読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

用いられる間


 なじる後先に、無情なものが注ぎ込まれ、境目も無く、混濁する意思に判然としない結論に、結合されるだけの散漫な意識に緩和すべき愛も、対話を失い、相互に作用せず、転化していく量と質を謳うだけの価値観に、けちくさい法で加工された人民のプロセスに織り込まれる奴隷の意識や、儀式的な観念に経路を移し、悔悟をため込み、斡旋されるだけの感覚は、堕落した市民を形成し、市民を惰眠に耽らせ、俯瞰を奪い、感覚を麻痺させ、意識を牛耳る意識的な緩衝から、総和へと至らず、ただ闘争と倒錯の日々を繰り返し、利己的なコードを渡るだけの退嬰的な分裂を繰り返す、意識的な対立を繰り返す離別し続ける意識が、開眼せずに、対価を求めるばかりで、目先のものに頓挫するだけに、淘汰される感覚は、価値観に屠られ、宝前へと祈りと呪いと散華を繰り返し、固定され、膠着するだけの意識に配膳される餌をむさぼるだけの貪婪な餓鬼として、改定されない意識的な規律の傀儡として、命令されるよろこびや、誰かと同じであるという安心感で、安易で愚直な意識は、規定されるものを信心し、思考停止へと誘い、無機質なものを信仰し、無記名のアイドルとして、崇拝していく先々に定立していくものが、敢行する意志に批判を下さず、ただなあなあにし、使命感をくすぐるだけに、くすぶる命は、誰かの安易な使命を背負うだけの義務感に迫られ、形骸化するだけに至る意識は、聖骸布でくるまれた意識的な連帯感は、滑落するだけの意識的なアナクロニズムを重ね、念頭にするものを恨み続けるだけのルサンチマンへと成長させるだけの信仰心をくすぐり、空虚さを埋める神を設立し、整合するものだけを信心するだけのプロセスへと移行し、分断される意識は、ただ信仰するものだけを信じるだけで、生きているのだ、という妥当さで諭すだけに至る生命は、制限を加えられ、利己的な罪と罰の魑魅魍魎として、生きたままに敗残していくだけの区域に放たれるだけのゾンビとして、生きたものを食らうだけの欠如を抱え、結束すべく、すべてを繰り上げ、空疎なものを信条にし、透過されずに、自らの暗黒を育てるだけの惰性さに斡旋される清潔感も無い、アナーキーな感覚の傀儡として、加算される義務を破壊するだけに至る忠誠心を掲げるだけの中産階級的な革命の硬度から、確執をたずさえ、安易な中庸を謳うだけのニヒリストたるリベラリストとの対立を加え、興行的なものを掲げる快楽主義的なキャピタリズムの傀儡として、指定された踊りで、買い取るだけの物質に、毎日の位置を確かめているだけの獣として、血も涙も無く、あらがう事を知らずに、購うだけに至らせるだけに過疎化していく虚栄と虚偽の街を傍観するだけに至るゾンビとして、尊命される事で嬉嬉として死地へと向かうだけの戦争状態へと至らせるだけの世界性に正解も無く、正常なものを謳い、整序しようともくろむ権力のかっこうの餌食として、不格好な自己を争奪するだけの意識的な内戦から、規制されるだけにのさばる悪を仰仰しく掲げるだけのあいまいな安定から、協業へと至らず、独占的に奪うだけに浸る現実から、緩衝すべき愛を持たず、虐げるだけに体系的なものに関わり、退廃していくだけに至る藝術的な昇華を知らずに、創造性を捨て去り、ただ追い求めるだけに、老いぼれる精神は、見た目を信仰するだけに至り、見失った自分を見捨てるだけに至り、廃れる意思は、アニミズムを謳いだし、自然へと帰るべきなど、と抜かすだけに、抜かる意識は、欺かれ、裏切りを繰り返され、差別と侮蔑の間で、同情と正義が、油然と湧くだけに浸る現実に、感触も損ない、信じる愛も、そこかしこで憎悪へとすぐさま変換されるだけに至り、変化を受け入れずに、うごめく思念にまとわりつくものを愛して止まないものだ、と依存するだけの神経回路にしみこむ麻痺させるだけの毒素を含んだ快楽の傀儡として、自らの落ち度を認めずに、見積もるだけに身に降りかかる不愉快な事柄や、俯瞰を奪うだけの領土的な敗退から、対外に放たれる優美な欠乏から、埋めようと錯乱するだけの精神的な配管に流される愛に似た物質を飲み込み、あたかも、愛があったかのように示すだけの欲望から、要する形に均等なものを促すほどに、補填される愛は、あいまいなもので今を跨ぎ、慢性的な痛みへと欠乏していく意味合いに均等さを用い、記号化していく意識に、今が腐敗し、意思は、虐げられ、死へと追いやれるだけに連帯していくものへと帯同するものは、用いられる悪意へと偏り、従事する意識などは、すぐさま何かを裏切り、何かを信じる事も無ければ、独善的に振る舞い、毎日に競う事だけが、価値であり、互いをのさばらせ、博徒として生きるべきなのだ、と司る神がうそぶき、ぶしつけな者が意思に入り込み、独裁的に、意思を奪い取るだけに至る。