時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

成熟


 意味に深化するものが、大量に押し寄せ、君が神か? 或いは、へだてる領域に持ち込まれる力を神として崇めるほどに、人間的なものに関わり、ポリティカルなものに陥り、閉鎖的な理由を綻ばせ、反省を促すだけの罪をかぶるほどに、領域は、狭い価値へとカタストロフを迎えるだけのベクトルを溜め込むためだけに、この命は、制圧され、圧死すべきなのだ、と促すような独善的な法に囲われ、形だけの倫理の襤褸をまとい、マゾヒズムを加速させ、観点を奪うだけの折檻を加えられ、偽善的な支配から、シンクロする苦しみへと移送される屠殺場へと向かうトラックの中で、計算済みの地味な人生を呪うだけの人間的な哀れみなどに、同情するほどに、人間的なものに荷担し、果敢に挑む事を忘れ、我が物顔で何かを批判するだけに至るような独創性も無い駆除すべき学者どもがのさばるだけのアカデミズムを破壊すべく、すべての意思とは、着込まされた意思を、ただ、自らの言葉のように述べるだけに至るような勉学は、既存のものを何も超えられず、ただ、備わるものを愛し、平々凡々が良いのだ、と妥当なものを愛するほどに、今すぐ年老いるだけに至り、愚行を続け、行為に水準や、疲弊した観念に併用されるような答えを鍵として扱うほどに、自らの意志を簡単に開け、誇示するだけに浸る言動に陶酔するだけの理論から、交錯する現在に等差を用い、観点をカーストで染めるだけの正義の犠牲として支払われる義務をよぎらせ、諦観するだけに至る今の牢獄に入れられ、居心地の悪い世界を、世界として認識すべきだ、とせめぎ合う意思は、善悪を使い、正しい者を模倣すべきなのだ、と同じような良い人間をでっち上げ、正しい者であるべく与えられる軋轢により、もっともな悪が、純化し、破壊を厭わぬ権力に荷担するだけの正義が、悪をでっち上げ、その者を無理矢理に罪を着せ、捕まるだけに浸る快楽だけを追従する正義が跋扈するのが、この民主主義や、資本主義の哀れさであるのだ、と騙るコミュニストどもの閉鎖的な考えに還元されるだけの原理にもとづく反抗とは、ただ、破壊をもくろみ、言葉だけの革命へと発信されるだけに退嬰的なモジュールへと化するだけの革命機械に陥り、開眼せずに、前すら見えない意思に語源を授けるような安易な読書により、住まいを閉鎖的なものに変え、打開策を求めずに、ただ、破壊的に至るだけの化身を愛し、偶像崇拝的に革命を賞賛する。抑揚を失った革命は、帰り道を失い、誰かを愛する事をやめた。漂う意識は、白昼夢をさまよい、最たる意味を喪失感で埋めるだけに怠惰な身体を引きずり、利己的な精神は、抑鬱状態に至り、浸る意味は、失った意味の倍以上のいびつさを抱え、自らの暗鬱さに屈従している。嬲られる精神は、過去から引き出される思いに枯渇していくだけの精神の育雛から離れ、自ら飛び立つべく、その閉鎖的な現在に澱み、とどまるほどに膠着していく意思の硬さを突き破れぬ精神の軟弱さを奉る自己が傍観するほどに、同化しよう、ともくろむ離人的に改ざんしていく意識的な他者との交通へと疎外されるだけの意思を傍受し続けるだけの監視下に置かれる自己を破壊しよう、ともくろむ他者の意思を介した利己的な自己へと拘束されるだけに浸る鬱々とした現在の位置に引き戻されるだけの、すべての意思に反し、自らの純粋な意思だけで判断を繰り返し、反復し続ける先に生み出される強度だけが、見出す意味に接続される苦悩を取り払い、自らが自らに緩衝し、何事も和らげ、確かな意味へと書き換えるだけの自らの認識だけを、本質として捉え、今の苦しみとは、過去から与えられるわけでは無く、今に迫る善悪により、解消されない痛みを、自らの意思で生み出しているだけに満たず、その場で苦しむ意味とは、今に繰り上げられ、その場で屈従させるべく、誰かの意思を介し、苦しみを、あたかも共有しているように、強要されることにより、苦しみ自体が偏り、事態を重く苦しいものへとさせ、さらなる苦しみへと至るような今に絶望とは、課せられた義務ようなものに変わり、其処で苦しむ事こそが、正義であるかのように示すような虚偽を用いる暗鬱さを切り裂くような一筋の光りを生み出すのも、自らの意志だけであり、誰かの意思とは、今に緩衝せずに、ただ、緩和を求めるほどにからまるだけに至り、痛み精神にひずみを与え、互いの痛みに依存的に関わるほどに、かかずらうだけに至り、そこに同情心や、動機を不明確なものに変え、明晰なものに至らず、ただ、関わるほどに深みにはまり、堕ちていくだけに至るような共依存的な関係から離れ、自らの意志で、すべてを翻すことに、真実とは、生まれる。