読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

かかわるものすべて


 次々と存在とは、不確かなものになり、担う意味も、背負う是非も邪魔になり、存在自体の軽薄さに捕まり、身動きも取れずに、取り繕う意味や、戸惑うだけに、統合される正常さを、押し付けられ、倦怠感を抱え、物事を卑下し、意志に囚われ、力の使い方を誤り、何かに加担する意思は、機械的に至り、気配を隠し、こき使われ、かき乱される意思は、意味自体を見失い、物事の根源をさまよい、原理に捉われ、わずらわしい意味の中で背反できずに、屈従するだけに至り、代価を求める自らの女性性的なメカニズムへと衰亡し、痛みにのたうちまわり、似たような者が、似たような者を愛する、という、独善的な手法に囚われ、互いを、咎めるだけに、兌換されるものに、価値は偏り、意志にしろ、物にしろ、持ちすぎることに働く優越感は、感覚を鈍らせ、何かを見下し、虐げるだけに至る意思は、自らに従わず、外から与えられる圧力や、弊害に屈し、自らの偏った意思に屈従するだけに至り、隷従する意思は、ねじ曲がり、物事の軋轢に耐え兼ねずに、理想を、思想として認識し、利用するだけの価値に浸り、悲観するだけに、擦り寄る意思は、歩み寄るのでは無く、感覚を奪い、意思自体を奪うべく、そっと近づき憑依し、貧寒なものを謳い、同情を誘い、誘発する涙などは、贋物に過ぎず、今に償いを孕ませ、意味に閉じこめるだけの悲しみに利用され、理性を失い、意思自体を喪失していく。関わるもののすべては、術を失い、今に期限を用い、錯綜する意思に混濁し、枯渇し続け、つたない欲望に支払われる代価を追い求めるだけに至り、悲観し続けるシステム的なものに囚われ、統合されるだけの意思的な疎外感に降り注がれる可憐な一秒に相姦するものが、高揚感を示し、空と希望の間に示されるバランスを壊すような仕組みが、ドラムロールと共に現れ、復元されるものが、問答を繰り返し、枯渇する理由が、自由を求め、追従するだけに至るような囚われから、わずらわしい理由を吐き出すだけの原理にもとづく平行線をたどり、世界性を打ち砕き、次元を壊すような鋭利な定理に基づき、現れるものを、超え続ける者が、超え出る先で見出すものだけが、未来に成り得、成し遂げる後に複製されるだけの真実などは、人間により、作られたものに過ぎず、原意に至らず、原因に閉じこもるだけに至り、訝るだけに浸る意味が出現し、壁になる。打ち砕くべき鉄槌として、あるいは、飛び越えるためだけに生まれる今に浸るだけの意味に昏倒せずに、劇的な飛躍を続ける先に、あいまいな理想を持ち出さずに、先々で生まれる真理を、神秘として捉え、拘泥せずに、後退せずに、突き進む意志だけが、軟弱なものを打ち砕き、モニュメントにしかならない視界に広がる答えに空疎な理由を突きつけるだけに、偏る理想が、善悪を突きつけ、是非を問う辺りから、退廃していき、加減を知らぬ、幼い理想は、破壊する事だけに魂胆を置き、創造性へと至らずに、内面性を破壊し、現れる意味との対峙から、対等なものなどは、対等と思わせるだけに、わずらわしいのであり、対等などを持ち出す辺りから、平等などを謳い、動機を奪うだけに、強制的な矯正を用い、制度を用い、一個人を専有し、利用するだけの価値へと持ち出される国家などは、空疎な名前にしか過ぎず、用いられるナショナリズムに、ロジカルなものは無く、ただ、衝動的なものや、欲望や、感情だけに注がれる情熱は、情念に至らず、憎悪へと変わり、個人的な私怨が、ルサンチマンを巨大化させ、ペシミズムへとひた走り、テロリズムへと至る事に、ロジカルなものは一切無く、ただ、感情により走るものに、理想や、思想などは無く、ただ、耽溺する意思に利用されるだけに至る現在に悲観するだけの痛みから、印象を受け取り、経過するものを、正しく認識できずに、意識を咎め、淘汰されるだけの意味に研鑽され、顕在するものを、確かめずに、ただ、感情のままに突き動かされるほどに、補填されるものは、短絡的な怒りであり、悲しみであり、肯定し続ける意志を忘れ、ただ、わずらわしいものと対立する快楽へと至る事により、偏る意思は、もっともな偏りを生み、自らを、カテゴライズされる中で八つ裂きにさせ、支えとなるものを奪う権利に相互するものへと引き裂かれ、境目も無く、打ち続ける意思のミサイルで、自らの心を破壊し尽くし、続く限りに迫る意思は、狭い価値へととどまり、透過できずに、汚濁の沼へと自らの意思で嵌まり、意味を受け入れられずに、堅持するだけに、誇示するものへと昇華させられるような強制力から、驕傲な意思を生み出し、意思に足かせを嵌められ、認識自体をゆがめられる。嵌め込まれる意味に帰巣する真偽にもとづくエゴが、理想を打ち砕き、希望を生み出す手立てをも破壊する原理へと偏る事に寄りかかるペシミズムにこそ反し、加工される品位や、倫理こそが、偏った理想を生むのだ、と。