時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

語りかけるもの


 静謐に繰り返される予言が、現在を伝い、厳正なる時を愛で、神秘を渡り、儀式的な婚姻に酔いも覚まされ、迫害され続ける先に生まれるエレジーがたまり、ニヒリズムへと進行し、疎外感に震える孤独は、やがて乖離的に自己を傍観し、仮死化する自己の表面で、何度も何度も、永遠回帰を続け、果てしない意識の旅を続ける遊牧民的な意識は、休暇を求めず、ただ、退廃的な意識が結ぶ強制的な労働へと従事し、生きる事よりも、生き延びる事だけに偏り続ける審美は、醜いものを作り出す欠如へと至り、浸る意識的な根源は、攻撃性を用い、モチーフとされるものを憎しみ続け、見つけるべき意識も、言い分けがましく否定的な原理に捕まり、伝うものも、悶悶としていき、イデオロギーが生まれ、フラストレーションを溜め込み、体系的に拘泥していくだけの意識の汚濁へと住まう価値観が、加点するものを生み出し、生まれる意味も知らずに、ただ、従えば貴く結ばれるような価値に見出すべき意味も、今に浸るだけの原理にもとづく返事も、どこかあやふやで、あいまいな価値を生み出すだけの欠如へと浸る結実さに嫌悪感を引き出し、悲観するだけに打開策も見出せずに、制限を用い、精霊との会話を続け、つたない意識は、機械的な道理や、憎しみから逃れようと、寂寞へと儚く従事するメランコリーな者の影に捕まるだけの遺伝子的な懐疑から、インモラルな衝動を敷衍させ、質感を奪い、怠惰なものを収奪し続ける先に対立する風景や、フュージョンし、音と死の合間のジレンマを打ち出すようなビートを織り成す意思は、具現化されないものを愛し、あいまいな今に司る語源を集め、厳寒な時に対立し、対比されるだけの還元から、大義を持たずに、闘争へと陥る若気の至りだ、と謳うだけの保守的な理想に、思想など無く、ただ、互いを咎め、邪魔する事だけに実権を置き、互いの権力闘争に巻き込まれるだけに、個人の持つ意味などは損なわれるだけに至り、訝る現在に限度や、言動など無く、なぞるほどに、深まる謎が、今に起算するものを集めるだけに、採算合わせを繰り返し、合する意は、広義に解釈できずに、自ら用いるカースト的な階差から、大差を引き出し、互いを咎めるだけの理想へと帰巣させる保身から生み出される怠惰な意識が持ち出す価値に逸脱し、一過性のものを崇め、対立する化身を軽信するだけに、怠慢なものを引き出し続ける自己が生み出す利己的な心情に孤立していく不謹慎な実情に迫るモラルへと奪われるだけの質感を追い続けるだけに触れたいという一心で、意味合いに不潔なものを用い、その場で用いられる欲望へと沈み込む静寂で永遠性を求め、酩酊し続ける先に懸隔は現れ、物事に狭まらない距離を用い、物事を席巻していくだけに死は深まり、負担を用い、物事を死の恐怖へと追いやり、応じる答えへと退行していく精神性は、赤子のままの物語を加速させ、過信していくだけに、模倣するものを生み出し、その者を歪んだ愛で愛する事に補完される意識的なよろこびは、快楽的な信号を押すために脳内を掻き乱し、戒律を生み出し、見出す意味から、未来にあらがうほどに、乖離していく意識は、敷居を持たず、ただ、受け入れるほどに、自らの強度は増していく。育成すべきは、制約を持たずに、価値観を屠るような強さを持つ者であり、そこに用いられるファシズムに利用されずに、己の意志で動き、己の意志だけで追求する先に、真理も持たずに、ただ、寛容に受け取り、システマチックに処理するよりも、動機に不純なものが用いられ、物事を汚す事に専念するような意味を吐き出し、迫害されても尚、抵抗し続ける先に死をも超える理由が産まれ、流動する意志は、ファシズムニヒリズムを飛び越え、怯える意識から抜け出す。先々で乖離していく理由は、複製されるだけの真実を崇めるためだけの規律や倫理へと偏り、それを、当たり前のように強要し、共有する事により、よりよい社会などを生み出されるのだ、という幻想から、原則は加工されたギミックで人民を人形に変え、出来合のものを信仰するために、神に変わる金銭を生み出し、その汚い信仰心で生み出す偽装された真実に固着するだけの答えに膠着し、一貫した不満を持ちつつ、その意味から抜け出せずに、普遍性という信仰を続け、死よりも恐ろしい生を仰仰しく清潔なものとして捉え、途絶えそうな意識を、必死に掴もうとするほどに、振り払う他者を介した贋物の意識は、意味に幽閉され、優美なものを見出せずに、贋物を信仰し続け、つたないものを愛し、汚いものへと陥る先に生み出される清め、祓うという意識すらも贋物であり、ただ、贋物が、贋物を綺麗なものや、汚く醜いものとして扱うほどに、普遍性の強度は増し、既存の規律や、意味の中に幽閉されるだけに終えるの、だ。その意味から抜け出すべく、用いられるもの、すべてに反し、破壊的に至るよりも、暴力的に至り、意味に耽るだけに至る快楽などに陥らず、自らの意志で、抵抗し続ける事だけに、あらゆる意味を超克し、超越する先に見出す意味だけが、本質や、真実すらも超えるのです。