくろむ意思は、モノクロームな感情を姑息なもので支配させるべく、「ただ互いの自由を咎める途端に現れる憎しみを倍増させるだけの愛を与え合うほどに、当てこすられるものは、互いの問題点を姑息なもので支配するためだけの理想を強要させるだけに至る形式に嵌まり込む感情などは、愛がなんたるかを知らず、ただ価値を生み、買い取るだけの欺瞞や、疑問に挟まる答えを愛して止まない依存性に偏るだけの理想は、帰巣すべき意思を損ない、その場でさまようだけの馬鹿者か、化け物で終える。」空疎な疑念を晴らすべく、濫觴したものを信心するよりも、簡単に背くような美しさを持つべきである。互いを咎める理想に鋭利なものをかざし、物事や、出来事に風穴を開けるべく、とがった意思を掲げるべきである。ただ傷つけるほどに、危機感が増すだけの感情に補足される不安や恐怖をうやむやにさせるべく、生み出されるものを漁るよりも、あいまいに適当に処理するだけの脳内のなあなあな是正にもとづくセオリーとは、独善的なものを生み出し、対象を無視し、主体性だけに送り込まれる支払いを、義務的に執り行うだけに、国などを背負わされるだけのばかばかしさに虐げられずに、支配を繰り返すだけの隣国から離れ、自らの意思だけで、独創的なものを生み出すだけに、位置づけられる必要も無く、制される事も無ければ、今に悲観する必要すらなく、ただ使われるほどに、不安は与えられ、恐怖は増すであろうし、やがて、強迫的な感情が示す使命感のようなものが、暴走し、暴力に陥るだけの利己的な止揚から、浸透する意思的な寛恕に迫る退嬰的な交互から、統合されるだけの意識とは、ただ同調を求め、同一化すべく、すべてに補完される普遍性こそが、いちばんの正しさであるし、崇めるべき教祖であるのだ、と妥当な位置に持ち出される意味に出現する苦悩が恫喝を続け、位置づけるものに深まる儀式的なものが強要する善悪に問われない是非にまといつく既存の価値などが、記号化されるだけの意味に高尚さを疎外させ、ただ当該するものだけを信じ込むだけの信者を生み出すだけに至る。