読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

意識的な跳躍


 静謐な預言を繰り返し、弔う行方が、中空をさまよい、具現化されない思いが、定める月日へと昇華し、逍遥する意識は、背負い込む意味を分裂させ、はどめもなく暴れる権力が遂行するだけの短絡的な思いに摩耗され、間違いを改めずに、鈍磨で貪婪な思いを加速させ、行いに足かせを嵌め、世界を奪うだけに至らせる原理へと陥らせる間にロマンは、衰退を呼び込み、踊る意識が轟然とうなり、現実に消費されるだけの季節に感応すべき情感も損なわれ、そこかしこで浄化させるべき意識も、阻まれるだけに至り、退嬰的な論理に消費されるビジネスライクな意識が、無様なものを形成させ、形骸化する意識は、つたないものを逆流し、攪拌される半径に用いられるギミックや、行間にひしめく簡単な理由に流動していく意識の狭間へと陥る言葉の数々が執行する論証や、認識を深めるほどに、不満げな様相へと健気さを爆砕させ、万感にひしめく論理的な恒常性が、迎合するものへと消費されるゲートをくぐり、消費的な余韻や、生産的なあやまちへと現状は、消費されるほどに、些細な理由ですり減り、平行線をたどるだけに、たどたどしい意識は、虐げられるだけに至る原理へと失速し、心象に捌け、契合されるだけに浸る意味合いに季節感を奉納し、儀式的ないけにえとして、自己犠牲的に捧げる磔に処される身体を傍観する精神的な暴走から、離人症的に乖離していく関係に施される無感覚なあやまちへと加工されるギミックへと油を注ぎ、回転を良くさせるほどに、些細な出来事へと押し流され、瓦解する意識は、解除される事を望まず、ただその場で履き違える意味の奴隷として働く事を余儀なくされる事をよろこぶというあやまちを自らに与え、それをよろこびに変えるような価値で、自らを騙すだけに至らせるのが、この資本主義的衆愚が生み出す哀れであるし、生まれる政治も、国家がなんたるかを知らずに、ただ主権を握るほどに、自らの権力の傀儡としてうごめくだけに浸る現実へと排斥されるだけに至る自らを、嵩ましするだけに高まる独裁的な主観は、収監されるだけに葬る価値へと律動していく意識的な補完や、縫合される価値との対立や、体制へとこびへつらうだけに、広義のものを失い、物々しい意識は、思想に従い、虐げられるだけの価値へとすなどるだけの理由に論証されるものを頬張るほどに、舗装され、補足されるだけの意識は、立憲に反し、阻まれるだけの法に囲われるだけの意識に用いられたモラルこそを、見直し、法を建て前に、奉る意識を暴走させるだけの国家主体で主導する法を操作するだけの暴走をとどまらせるべく、金に権力を持たせ、金による行使を終わらせるべく、その人間的汚穢を浄化させるよりも、法により、強固な意志を生み出すよりも、自らが法として、周囲を加工するだけの張りぼてのモラルにへりくだるよりも、平衡を用い、中庸で濁す紐帯を用いずに、ただ対立するものの、平衡を保とうとする限りに、疎ましい戦争は、占用と専有を用い、独善的なモラルが用いる独占欲に適応するだけに孤立する意識に対立を続ける疎ましい現実に鬱々としたものが巻き込み、背く意識は、配膳されるだけの過去を貪婪に食するだけの精神的餓鬼として、生産的に持ち出される言葉を処理するだけの情報の犬として、胃腔に詰まる自らの吐瀉物たる大義を抱え込んだけに唾棄すべき意味も、意思的な何かに詰まるだけにつたない意識の異物感を抱え、課せられた意味に世界を閉じ込め、その世界へと引きこもるほどに、自らの強固さは、既存の世界から疎外されるよろこびへと深まる限りに可決しない理由は、嗅ぎつけられるだけに補足される理由を、普遍的なものとして受け入れるだけに、形あるものの悲劇を加速させ、受胎する各地の苦悩や、その苦痛を産み出す母たるものが、大利を用い、何かを騙すだけに至るビジネスへと苛立つ意識的な革命家たちは、やがて自らの暴力性に気付かずに、ただ果たす理由の独裁者として、よろこびを踏みにじり、幸福と自由を謳い、討議せずに、ただ迫る苦痛を取り除くべく、深まるベクトルは、卑しい信仰へと加速し、懐疑的な意識は、ただ阻まれるほどに、保持する意識を魯鈍なものに変えるだけに、物語に迫る軋轢にあいまいな毎日を仮想するだけに日々に普通と呼ばれる監獄へと入れられ、番号で呼ばれるよろこびへと朗唱されるだけの駄作の自己を、便利なものだ、と物質的に謀るだけに、体系的なものに関わり、課せる意識は、村の意識を用い、小さなコミューンから排除された最後、戻る場所を求めるだけの精神は、孤独を恐れるばかりで、自らを超える事を知らぬから、その場で排除される恐怖に追われるばかりで、正しさに誤り、ただあやまちばかりを増やすだけに蛇行する意識は、何が正しいかすらも、見ようともしない。