時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

意思の防波堤


 広大無辺で変化も無いものが狭い価値を突き破り、突きつけられる価値に反し、躍動する意思は、約束事などは守らず、ただ強請られ揺らぐだけの観念や思考などから切り離される言動へと旅立ち、超克し続ける意志は、呼応し続ける反響から、愛を引き取り、無限性の真理へとたどり着き、小さなものとは、大きなものと、さほど違いは無く、苛む辺りから、才覚は、距てられ、惰性なものへと律動する運命へと反響し続ける音と音が擦れ合う激情や、豊かなものとは、何事にも左右されず、有する思想などは、思考停止に陥られ、落胆し、錯雑な運命へと敷衍していく意識的な端々で磔にされるだけに、自らの意思とは、疎外されるだけに至り、浸る意味へと引き裂かれる思念が、濫觴するものを織り込むだけに、定めるべき位置とは、用いられる言動に支配され、芝居を続け、つたない思いに空腹を授け、裁かれる言動や、原型をもとどめぬ間にほころぶ愛や、縫合される先々に現れる橋を伝い、たどたどしい意味に迫る虐げられた意思や、意味に固結するだけの段落へと引きこもるアイロニーや、愛惜へと服従するだけの悲しみの奴隷から、隷属するほどに、この国家というものは、哀れを背負い、何かを強制させるだけに恒常しているかのように見せつける間にも、愛憎は憤懣を投げかけ、不安は倍増し、何かを背負う事が、あたかも正しいものであり、義務に伏するだけに、退嬰的な思考を掲げ、乖離する実情から逸脱したら最後だとかいう幻想を背負うだけのギミックを自らに背負わせ、その義務に呈する者だけを信じ込む辺りから、名前へと引きずられ、悲観するだけの制限から、生命とは、愚行へと至り、浸る精神的な依存性が、制度を浮揚させ、最たる意味を疎外された答えから、最愛のものを損なうだけに、いたずらに増えていく憎悪だけが、現在に懸隔を生む。産み落とされた原理へと敷衍していく意識は、邂逅せずに、ただ短絡的な領域に、互いの分岐点を与え、弛むだけの心情へと齟齬するほどに、飽和へと陥り、何かを埋めようと錯乱するだけの欲動から、動じるだけの精神は、既存のものを信用するほどに、飽き足らないものを追い続けるだけの悲観へと陥り、自らの緯度を狂わせ、定理にもとづく判断から、半減していく意識的な飛揚から、翼賛されるだけの物事を低劣なもので埋め込むだけの欲望的な何かが、金塊を生み、心の貧困から生み出された貧寒な欲望から、悲観していく精神は、既存のものを信条に、従事するほどに増す快楽が、マゾヒズム的な適応へと俯瞰をせめぎ合わせるほどに、あいまいな感情へとがんじがらめになり、一切は、恒久的な不幸をよぎられ、ナイトメアを見せる限りに乾いた精神は、律動せずに、輪唱する神話へと偏り、自らをカタストロフに追いやり、遅疑を繰り返し、頑迷固陋に至るだけに、変化しない善悪や、昨日に現れる懸隔や、単純協業へと朗唱される真実と怠慢な現実に退廃的なモジュールを大量生産する過程にモラルが輪唱され、距てられる一生に背反すべく、すべてを、捨てるという意識すら、反する事に至らぬから、至らぬ愛とは、破壊に陥るだけに浸る現実へと恒常的な腐敗をモチーフに、観点を疎外させ、最愛のものを失い、喪失感にゆだねるニヒリズムが、誇張する一切合切に正論は無く、ただ俯く加減に果てるだけの心境は、永久に結ばれずに、この内面的な普遍性へと陥る先に用いられる悪意へと根源を移し、生存する事を否定され、貧寒な意思が用いる権利に根ざした古びた意味を買い取るだけの欺瞞から、懐疑的な日常へと発散されぬ純真無垢な命は、居心地が悪く、構築されるだけの規律へと律するものだけを信じ込むだけに、心理的なものに陥り、見知らぬ病の名前を背負わされ、細分化される意思は、気質を用いられ、性質へとゆがめられ、誰かの正常さを、背負わされる事により、病気という義務を孕まされ、配膳されるだけのものを食し、廃棄処分にされるまでの長い道のりを能動せずに、受動的に受け入れ、偏る思想が、どこかに行くことにより、未熟な意思を正論へと変え、正義を、自らに背負わせるだけに、体系的な義務へと陥り、用いる権力が、モラルを打ち立て、互いを恨むだけに、前衛的なものを損ない、そこかしこで戦争を生み出し、すべてを憎悪の構築物や、増幅するものを模倣したり、模造品を氾濫したりしたキャピタリズムが施したもっともな快楽の傀儡として、指定される義務へと陥り、横暴な思念は、やがて反復する憎悪へと飲み込まれ、自らの意志などは、瞬時に損なう。