時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

高尚な孤独


 静謐にゆらぐ仄かな観念を用い、緩衝する間に悲劇に陥るだけの住まいから離れ、蔓延る悪意に従属するだけの鍛錬を知らぬ意思からまがい物を振り払い、はじまりを謳い、恥じらいを知らずに、希望と自由を利用し、領土を奪うだけの闘争へと発展するだけに至る人間的な愚かさを謳うよりも、用いるビジョンに盛られる毒や、持ち込まれる倫理におとずれる体系的な擦れから発展するジレンマから、与えられる軋轢に批判的な原生的な人間が用いるアニミズムや、無神経な若人の莫迦さ加減を謳う愚かさにマインドを捧げ、毎日をアイロニーで染めるだけにできあがるニヒリズムや、デカダンスや、ルサンチマンを掲揚するだけに至らせる悲劇的な人間性から、制度は付着するだけに至り、浮揚するものは、嫌らしい人徳を掲げ、卑劣な行為に陥るだけの卑賎な観念が生み出す利用価値から、公序良俗などを謳い、整容されるだけの階級的な観念とは、貴族的な者が用いるだけの、官僚的な観念から、階差は生まれ、退廃的なモジュールを生み出し、独占欲を用い、誇示する後に利己的な支配を継続させるだけの死へと嗄声を促せ、世界的な穴に没落し、悪趣味なものへと追従し、貧賤な者が打ち出す金銭欲から、貴賤さを謳い、差額を支払うだけの淫蕩に耽る欲望の犬を毛嫌いする潔癖症的な観念こそが、いちばんの汚れを持ち、持たされる汚穢で、自らを汚すだけに浸る関連性から、律動していく音と音の隙間におとずれるレジスタンスどもの征服欲に吹き荒ぶ意味から、邪推を続け、甘い汁を啜るだけに至らせる権利から、権限は、用いる権威に偏り、加減を知らずに、何もかもを、破壊する事だけに偏り続ける意思の変遷をたどり、退屈に生じる経済的な繁栄を求めるほどに、自らに足かせを嵌め、身近な者を恨み始める限りに、陰る本質は、加減を知らず、互いを恨むだけに至らせる同情へと陥り、動向を奪い、漂う意思は、体現されるものを知らず、用いられるものを信用し、信仰へと至り、浸る意味へと観念は収奪され、何かの価値に陥る限りに、課せられる痛みへと散漫な意識は、訝るほどに、嵌まり込む痛みへと懐疑的な日常に斡旋されるだけの無神経な陰りから、乖離していく意思が、痛みを繁栄させ、蔓延る悪意を充満させ、慢心を誘い、死へと誘うだけの形の終焉から、周辺は、超越を知らず、自らを超克し、超人へと至らずに、人権を用い、持たされた同意から、同情へと相互依存し、シンパシーを謳い、蔓延る悪意へと高慢なものを用い、何もかもを牛耳り、支配へと至る経路から、契合されるものが、迎合され、空疎な理由を持たされ、用いる権利により、自らを物質として崇める間に、愛は、生活のために死滅し、信じるべき自分も、利口な犬として、口実を補填し続けるだけに、旋転する意思は、自己犠牲の美徳や、産んだ者を愛するだけに、補填される同情から、道理は、不満を用いずに、ただ用いられることを信じる事こそが、いちばんの美しさを孕むのだ、という示唆を含んだ大量破壊兵器的な意思に同調するだけのアイデンティティーは、破壊される事を美徳とし、歯がゆさを自らに孕み、自己嫌悪や、自己顕示欲の狭間で、蔓延る善悪を対象に、互いを咎めるだけのリベラリズムや、アナーキズムを恨み、コミュニストや、交互する意識に互換されるだけの資本へと加速していく遊離する意思が、犠牲を孕ませ、蔓延る悪意へと荷担していく権力的な倒錯や、闘争し続けるだけに、腐敗していくのが、権力を持たされる限りの力に繁栄していく腐敗であり、俯瞰にせめぎ合う意思的な汚穢が示す値から、空間的な腐敗を叫び、跨ぐ意思に憤懣を掲げ、重ねる愛は、厭う事だけに関連し、観念は、関係するほどに加盟国を増やし、複雑な領土に蔓延る点と線を結ぶだけに、境界に深まる憎悪が、ルサンチマンを生み、テロリズムへと至らせるだけに、善悪は、解消されず、緩衝する事を知らずに、互いを咎めるほどに、深まる溝が生み出され、何事も入り込ませぬように鎖国し、独裁国家へと成長を遂げ、社会主義的な監視下に置かれ、情報統制の中で、敷かれたレールを進む事だけに、視界を失い、聞く事を知らず、聞き取る事を知らぬままに、成長を遂げる事に用いられる権利に偏るだけの嘘を吐き出すだけの無記名な革命家たちは、攪拌される権利へと厭うだけの形や、価値に偏るだけに、自らの住まいを捨て、もてあます自己を暴走させるほどに、補填される権利へと偏り、普遍性を謳い、自らを裁判官として成長させる事により、拘泥する意思は、もっともな暴力を生み、止めどない暴走へと至るだけに、自らを暴力に荷担させ、自らが産み出すものにより、自らの終焉を迎え、自らの終わりにねじ込まれる意思に批判的なものが迫り、自らが産み出したものにより、自らを破壊し尽くすの、だ。