時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

集約


記憶に霞む、昨夜の声、イデオロギーも死に、導く気配も、私利私欲に汚され、開眼すべき現在に、見るべきものも無くなった、飽き飽きとした主体に打ち付ける闇が、冬の静謐にモザイクをかけ、見え難くする余韻や、強請られる過去から、枯渇する呼吸や、心音のシンフォニーや、枕がカサカサ鳴るだけの、眠れぬ夜の鼓膜になびく永遠性のぬかるみに嵌り、拘泥する意識や、感覚を損ない、ただ、憂鬱に忍ばせる有限な時に、厳格なものが迫り、狭い価値に陥れ、今に嵌め込まれ、数多の痛みに圧壊していく感情が、健気さを損ない、忽ちに現れるものが障害に変わるから、と君は頓挫する体系的な夜や、火傷した恋に行方を拡散し、自らを隠遁させ、誰もが、君を忘れるまで、自らの孤独に入り込み、輪唱する所以や、虐げられる思いにかかる軋轢や、曖昧な現在に転化していくものが、意識を奪い、脳内を循環する悪意のようなものが、感情に形跡を与え、傲慢な策略や、有する価値に沈み込む所以や、勇敢さを用いずに、感覚に支配され、自らに突き刺さる痛みに苦しむだけに、困窮していく今に瀰漫するものが、不安を煽り、与えられるもので満足できずに、ただ、重なり合い、多目的にぶつかり、ためらうだけに咎める間柄に撹拌され、乖離してゆく意識は、空白を埋めるために、意識的に互換される義務的なものを、愛として強制的に受け入れさせ、その、愛のようなものが還元し、勘違いを生み出すだけに至らせる代償などを求める価値を、すなどるだけの恋愛的な虚像を崇拝し、自己犠牲の精神に歪んだ価値が、緩和できず、和解にすら至らずに、総和を求めるほどに、利己的なものが、互いを咎め、悲観するだけに至る。主体に打ち付けられた是非は、互いの善悪に問いを重ね、今に疑問のノイズを与え、弛む現在にモノクロームな悲劇が迫り、狭い価値へと落とし込む。収容される愛は、自らを恨みだし、カタストロフへと誘うだけの終末論的な愚行から、行為は、魯鈍なものへと変化し、偏執し続ける意識に傲慢さを用い、今に迫る欺瞞や、偶感から引き出す悔恨などが、中空をさまよい、有する価値にカタトニーを生み出し、奪い合うだけの価値へと偏り続ける意思が、ドメスティックなものを持ち出し、一貫した暴力性へと悲観していた精神は、一途な夜へと結ばれずに、昔話の中に閉じこもり、倒錯し続けるだけに、つたない意識は、言い分けを重ね、偏る思想は、相違するものを生み出し、合間に亀裂を生み出し、軋轢を与え、こじつける意図を破壊するに至るような悲劇から、確証できない痛みに這いつくばる夜から、屈折した感情が、利己的なものを吐き出し、破壊的な条理に導かれ、今に織り込まれる痛みの虜になり、担う意味も、にじむ痛みに這いつくばる快楽から、かいがいしく受け取るものも、強制的に与えられた影響により、寄りかかり、酔いしれるだけに至るような快楽へと浸るだけに、メランコリーは加速し、今に枷を嵌め、世界性を奪い、奪われるものを、取り返そうと迫る意思は、報復のためだけに、ためらわずに、何かを傷つけ、露見するものを咎め、正義を騙り、自らの意思が示さぬものを信心し、身ごもる意味を、大切にできずに、ただ、互いを咎める間に生まれる軋轢から、現れる暗鬱さが、全体主義へと陥り、互いを信用できずに、密告し続けるような社会主義的なプログラムや、汚濁へと流されていく問いは、統合を求め、誰もが、同じような考えに還元されるようなものを経済的なものに変え、ただ、従う事だけをプログラミングしている価値の規律を保つためだけに、悪をためらわずに疎外し、処理する間に迫る疑問すらも無くし、ただ、従う事だけに重点を置くように仕向けるようなプロパガンダが横行し、応じる答えだけが、唯一の正解であり、あらゆる原理は、権力により、偏る事が、正解であり、それが、世界であり、社会であるなどと語る者こそが、姑息なものであり、誰かが語るものを、あたかも自分が生み出したかのように仕向けるような普遍性こそが、不潔であり、市場に迫る閉塞感を生み出すだけの規律に吝嗇なものが謳い出す結末へと運ばされる意識は、瓦解できずに、何かの批判を恐れ、疲憊するだけに至る苦悩から、有する価値へと加工され、邪推するだけに至る苦悩へと、能動性を忘れ、ただ、動静する事だけに重点を置き、応じるだけの答えへと偏執していくだけの苦悩へと兌換されるものだけが、唯一の価値である、と宣言するような、あいまいな欺瞞から、空疎な理屈を捏ねる現在に、点在するようなものが、意識を屈従させ、従事すべきは、生活をとどめる事だけに、命を燃やす事も無く、今に不衛生なものを掲げ、重なる出来事に参画する謀反を行わせぬように仕向けるような仕組みへと配膳される餌を食らうだけのファシズムの迎合から、厳冬に迫る孤独を恐れるほどに、価値とは、誰かの手により、偏り続け、本質とは、貧相なものになり、掲げられた道理などは、理屈を用い、誰かを批難するだけに至るような世界に、正解など無く、今に用いられる純粋さなどは、経済的なものに支払われる優越感だけを与えるだけである。ただ、私は、莫迦が用いる欠如した価値が大嫌いであり、用いられることごとくが、幼いころから大嫌いであるし、用いられるものなどは、なんの意味も孕まず、そこに、創造性も用いぬから、大嫌いなままである。