時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

契約を破る美しさ


 夜通し見つめる火のぬくもりを伝う意識的な都合を合わせるだけの精神世界での対立を終え、偶像崇拝に至るだけの完備された世界へと運ばれる意思的な終わりに蔓延る悪意などを牛耳ろう、ともくろむ独裁的な粛清が迫り、狭まる価値に安易なものを求め、席巻するものに跪き、乖離していく意識を傍観する離人症的な憂鬱に引き伸ばされるだけの幼稚なギミックに専横され、行き違う意識へとスケープゴートし、神々しくも裁かれる身体を蝕む永劫を不潔に思い、今に散り行くものを形成するだけの権利に移送されるだけの権力から、嵩ましされる痛みへと運ばれる苦痛が、追憶を蝕み、虫かごの中の私や、あいまいな泡になるような荘厳な閃きへと交通していくおのおのが、撹乱する現在に悲歎に暮れ、自らの空虚さに入れ込む価値観などは、すぐさま利用されるだけに、価値を無くし、荷担するほどに、その価値とは、加算されるだけに、代価を求め、報復や代償を用い、何かを破壊し尽くすだけに席巻される意識的な汚穢へと加算される意味合いに帰結していく意識的な指定から、神話的な契合から、啓示されるものに支配され、信仰心だけが、錯乱する現在に定理を結び、盲信するものを蹴飛ばし、自らに帰り着き、戒律に妨げられずに、邂逅する間柄から、あいまいな愛は、確かな愛へと形状を変え、確かな愛は、足かせにならずに、何事をも超越する事からシステムを翻し、悲観するだけの現在に蛇行する意識を長じるものが、永遠性を伝い、償いを求めるよりも、その罪と罰に攻め入られるだけの値に用いられるだけの価値観に違いを求めるよりも、自ら見つけ出す意味に凌ぐものが、思考停止へと誘うだけの価値の家畜として、資源利用されるだけの機械的な入れ替えを行われる傀儡として生きるよりも、行き違うものが、背徳を繰り返し、反芻するものが、憎悪で染められ、悪意へと変わり、偏執する意識は、超克すべき安易さを超えられずに、こしらえられるものを信じるだけに至り、訝る事を知らず、ことごとくに支配されるよろこびを用い、求められるほどに、用いられるものに補填され、悲観するだけに至る精神構造は、広義に解釈できずに、同じものを、同じ位置に用い、同じ事を繰り返すだけに至るような幼稚な企みの枠内に収まり、おぼつかないものを信仰するほどに、浸透する概念を邪推できない観念は、存在の中にからまり、名付けられるものを崇め続ける事だけが、自らの価値を確かなものに変えるのだ、と妥当な者が促すカタルシスに、加工される意味に偏向する意識から、陰鬱な証拠を残すだけの衝動的な傀儡として、相対し続ける先に対立し続ける痛みが対比するものが生み出す善悪が捉える物事などは、贋物であるし、やがて、用いられるものに支配されるだけに芝居を続け、旺然とまばたく瞬間の美麗さに花咲く毒々しいものが、虐げる現在に寄贈されるものを受け取るだけのよろこびへと思考は、偏り続け、つたないものは、破壊的な情理へと昇華し、証拠も残さずに、濃厚な時に感ずるものを返照していくものを拝み、配膳されるものを食い散らすだけの動物的な還元から、解除を求めるだけの精神的なあいまいさに固執していく精神的な汚穢から、書き換えられるエゴへと住まいを移すだけの動物的な移動から、印象にとろける交合から、魂胆は、掃きだめに運ばれ、リベラリズムを浸透させ、心情に統合されるだけの正常さを武器にちぐはぐなものを映像に変え、倦怠感を促し、自傷行為へと至るだけの牽引から、逸脱し、引用されるだけの身体を掻き乱すだけの定理にもとづく永遠性が、演じる事を続け、つたない意識を掲げるだけに、緻密なものを失い、倒錯し、闘争するだけの善悪や、是非の隙間に現れる差異との邂逅を終え、嗚咽を促し、窮理に至り、抵抗する事で超え続ける意思は、意志の力だけで、意味を敷衍させ、不潔な意味を清めるような儀式的な精神分析を続け、つたない意識に長じる由縁を飛び越え、とぼしいものを掲げるよりも、価値観に屠られ、縫合される先々で定理に導くだけの一途な純愛や、奴隷と化するだけに禁忌に摩耗され、意識的な抑圧により、自らの意思を失い、傀儡として生きるよろこびが、よりよい価値として提示するものを愛する事により、ことごとくは、苦しむだけに緩衝できずに、互いを、違う者として認識し、互いを、支配する者として提示される事により、愛は、その場で屈従するだけの物質として変わり、関わるほどに、互いの愛に蝕まれ、互いの安易さに支配され、成長と遂げずに、統合されるだけに苦しみは増し、慢性的な痛みを配するだけの痛みを培養するだけの価値観に襲われ、応じる答えに用いられる痛みに万世は屈辱に染められ、添えられる永遠は、苦しみに屈従するだけに至る。