読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

狂騒


 ぶかぶかの感情を脱ぎ捨て、つたない意識を飽食するだけに、短絡的な理由に支配される気配は、緊迫感を伝え、つたない意識を案じるものも、もどかしく虐げられる一切に転嫁していくだけの痛みを加速させ、足かせを世界にはめ込み、境目を用い、すべてを破壊するだけに至るような闘争から、倒錯する現在に来す意味も、機械的な論理に攻め入られ、論証する暇も無く、肥満化する意識は、課せられるままを愛する事に疲れ、つたない意識に遅滞を重ね、気配を損ない、そこかしこで苦しみを増加させ、羽化させるべき自分も、世界という熱いスープの中で溺れ、悪態をつき、罵るほどに、整えられる精神は、軽薄なものをたずさえ、腐敗するだけに至るような世界に根源を置き、焦げ付く衝動は、行為に引きずられる摩擦により燃え尽き、償いを求めるだけの心因に炸裂する痛みのモデルケースとして、心療内科などで売買されるのだ、と妥当な位置に用いる一縷の望みも、生きるための創造を用いずに、ただ行動として認識されるだけの操作を受け入れ、情報へと倒錯し、等差を求め、等位に浸るだけに、自由や平等などを謳う魯鈍な革命家から、抵抗運動は、忿怒を掲げるばかりで、バランスも保てずに、用いられる権力に反するばかりで、自分たちの内部でひしめく権力に牽引されるだけに認可されるものも、物々しいものに虐げられ、支配下に置かれ、応じるだけの答えを受理するだけの低劣さ、と慢心を重ね、体裁ばかりを気にしては、対比される事で模倣する意識は、葬られる先に縫合されては、些細な出来事に強固なものへと成り代わり、ナショナリズムなどを流動させ、盗用されるだけの意味へとダイナミズムを重ね、模倣するだけの意思は、アナクロニズムへと陥り、ヒステリックに倫理で爪を立て、建て前を牛耳り、じり貧な自らの精神を維持すべく、すべてに敵対し、敵愾心を燃やすだけの憎悪を培養し、関与する間に体たらくなものを吐き出し、差し違える意思は、履き違えたものを信心し、信じ込むだけに退嬰的な苦悩を吐き出し、兌換される資本的な驕傲さから、錯覚していく痛みに超克していく先々に逸脱しては、いくばくかの可能性をほとばしらせる。排斥されるだけの真実を信仰する先々で低劣な支配を受け入れるだけの隷属する主事たちは、自らの力を基本な資本とせずに、世知辛いものを受け入れ、世を、世として受け入れるほどに、自らをカタルシスへと至らせずに、痛む意識が、マゾヒズム的によろこぶための脳内に送る抑圧を受け入れられない未熟な精神は、反抗心だけをたずさえ、達観せずに、互いを恨むためだけに体系を用い、互いを競わせるほどに、帰巣すべき愛を知らず、ただたちまちに現れる苦悩ばかりを処理する乖離した実情に馳せる意識的な汚穢から、応益を求めるばかりの欲望が波及し、幼い意識は、いじけなく、同じものばかりを愛するだけに、互いを競わせ、機械的な道理に派生していく意識的な汚穢を清めるべく、博徒として生き、破壊的な道理に理性を失い、リセットされる先に最たるものも無く、戻るだけの意識的な退化から、対価を求めるだけに意識的な地下に降り立つ価値との対話を終え、猥雑な意識が察知するだけの卑猥で低俗なものを育てるだけの惰性さに、境目は用いられ、破壊的なナショナリズムへと成長し、何かを否定するだけに足蹴にするだけに至るような悲観的なものに浸るだけのメランコリーを所持する依存的な精神が用いる敬神から、懐疑的な日常に迫るアナーキーな錯乱から、錯雑な観念に押し売りされるだけの愛にもとづくセオリーを紐解き、散漫な意識にモラルを用い、吐き出す意識が兌換するものを信仰するほどに、保持し、補足されるものを愛するだけに互いを咎めるだけのリベラリズムが進行を阻害し、咎めるだけの意識は、啓示を求め、さらなる信仰の奈落へと陥り、応じない神に対して、祈りが足りないのだ、と群がる先にお布施を続け、ふつつかな自己を処理できずに、ただ対象とする神に責任転嫁させ、転換される価値に鍵を渡し、自らを飢渇させるほどに、カタルシスへと至らせるだけの祈りがトランス状態へと持ち込み、快楽へと変わるだけに至る情事に命じるだけの報酬系の快楽に用いられるドーパミンが何度も脳内で羽化する蒙昧な意識に戻るだけの折檻を受け入れ、仮死化する意識が、淘汰される海馬から、過去が敷衍し、普遍的な日常に軋轢を加え、適任するものなどは、物事の認識を怠る愚かさに気が付かずに、己の愚行や、愚考を正さずに、誰かを恨むだけのルサンチマンにならないために、寛容であるべく、ベクトルは、善悪を用いずに、ただ一途な創造性だけに預け、暴かれる現在に来すものを恨んでいても、恨みとは、その場で媒体するだけに、己に対して影響を与え、ただ互いを咎める以前に自分にとどまり、自らを恨む事を、対象にぶつける事に至る。