時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

閉ざされた意味を開く言葉

哲学とは、閉じたものや、暗鬱と孤独に行われるものではなく、軽快に軽々と乗り越え、活気にあふれ、情熱的に書き換える優雅さを用い、創造的に塞ぎ込んだ理由を飛び越える。希望とは、利用されるだけに至り、抱える意味を、散漫に支払い、緩慢に痛みを分散し、高揚せずに、公用化し、あらゆる規律で阻み、意味で侵略し、あたかも、現存するものこそが、確かなものであり、自分たちの、都合の良いように作り出された法を信心する間に、低劣なものが跋扈し、すべてを従え、虐げる。季節を兼ね合う心情に亀裂を与え、弛む現在に懸隔を与え、心の距離感に嵌め込まれた憎悪が、全体主義を生み出し、締結されたものが、モラルや、真理や、シンパシーを謳い、モノラルな感情に、理想や希望を使い、何かを洗脳し、意思を虐げるだけに至る世界から脱兎する。たちまちに現れる心残りに、拘泥する意識の狭間で、願い事などを放ち、問題を濾過できずに、互換し、狡猾な者だけが、答えを強固なものにし、雲散霧消とさりゆく形式に、理解などを求め、乖離していく今に阻まれ、数々のジレンマを折り重ねる。捻じ曲げられたものを愛するだけに、擦り寄る価値は、デカダンなものを生み出し、意味を占領し、意思を虐げる。価値とは、その場で屈従させるためだけに、ためらわずに迫り、君の意味を奪い、理由を収奪し、意思を損なわせる。仕損じた意味を追いかけるだけに至る自らの空虚さに耐えかねぬ孤独などは、今にかすかな痛みを与えるだけで、後先に、何の苦しみも、残さない。育てるべきは、今の純粋な意志であり、純朴に絶えず反する意志である。孤独に作用する意志は、偏向に至り、偏執するが、それを自ら正し、合致しないものも、自らの答えで、自らを席巻し、善悪を超えた辺りに、純真無垢な意志は産まれた、その純粋な意志の子供だけに、確かな愛を注ぎ、重複し、反響し、反復する自らの愛だけが、自らを育て、惰性なものに反し、自らを誇張し、短絡的なエゴイズムや、ナルシシズムを超え、新たな原理を応用し、説明されるだけのものを、科学的では無く、意志的に飛び越える回転する無限性へと沈み込む勇気や、優美に切り取る由縁に広がる過程から、混淆していく意識へとひずみ、幽遠に沈み込み、視神経を壊すほどに、光りへと包まれ、交互する意思が、季節を超えて、制限を含むだけの時間から放たれ、蔓延る悪意を証拠に残しながら、制約を澄ます悪意から、根源を引き取り、統括される現在が、悲観論者を引き込み、憂鬱へと偏執していく闇から、にじむ言葉をこぼし、あらゆる原理を超克する。凄艶にとろけ、ねじ込む言葉が乱立し、勇気を跨ぎ、さらなる不安を乗り越え、言葉を崩壊させ、世界から超越し、無情な時にほとばしるものが、正義を超越し、あらゆる痛みを崩壊させ、せせらぎ歌う言葉が流動する時折に入り混じるものが、文言を破壊し、乖離する辺りから、清遊を繰り返し、締め出される意識から排斥され、理由に結ばれる痛みから、つくづくは、排除され、柔らかな時に弄る観念が懈怠し、退廃的な今に結ばれる風景へと混ざり合う関係から、軌跡を解析し、歩く意味や、君の起源をたどり、愛をすなどり、頼りない思いを超越し、修羅を超え、拘泥する意味から季節を抜き取り、逃亡する先々に色彩を与え、整容される思いが、ちぐはぐな思いを、ひとつにつなぐ。ひとつになった思いを担い、はがゆくアンニュイな儚さに飛び交い、課せる理由を拒否し、躍動する物語へと大罪を謳い、大義を用いずに、律儀な思いが、エゴイズムを重ね、嗅ぎつける思いが、深淵にとろけ、希望を乗り越え、拘泥するだけに堕落し、滾る運命の行方に乗り込み、無くなった意志を追い求めるよりも、清涼な時に混ざり込む果肉や、果実を加え、訓戒を破壊し、蔓延る悪意を切り刻み、前衛的な思いを屠るような規律から、何度も蘇る不死身な意志を用い、何度も羽ばたく自由を重複させ、解する間に理解を加え、抵抗し続ける先に、チャンスは、何度も生まれるからには、継続し、続ける意志だけが、静謐へと沈み、静かな時を経て、阻まれる感情にねじ込まれ、深まる今に来すタイミングが、論理を飛び出し、自らの答えへと行き着く。傀儡として生きるよりも、記号に踏みにじられ、何かに支配され、機械的に生き、芝居を続けるよりも、自らの意思で学び、学び続ける先に形容されるものを、超越しては、さらなる動機に刑期を与えるだけの境域に用いられる正常さなどは、何かをうまく支配するための規律であり、法である。法に悪気は無く、ただ隔てる権利を含んだ規律へと含まれて行く悪意へと飲み込まれ、重なる痛みが、足かせになりながら、長らくに染み入る原理を引き離し、自分に帰り着き、戒律を超えて、純真無垢な自分に帰り着く。