読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

視界の外

厳寒な時にかじかむ心が自覚することに、表現は固まり、偏るほどに、膠着する意識は、凄絶な時に隔てられ、惰性な意識が買い取る形式へと引きずり込まれ、自覚するほどに拘泥し、枯渇しても尚、求めるだけのものが、形跡を踏みにじり、悲観するだけに至り、労わることを忘れ、煩わしい批判ばかりを続ける全体主義的な衆愚が生み出す一党独裁的な力の収斂から、絶望を生み出し、根元を奪うイデオロギーが満たすものが、偏り続けるだけに、堕落した思考を生み、落胆するだけに、擦り寄り浸るものが、横着に迫り、気ままな意識を生け捕りし、生簀や檻へと放り込み、屠られる身体を傍観し、間隔を奪うだけの還元から、形成されるものだけを信心する。その過ちから引き出すものが、意識を膠着へと至らせ、阻めるものに抵抗するには、純粋な意思を謳う前の、自らの純粋さに気が付き、惰性な支配へと転ぶだけに、絶えない生傷や、名前を与えられるだけに、媚びへつらい、平衡を謳うほどに、インモラルな闘争へと陥り、短絡的な暴力を執行するだけの、権力的な何かのカオスに嵌まり込み、阻まれるだけに至る精神は、軽薄な信仰を生み出し、行為に批准するものに従事し、自らをあつらえるだけに至る贋物の自分を謳歌しているようなものを、生かされているだけに満たぬものを、愛してやまないのだ、と促す。


信頼感を促し、正義を騙るものが迫り、狭い価値に流動する悪は、自分が悪である、と認識させられ、強制的に、悪を演じさせられている快楽に浸り、快楽に還元されるものだけを信じ、自らの意思で、悪に浸り続けるだけの、傀儡として生きる快楽から、アンニュイなものを掲げ、健気さを損ない、其処彼処に、憎悪を撒き散らすだけに至る垂涎や、精神を奪い、自堕落な国家へと接続され、観念を吸い取られ、無謬性を謳い、実情に孕む子を、虚空なものへと変換し、関係するものを、カタストロフに追いやるだけの軽薄さが、能動的に住まいを破壊し、革新を謳うほどに、魯鈍な意識は、革命を、薄命なものに変え、死しても尚、馬鹿にされるだけの欠如を乗り越え、安易な支配の計略や、開示される恨みの根元や、権限を用い、何かを、占有し、占領下に置かれた意識の涅槃に潜むオカルトなものや、リリカルなものを持たずに、アナクロニズムに至り、浸る意識は、調和を求めるばかりで、とめどない保身に走り、悲惨な現状を愛でるべき間柄に補填されるものが、無神経に入り込み、軽減されない痛みが促す現実性などは、生活という監獄に入り込むのだ、などと促すレイシストは、自らを爆砕できずに、批判の中で溺れ、自己批判に至らずに、否定し続ける言い訳がましい差別から、侮蔑し続けるシステムの中で、自らを応用し、横領し続ける先々で蔑み、ぶり返す怒りを食するだけの、くだらないルサンチマンを生み出し、奪い合う関係は、愛を捨て、憎悪の業火へと陥り、自らの煉獄に住まう者と対話し、自らを包む一切を、悲劇的なものに変化させるような倒錯や、統合される精神に用いられる、成否や善悪が膠着させる意識下に用いられるエゴの歯車が回り、高揚感へと誘う憤怒から、自堕落に感染していくウィルスの脅威や、独善的に示す贖うだの保身や、曖昧な現在に卑劣なものを注ぎ、そつないものをリビドーに変え、抗うほどに、がんじがらめになり、憎しみを増加させ、書くこと以外は、傍観するに至る超越や、超感覚で、無意識を泳ぎ、文字を紡ぎ、哲学へと昇華させる微笑みや、抱擁する先々で対立する意識との調和を目指し、和解する意識の先々で乖離するものが総和し、統合が示す正常に背き、分裂的に飛び越えることが、精神性に基づく意味のコアを壊し、新たな理由の出現を喜び、既存の価値や規律が奏でる支配のハーモニーから脱し、自らのリズムを刻み、何事にも抑圧されずに解放し、楽しむとは、単に快楽に促されるだけにあらず、苦しみも厭わずに飛び越えるものが、今は、無価値であればあるほど燃え、何事にも屈さず、自らの意思を、高次へと至らせ、高らかに笑うほどに、誰かからは、笑われ貶され、なすられる痛みに、縋ろうとする者の脅威に、たびたび襲われ、押さえつけられるほどに、貶され、蔑まれた意識は、跳躍し続け勇躍し、躍動し、躍進し続ける。