読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高揚感に包まれた意志


 意味をたずさえぬ革命は、互いの利己心に攻め入られ、苛立つ本能が邪推を重ね、裏切りを重ね、観点を疎外させ、世界を奪うだけに至らせる悲劇を薙ぎ倒すほどの力も無く、補填され、補完されるだけに保護され、捏造されるだけに、斡旋される神経へと疎外される記録の中での語弊をたずさえ、語源をうやむやにし、憎しみを増加させるだけの退嬰的な法の傍観者として、漆黒の闇へと加速していく機械的な制度へと加工された品位は、貧寒なものを折り重ね、道徳を貴く結ぶような試練を求め、体制にこびへつらうだけの宗教へと腰掛ける偽装される真理にもとづくセオリーが、精悍なフリをして、憎しみを増加させるだけのコイルとして、数多の理由を加工するだけに、悪意は加速し、足かせをはめ込み、世界性を奪うだけに至らせるだけに、多目的なものを補完し、報償を求め、反復する執拗な仕返しばかりが迫り、狭い価値へと押し込まれ、止めどない苦しみへと運ばれていく意思的な汚穢から、終わりに結ばれるだけの過程へと締結していく意思的な催しへと引き込む辺りから、汎用される意思が、形式的な疫病を流し込み、混同する意識は、願いを叶えるために重なる意識に永遠性を巻き込み、漫然と過ごす日々に体たらくなものや、低劣なものが迫り、用いられる価値にカタストロフを告げ、つたない意志にモラルを用い、戻るだけの意識は、形式的なものに支配され、侵攻してくる意思が、形式的なものへと偏るだけに浸る意識的な押収品を裏で売りさばくだけに至る。痛みを歌う分裂的な彼女の心音が反響し、加算されるだけの数理に利得を用い、攻撃的なインクで汚すだけに、系列を打ち砕くような慈しみをたずさえ、屈折した意思を引き離し、完全性を取り戻し、ロジカルな浪費から、空回りする現在の空虚さに卑屈さを取り除くような転成を繰り返し、駆動する思惟から、従えるだけの意識的な枯渇を埋めるだけの互換を終え、高揚するだけに昇華へと至らせるような創造性へと帰り着き、戒律を打ち破り、ビジネスライクな言葉に消費されるだけの価値を捨て去り、納期されるだけの明日に機能するような機械へと育てられるだけの惰性な教育よりも、自ら進んで励む勉学へと浸透する意識は、陰鬱さを超え、自らの情熱だけで、哲学をこしらえられる前に、斡旋されるだけの影を追いかけるだけの熱情の乏しさを称えるだけの虚栄を超え、凍える意識の孤独から、衰亡するだけの影の言葉で埋めるだけの虚空から、鼓動すらも聞こえる孤立無援の日々です、と鬱々と虐げるよりも、すべてをひるがえし、意味と君の間に緩慢な作用を生み出し、不満だけに擁護されるだけの日々に悲観は似合わぬから、似通うだけの意味を捨て去り、些細な痛みを緩和させ、寛容に物事を受け取り、簡単に受け入れぬように、安請け合いするだけに卑劣な意思は、自らのアイロニーの隘路で閉鎖的な熱情をこしらえ、横溢する瞬間に飲み込まれ、幼稚なものへと錯乱していくだけの虐げられた意思は、季節感を喪失し、自らこしらえる苦しみへと染みいる意味を観点にせずに、知恵を加速させずに、知の中で飼いならされた品位を真意として捉えるだけに、優劣と善悪の狭間で加工されるだけの法へと体系化していくだけの模造品として生きるだけに指定される義務へと発信されるプロパガンダから、オプティミストが大量発生し、大義を失い、ただ喪失感に悶える傷に集まる蛆として生きるだけに浸る現実とは、知を持たぬから、その場で這いつくばり、意思的な奴隷として、虐げられているなど、という意識をたずさえ、悲観するだけに至り、或いは、憎悪し、ルサンチマンに媒体するだけの意思的な寄生を繰り返し、腐りきったものを吐き出すだけの汚穢以上の汚さを保つ人間という哀れさを謳うだけのレイシストどものツールとして生きるようなルサンチマンに指定されるだけの日々へと不潔に加工されたコアのカオスへと混濁していく意思的な終わりへと引き返す終末論者として、論難を超えられずに、こだわるだけに、光景へと敷衍していく意識は、敷居を高くし、何かを卑下し、悲劇へと陥れ、虐げるためだけに従え、弛緩するだけの規律へと敷衍していく意思的な拗れから、動機は白昼夢をさまよい、妨げられるだけの形あるものや、価値観に引き込むだけに至らせる俯瞰は、悲劇を算用するだけの計算的な馬鹿者として、体たらくな自己に落胆するだけに浸るような空間的な悲劇を加速させるだけの遊戯を繰り返し、遊離する自己は、ただ高尚すらも掴めず、ただ高次に浸るだけに選民思想的な記号化された暗鬱な人間性が、制度をふやけさせ、済世を求めずに、ただ短絡的な破壊へと至らせるような信仰的な破壊へと排斥されるだけの人間的な哀れみに加工された同情へと浸るだけの正義が、偽装を繰り返し、悪を捏造し、状況を悪化させるだけに至るような規律ばかりが、今を距て邪魔をするならば、自らを鉄槌として育て、惰性な意思や意識を壊し、新たに進むべき道を、何度も作り続けるような者であり続ける。