時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

世界との総和

さえずる時の声や、哀願するだけの陥穽に嵌った、災いにたむろする傍観者や、約束を裏切り、均衡を打ち破り、幼稚な理想を掲げ、意味に昏倒し、倦怠感を促し、理由を持ち上げ、もたげる意味に屈従するほどに、魯鈍な意思を吐き出し、かかわるほどに、論理に捕まり、伝わるものが、伝わらずに、立場を使い、理由を流動させ、些細な意味に閉じこもるだけに、堕落する現在に浸りきる意思が、機関に捕まり、権力に捕まるほどに、魯鈍な価値を吐き出し、破壊的に至る感性は、果敢に挑むことを忘れ、猥雑なものに浸り、悲観する生命は、朗唱される真理や、漏出していく因子に基づき、空間的に倒錯し、純粋なものを失い、弊害を生み出し、自ら退廃するような生き方に配される愛が均等なものを用い、奪い合い、阻める価値から流浪し、有するものに見出す、悲劇に同行する気質や、卑賤な者が生み出す、攻撃的な補正や、補完される意思に基づくエゴへと理性は損なわれ、ただ、用いるものに倒錯し、還元されるものに押し込まれ、拘泥する意思は、意味から抜け出せずに、代価を求め、払われる義務へと形骸化し、介する間に支払われる義務感に交錯する安易な接続を繰り返し反復させ、正義が謳う犠牲心にしりぞき、汚い価値や、機械的なものを組み立て、互いを咎める理想が、生み出すリベラリズムなどは、自由を履き違え、個人が持ち出す優越感にひたるだけに、悲観していくような間隔に嵌まり込み、破壊的な意思が受理する希望に引き裂かれていく。君が、測るものでは、私は、測れず、私は、測ることすらせずに、寛容に受け取り、距離や意味には閉じこもらずに、こじ空けるような強さを持って、締め出された意味との、闘争をはじめ、消失していく現在に懸隔を用い、陥落するだけの理由へと有する価値を掲げるだけの安易な闘争から、犯意にもとづく意思への閉塞感から、独占欲に浸るだけの関連に連動していく本能的な凡庸さに重ねるだけのエゴや、広域に示される私怨の元手を買い取るだけの偽装から、疑似的な恋愛にもとづく愛も、紐解くと、その場での家畜として生涯を終え、嗚咽を促すだけの印象にうそぶくだけに堅持する意味が、開示するものも、本質を損ない、行いに閉じこもるほどに、愚鈍なものへと陥り、応じるだけの意味に閉じられる現在に証拠を残すほどに、魯鈍なものに変化し、その場で屁理屈を促すだけに、意味に阻まれ、奪われるだけの権利を追い求めるほどに、構築されるものは、既存のものにからまり、加工されるだけの意思が奔走し、加算される言動へと肉迫せずに、権利を謳うほどに、ごまかす痛みから、微かな意味に紐解かれるものも、非合法なものを用い、有する価値を強請り、カタトニーへと至らせ、咎められる今に保身を用い、保護されるだけに、囚われ、加工されるだけの今に真偽を残し、引きずられる価値へと、仮想していくものも、創造性を失い、自らの空虚感に妨げられ、案出したものも、今に咎めるだけの時間や、次元にとどまり、咎められる今に起算されるものへとスクロールし、衰亡するだけの意思が、偏執し、偏見を促し、変化を咎め、途端に現れる空虚さに飲み込まれ、能動する事を忘れ、ことごとくに排出され、強盗されるだけの統合性や、透過されずに、濁されるだけの今に排出されるものへと汚されるほどに、籠城していく意思は、自らの意志だけで引きこもる事によろこびを感じ、感慨に耽るほどに、負担するものが、時間を超えられずに、今に襲いかかり、往生に浸るだけの空疎な生命の互換から、悔悟をため込み、相対するだけの善悪を対象に、大罪などを与え、たゆたう現在にたむろする悪意が、回収するものに修繕される先々で、執念を吐き出し、指図を受け、その妄りに迫るだけの憂鬱へと偏執していく澱みに歯止めされるだけの定理にもとづく整合から、迎合していくだけの暗闇に加工される義務感から、寂寞へと惜別していく空気感に迫る懐疑から、加算される言動に蓄積していく制限から、さえずる記憶が吐き出す傲慢な時にひずむ対象との倒錯から、截然たる差が生まれ、境目を用いるほどに、その場に現れる深淵は、無神経に意味を記憶し、帰属するものへと色あせるだけに、惰性なものを信心し、思考停止に至るだけに浸る痛みから、悲観するだけに解消するものへと接続される先に移行していくものや、印象に統合され、掻き乱す意味や、今に支払われる義務感に解消していく痛みに差異を用い、簡素な理由に倒錯するだけの激動を超え、陥落せずに、昇華へと至り、寛容に世界を受け取り、世界を、世界として認識させる君のエゴから、緩慢な理由を吐き出し、差し違えるだけに至る知があらがうほどに、この生命とは、燃えていき、応じるだけの答えに加工されずに、自らのカオスに陥り、自らを打ち倒す先に現れる力に形式は無くなり、権利を用いずに、権力を蹴散らし、自らの意志だけで、暴かれる先で暴れ尽くすほどに、抱擁する宇宙に帰巣し、記号化されるだけの物質的な憂鬱に捕まらずに、自らの創造性だけで、正解すらも超える。