時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

叙情的な傘


 過ぎ去る場面が断続し、弛緩していく感情は、路頭に迷う事無く、言葉数も少なく、因果律から離れ、銀河へと旅立ち、立ちすくむ思いが、恒常的な理論へと陥る以前に、前頭葉を走り抜ける天馬や、勇躍する主観からあふれるものが、物語を硬直させ、引責し合う限りに、互いの罪で咎めるだけの今を拝むような信仰心が、かかずらう瞬間から羽ばたき、ただ現れるものを愛する事から、相知る事に成り得、なまめかしくなまけるほどに、捕食されずに、その場であふれる物事を謳歌し、ゆっくり考え動作するということは、この場で操作されずに、創造的に舞うのであるし、やがて溌剌とうごめく輝くためだけに、ためらわずに行き交う意味を交差する由縁とぶつかり合いながら、長らくにせめぎ合う形や、価値観を屠るだけの連中が謳う至極のものなどは、物質的な余裕を蔓延らせるだけに、無残な空しさを形成し、欲動するほどに、どうにかなっていく意思は、道理に適う事無く、ただ度重なる欲望へと住まいを移し、奪われる人徳から、ジンクスなどを屠るだけにためらう意識は、互いを咎めるだけに威勢をふるい、ふるいにかけられるだけの他者からの対峙から、対立するだけの偶像へと至らせるだけの悲劇へと換算されるだけの数理にもとづくエゴイズムが、恒久的な意思を放つ間に、あいまいな今が加工され、仮死化していく意識は、泰然として物事を受け入れずに、ただ焦燥感に互いを途絶えさせるだけの関係へと依存するだけに、終末論的なノイズや、憎しみを孕むだけに、蔓延る悪意に定理を投げ捨てるだけの陰惨な輩が、排除を謳い、自らの苦しみを、何かを批判し、否定する事でしか解消できない惨めな輩から奪い取られるだけの精神性などをかなぐり捨て、猜疑心をフォーマットさせ、慢性的な痛みに受理する心音やシンフォニーや、分断する音と音に迫る乖離していく主体性にもとづく主知だけをたどり、英知へと至り、真理にもとづく答えともどもも、もどかしいものを運び出し、そこに権力を用い、答えへと引きずられていく価値に浸るだけに至る権利に牽引され、インモラルなものを奔走させ、包囲を加工するだけの法を誇張し、偏った真理にもとづくものだけを信じ込まされていくだけにまさぐられる精神は、信用を用い、自由を与えるかのようにもろもろの価値を囲いながら、今を膠着させ、次なる痛みへと蔓延る悪意を充填していくだけに至る。引接される意味は、接続される意味へと引きずられ、悲観していくだけに対立し、貧寒な今に緩衝しては、対立し続ける意味が闘争を続け、終わらぬ戦争へと描写をくぐらせ、空間的な猶予を捕食し、喧噪で戒律を用い、物事を強権体制により、支配するだけのモラルが伴奏を続け、退廃的な幽遠に巻き込まれる今に奇抜なアイロニーを放ち、油然とあふれるセンチメンタリズムを処理すべきアナーキーな思考や、生じる運命にリベラリズムを謳うほどに、羽化する事情とは、その場から花開かずに、自らを枯らせるだけに至り、与えられる自由へと、自由を損ない、そこかしこに用いられる個人主義に強奪される意識は、強迫的に自由を求める事の愚かさに気が付かずに、陥る先に用いられる自由を信じ込む限りに、真理とは失われ、とぼしく募る思いは、つたない意識を買い取るだけの独善的なものへと倒錯し、得策を求めるあまりに、あいまいなものを信じ込み、つたない意識は、主体性を求める事は、愚かであり、誰かの言葉や、何かの言葉にすがる事だけが、物事の正しさを見極め、何かを知る機会なのだ、と促すだけの愚考こそが、歪んだものを孕み、勇敢な思想に至らずに、思考停止し、侵攻する意味との対立を終えずに、ただ白旗を揚げ、受け入れるだけの価値の家畜か、奴隷として過ごすたびに同情は、善悪を対象に、大衆的な論理へと損なうだけの価値を屠りながら、葬る矢先に陥るだけの意味を価値として捉え、自らが与える影響こそが、意味を知るのだ、と促す限りに価値は、意味を飲み込み、その価値に含める不満や、憤懣を瀰漫させ、苦悩を工面するだけに、草臥れた意識は、外観を破壊するだけに至るような概念が専横し、占領するだけの観念が、寂寞をも飲み込み、自らの静寂へと帰り着かずに、戒律を用い、物事に統合されよう、ともくろむだけに、模倣する真理にもとづく傲岸不遜なものが迫る深閑へと逃げ込む意識的な乖離から、理解を深めるほどに、ため込む苦悩へとためらうだけの精神へと迎合するだけの意思へと戒律を用い、裁きを下そうと、もくろむほどに、人間とは、黒々としてものを、自分自身の中に飼う。