読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

克己し続ける意思


 どこにも帰らず行方を消し、季節に隠遁し、マインドをリセットし、落ち込む夕日に隠れる悪への誘引や、万世になびく悲観するだけの価値にカタストロフを謳うだけに現時点は、ベテルギウスの涙に解ける身体が原子をも捨て去り、内面的な欺瞞を捨て去り、離人的な乖離から、虐げられた身体を捨て、補完される位置から、引き出す意味に引きつけられる以前に、全容に猛る思いが、昏睡しても尚、導かれる現在に結ばれる定理を捨て、自我に帰結するほどに飢渇するという矛盾を孕むだけに痛みは増し、慢性的な痛みを抱え、腐りきった内情に孕む意味から、既往は咎めずに、対比されるだけの感情に環境的なものを持ち込み、戻されるだけの感情が、過去から流動し、流出する本質は、姦佞な性質を用い、人間的なものから抜け出せずに、裁断を下される自己を傍観する利己的な不純から、不悉を重ね、懐疑的な日常にカルマなどを謳い、罪を加速させるだけに、自らに足かせを嵌め、世界性を奪われるだけに不純なものを重ね、自らの汚穢の泥濘に嵌まり、ノイズをちりばめ、寄生するだけに至る現在に悲観するだけの観念が、勝ち誇るためだけに虚栄を重ね、うそぶくだけの真実に時系列は、ふやけ、不要なものばかりを集め、酩酊する現在に退嬰的なものを用い、改善されない痛みは、時代錯誤に陥り、老化する身体を卑下するばかりで、緩和しない私情は、ただ何かを恨み、優劣を付けるだけに至らせるようなものを課せるだけに、自らを融和させるべく、アイロニーに陥り、何かを解消しよう、と潔癖的にぬぐうために錯乱する感性は、監視下に置かれ、緩衝する事無く、感性を損ない、そこかしこに油然とわく憎悪を味方に付け、嫉妬心を燃やし、憎悪の業火で自らを焼き払い、悪魔的なものに変わり、人が生み出した神を利用し、こころの領土を奪い、脳内を快楽で染め、受動的に執り行われる儀式的な反映から、相続される観念は、飢餓へと陥り、所詮用いるだけに満たない価値などは、汚い機械として利用されていただけに満たず、徒に過ぎ去り、這いつくばり、ひがむだけによがる意思は、コンテンツを失い、内外に果てる意思は、敢行すべき意志を持たず、ただ関連するものへと依存し、損壊するだけに至る痛みを培養させ、色あせ、浅はかなものを利用し、虚像に打ち出す贋物の価値に犀利な理由を持たずに、理想を追求するだけに陰る本質が、派生する意志へと群がる本質に離別し、シーンに逆上していく思いが、負担を重ね、籠城する意思が、枯渇していく。意思的なまがい物を集めるだけに踊る価値は、過去をすなどり、牛耳られるだけに、奴隷として生きる快楽だけに、悔悟をため込み、たじろぐ意志は、老後を心配するばかりで、自らの色彩を失い、統合されるだけの原質から、偏執するだけに至らせる痛み、と悔悟の隙間にあらわになる悔悟から、あいまいま毎日に迫る寂寞に縫い付ける改善されない痛みからの飛躍を求め、非合法の宇宙を突きぬけ、独占されるだけに、毒された感性に統合されるだけの核を握りつぶし、記号化するだけの希望から、亡命して来る感情から、統制されるだけの眼球の奥底で見つけた憶測に制圧される以前に、全容に欠けるだけの位置的ないびつさに忠誠心を謳い、大義を用いずに、ただ止揚され、利用されるだけの混淆が生み出す番号制の夜から、俯瞰に迫る、不潔な税で、我々を締め付けるだけに、思考とは死滅する。死した後の星の青から、靄然と潜む静寂の彼方で、加算されるだけの原理と記憶との差異から、原子と緩慢な感触に内蔵される観点が、競うだけの価値が謳うだけに、用いられる善悪と、その内部でひしめく似たようなものの闘争から、生み出される似たような価値を違う値で買い取るだけに浸る快楽から、関与する間にひしめくあくどい征服を複製するだけにアニマが購うだけに擦り寄る価値に加算されるものを愛するほどに、ねじ曲がり補填されるだけの感情に大意を持たずに、ただ意志に間違いを食い込ませ、朽ち果てるだけに至る惰性さに浸る勝利を求めるだけに、強制されるものへと引き込まれ、混濁する意志は、根底から腐り、腐りきった感情が、願いを続け、綴る物語は、他者から乖離できずに、何かに偏り、自らを信じる事を忘れ、自らの罪を、誰かに着せ、既成のものを信心し、自らを勇躍させずに、斡旋されるだけの観念は、少々の金銭で満足するように仕組まれた義務へと偏るだけの偽善へと混濁し、高揚する事を知らず、失意を重ね、抵抗する事を知らずに退行し、貸与するものへと服従し、毎日の借金を返すためだけに、体制へとこびへつらい、自分を見失う。