読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

匂い立つもの


 静謐で、優雅な午後を堪能し、ゆるまる気分は、物事の緩急に隔てられず、自分が律するリズムへと、荘厳な思いを立証し続け、つたない思いに生じる痛みの刹那に、あるいは、きしむ感情を蝕む弊害の微かなゆらぎへと加工され、再生産されるだけに発生する所以へと関わり、からまる先へと振りかざす意味が、感嘆を誘い、いぶかる現用へと、掃き溜めのエゴで、悶える怠惰な年月に現れる、加齢の印を褒め称え、ただ若いだけでは、互いを忙しく批判し、咎めるばかりで、頼りなく、大概に果てるだけのジンクスを、神経質そうに集め、?痒を生み出し、かきむしる精神の彼方に、相互する依存的なものが、共有化され、許容範囲を超え、逸脱するだけに蛇行する満たない思いが伝える軋轢へと、消費されるだけの、怠惰な身体に吐き出す辛さのようなものが、身体に隔てられ、落胆するだけに至り、類似品を作り出し、レジスタンスを生み出し、奪い合う信仰から、行為元々に疎外される君の苦しみなどは、君が生み出しているだけに満たないのだから、その苦しみ、と気ままに遊ぶような遊興から、隔てる苦しみを超越する観念へと移行し、行為に批准するものに従事するよりも、証拠も残さず、攻撃的に至るよりも、いぶかり、何かを恨むよりも、世界をただ、信用するほどに、愚鈍な者になり、担うべき意味を見失い、ただ、反抗するほどに、跳ね返る痛みは、何倍も痛みを与えるが、自らの意思を見失わずに、謳われるものや、奪われるものや、露骨な支配へと至らせ、制するだけに至る君の密度に、密接していく力の波形や、派生するものを信用し、愛する季節へと崩壊していき、万物流転を繰り返し、仮死化する生命は、保身を捨て去り、傍観する先々に正解すら持たずに、解析する意味へと忍ばせる仄かなものへと沈み込み、深淵へと消え去り、ただ、選ぶだけに溜め込む偶然を利用し、偶像崇拝へと至らせ、アイドルを掲げるだけに、自己同一性を隔てるだけの倒錯を現在に生み出し、互いの影響へと高まる痛みが、手付かずのままに放置され、葬る後先に宛先も持たずに、繊細さすらも無ければ、自己の内外で果てる意味が、今を恒久的に苦しめようと迫る意味から背反し、徘徊する浄土や、かばい合う軌跡に悶える構成や、枠内に収まるだけに惰性なものを育て、互いを咎めるだけに浸る現実へと、加工されるものへと収まる監獄で、与えられる餌を貪るだけに、鈍麻な意識は、愚鈍な者へと退化し、麻痺していく自己を崇めるだけに浸る痛みに倍加していく価値の中で、自らのカタストロフを迎える。自己を破壊する一切のものを兵器利用し、有する形へと心中するような多目的な意思表示の彼方で、標記を失い、貪婪な価値へと破壊され尽くす自己を傍観するだけの乖離した利己的な自己の名付け親たる理想的な応用へと弊害を加え、堕落する瞬間に主体性は、一律の苦しみを疎外感だと加速させ、課せられるものへと並行していく意識は、言い分けを続け、つたないものを加速させ、すべてを枷に変え、自らを拘束させるようなマゾヒズムへと加工され、品位は、用いられるだけの倫理へと加工されるだけの義務化を終え、応用されるだけの原理へと精神性は、制度を用いられ、加工されるだけの品位へと捏造される苦しみを流布し、流浪する本心は、本質を損ない、そこかしこに憂鬱を媒介させ、爛れる意識は、憐憫を謳い、同情を繰り返し、独善的な催しへと蔓延る悪意を崇拝し、枢要なものを損ない、そこかしこに恨み辛みを溜め込むだけの退嬰的な理想を追求する似非リベラリズムを掲げ、緩衝する隙間に、アナーキーを提示し、露骨な死へと追いやるだけのギミックの一部として、大罪を掲げ、加算される状態に蔓延る意思が、寄贈するものを受け取るだけに、怠惰なものを掲げ、課せられる痛みの網にかかり、もがくほどに抜け出せない意思は、言い分を重ねるだけに、自らの嘘に偏り、本質を損ない、本心の底なし沼へと嵌まり込み、破壊的な情事に迫る事の発端は、崩壊するだけに至り、解放を目指さずに、ただ、籠もり、拘泥するだけの意識は、誇大妄想を抱え、横暴な意思に興じる苦しみへと移送され、居心地の悪い状態に陥るだけの軋轢へと至り、陥穽に嵌まり、蔓延る悪意へと理想は、バンダリズムを繰り返し、文化的な移流に反し、強制されるだけの関係へと結合され、熱暴走を繰り返し、構造を破壊し、カタストロフへと追いやるだけに、応じるだけの答えにせめぎ合う価値観の違いなどで、離れる愛などは、ただ、用いられるものを利用しただけに満たない愛を、愛なのだ、と促すほどに、互いを苦しみに陥らせ、満ちていく憎悪の証拠を滾らせ、その思いの印で、互いを呪い出すだけに朗唱される真実も損傷していき、逸脱する意思は、訝るだけの現状へと緩衝せずに、互いの苦しみを謳歌し、背負う義務へと批難し、悲観するだけに至るほどに監視下へと置かれ、関する間に立証されるものを迎合するだけの社会性や、照合するだけに符合するだけの同一化という退化へと向かい、対価を用い、物事を測る事だけに、拘泥するような意識的な酔狂へと陥る。