時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

輪唱する真理


 生きるとは、華やかなものだなどと伝える感覚から、運命的な邂逅を目指し、疎外される観点から飛び立ち、幽遠に蔓延る悪意などを織り込まれるものを昇華させ、レジスタンスへと変化していき、反抗心ばかりが育てられ、惰性なものから氾濫する意思的な汚穢や、忿怒を重ね、媚態を蔓延らせ、有する形に価値を授け、与えるだけに、膠着しては、支配的な何かや、なあなあのままに生み出されるものを踏み台にし、前衛的な過去から固結していくだけに、光景は、やがて薄明をたずさえ、天空を仄かな光りで彩り、不潔な観念を消し去り、関係へと浸るだけに、悲観する思いを蹴散らし、散漫な意識に乖離していく思いは、時間を超え、寂寞へと浸る観念が、軽薄な思いを超越し、長じる運命は、動機を超え、やがて溌剌とした観念をたずさえ、渺渺たるものが普遍性をまくし立て、敷衍していく思いは、諦観を超え、攪拌される先から放たれ、介在する意識は、退廃的なものを疎外させ、世界を自らの意識で染め、空白を埋めるだけの快楽へと移行するだけに、純利を求め、追い続ける意識は、陰鬱な消耗品として、証拠も残さず、傷痕をたずさえ、事情に重なるものが、事象を奪い、空間的に加工される闇や、勇躍する隙間に課せられる思いなどが、横暴なものをたずさえ、世界性からエクソダスし、エンコードへと変わるだけの感情が、損なわれるのを、離人的に傍観し、膨脹する意識は、主が思うものを信じ込むだけに、逍遥する先に定理を結ぶだけの無数の意思を高揚させ、凍える意識は、言い分けを重ね、堅持する意思は、虐げられながら、長い歴史に重なるだけの物事を信心し、信じ込む先に神を作り出し、差し替えられる思いは、軽々しい信仰を掲げ、かさばる思いへとフォーマットされる信念は、ねじ曲げられた思いを重ね、加工される義務や、偶感に迫る、空間的な排除を受け入れ、経過するものや、思いに加算されるだけの数を愛し、かかずらう意識は、抵抗を止め、締結していくだけの意識へと交換されるだけのものを信じ込み、迎合されるものだけを信じ込み、誇示する意味や、拗れる後先に終末論をなどをつなげ、伝う意識は、模様を作り出し、償いを謳い、奪われるだけの意図へと退嬰的なものを瀰漫させ、不満足を用い、自由で理由を奪い、希望を損なわれ、生じる由縁へと離脱しては、散漫な意識は、緩慢な思いを所持し、収斂されるものがやがて罪の意識を重ね、加工された義務へとさらわれ、些細な出来事に清めの歌などを歌い、退廃的な意思をたずさえ、散漫な意識は、欺瞞をたずさえ、さらなる信仰を重ね、互いの距離に呪いを重ねる。同族嫌悪へと至る今から、瀰漫していく不満が、不幸などを謳い、退廃的な互いの意思から統合されるルサンチマンに隷属するだけのニヒリストの大群が、愚考を重ね、感化されるものを信心する間から、情報に咎められるだけの低劣で貧寒なものが打ち出す真理にもとづくエゴイズムが、ロジカルな闇を放ち、悩ましい思いを虐げるだけに従える意識を信仰するものだけを真理として崇める。あがなうだけにあらがわぬ意識は、印象に統合されるだけのものを境目として考え、課せられる思いに運ばれるものを受け入れずに、迎合されぬ意志だけが、正義と言えるし、そこに正解を持たぬから、用いられる善悪に荷担せずに、自らの意志だけで描くものだけが、本質を生み出し、世界を正解だけでもとづくものと判断せずに、止めどなくあふれるものは、ふれあうほどに、互いを咎めるだけの理想を強調し、驕傲な態度で対応するだけの対抗から、互いを咎める理想へと競うだけの希望から、膨脹する憎悪から、増幅する真理にもとづく答えへと後退していく意識は、退行するだけの精神へと押し流され、淘汰されるだけの結末が、代償を求め、対置するものが、慟哭へと誘い、退廃的なものを重ね、快癒せずに、ただセンチメンタルに至るだけのセグメントに流し込むセメントが、意思を膠着させ、逃げ出せぬように、石棺されるだけの痛みから、期待感を孕むほどに浮遊する観念は、元々の自由を強調するほどに、魯鈍な意思を重ね、陰鬱な衝動を孕み、ずさんな身体を愛し、伴う痛みへと侵攻していくものを汎用させ、有する価値につながれ、多くの足かせたる欲望や、譲渡されるだけの情報をまとい、自彊せずに、従僕として生きるだけに浸る原理や、権利にもとづく庇護へと運ばれるだけの意図から、逸する今に構図を用い、当該するもので締め付けるだけの偽装から、機関へとからまるだけの帰路から、カースト制へと至るだけの国家たるプロセスも終わりを告げ、幼い人間から、幸福を塗りたくるだけの論駁者や、論争へと浸るだけの批判的なゾンビどもや、獰猛な意思に絢爛豪華なものをこしらえ、ただ偏るだけの思想で仇討ちするだけの輩の悪趣味な意志にもたげるものが、模倣を繰り返し、自らの意志を損ない、そこかしこに不潔な流儀を打ち出し、獣の意志を従え、暴力性だけを瀰漫させ、本能で生きる限りに陰る本質は、其処で損なうだけの理由に演技を続け、贋物の価値を愛し、あがなうほどに、あらがわず、あがめるだけに浸る意識は、自分の意思などを持たずに何かを利用し、利用されることを、よろこびなどと抜かすの、だ。