時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

砕身


 一帯に葬られた健気さが転換するものが、模倣を続け、現を抜かすだけに浸る意味へと普遍性は逆上し、情交に緩和しきれぬ思いが、質感を損ない、感応すべき今に妄想するだけに至るような俯瞰から、感覚は損なわれ、ひれ伏すだけに至らせるような枠組みの中で、真っ赤に燃える情念も、相互するだけの愛へと補完されるためだけに、ためらわずに、枠内へと屠られる実情に乗じるだけの運命論的な束縛や、即席の思いをふやけさせるだけのジレンマへと欺瞞をため込んだ混濁するだけの意識的な配合を終え、相似するだけのものへと偏る思念が、自責の念を授けるだけに浸らせる不満から、犠牲的なものや、同情的なものが司る愛の退屈さに、過剰な思いを吸い込むだけに、起算される現状へと変容するものが、つたないものを複雑に変え、かけがえのないものとは、怪訝なものを生み出し、動作に慟哭を捧げるだけに、些細な出来事へと旋回する意識的な終わりや、応じるだけの答えに退行していくだけにほつれる意味に昏倒していく意識の汚穢を掲げ、課せる意味や、陰鬱な衝動へと生じる運命的な同化から、加算されるだけに、退嬰的なファシズムを抱え、加工される義務をルサンチマン的に呪うだけに能動する意識の境目へと生まれる差別的な何かが、低劣なものを吐き出し、ファシズムの獅子奮迅から、浸透する反逆のセオリーを、悲観する者が、批判的に乗り越える事により、応じる答えへと慢性的な病を生み出すだけに至らせる定理へともとづく、物事の制限から、聖俗と良俗の隙間に現れる偏執するだけの差異にもとづくエゴが、提携するだけの意思的なモジュールを生産し、生後からはみ出すものを、懐疑的な何かで束縛するだけに浸らせる意味に、哲学すら用いぬから、考えとは、唾棄されるものとして、あらゆる汚穢として指定されるだけに儀式化したすべての主体性にもとづくエゴを吐き出すだけの時間へと偏る使命が生み出す悲劇に加速し、悔悟をため込むだけの幼稚な企みばかりが、初心さを破壊し、蔓延る悪意が、提言するものを信じ込むだけに、そぐうものを相互交換させるだけに、交流する意識は、恒常的な適齢期を生み出すだけに、定期的な不信感をあらわにするだけに、蔓延る悪意が、あいまいな今にしょっ引かれ、判然としないものを信心するだけに、神とは捏造され、寝過ごすだけに浸る現実的な乖離へと引きずり込まれるだけの意識は、真実が、なんたるかを知らずに、合致しない意識は、正常さを用い、モチーフとされるものに宣言されるものだけを真実として受け取るだけに貧寒なものへと引きずり込まれ、混濁する意識は、陰鬱な衝動へと照合するものだけを、本質として受け取るだけに、奪い合うだけのやましい観念が加速し、改善されない関係の中での対立から、律する意味に反乱し続ける反乱分子たちが、配備される間に用いられるだけの規律に抑圧される事こそが、この生き方などに呈されるだけに、黙す意思が虐げられ、意味もわからずに支払わされる義務へと空疎な物事へと旋回するだけに、自らからはみ出せずに、その周囲をめぐるほどに、補足されるものや、補完されるものへと満足を引き込むだけに、応じるだけの義務へと拘束されるほどに、補填されるものとは、ただ従う事により、幸福とは、飼い慣らされるだけの義務を買い取るだけに浸るだけに終えるだけに、応じる答えへと、引き延ばされるだけの身体は、自らの不満にすら気付かずに、ただ着込んだ意思を脱がずに、ただ与えられたものを着込むだけで満足するだけに終え、応じるだけの答えに迫る軋轢にすら気が付かずに、浸る意味へと露骨な支配は加速する。足かせとして世界を呈するものに支離滅裂な意思が迫り、思考停止へと誘うだけに至らせるような無機質な対立から、統治される事をよろこびだ、と不満すらこぼさずに、善良な市民などを謳うほどに、鮮血に染まるだけの出来事へとデータ化される他者の身体を借りたよろこびは、露骨な支配をよろこぶことにより、寄りかかる普遍性や、同調や、同一化を繰り返す事により、不安をかき消すだけの孤独を知らぬ、オプティミストにならぬように、宣言に深まる悪意に転嫁するものが、擦り寄るものとの婚姻を求め、原因に迫る軋轢へと偏るだけの思想や、心情を破裂させるほどのジレンマや、人寰に潜み、隠遁する意識的な崇高さや、印象に果てる形式美から逃れ、名称から放たれ、空間と時間から、ねじれ、自らの意思で、見つける空疎なものに落とし込む過激な思想から、心情とは、総和せずに、ただセンチメンタルなものを疎外させ、最たる意味を見つけるべく、言い続ける事により、強度が増していく事へのよろこびだけに、沿い続けるような意思を吐き出す。