読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

君と希望

 
 隣で眠る夢や幻が、因果にとろけ、熱情する本能は、凡庸な価値へと引きずり込まれ、同じ意味を、同じ意味の中で混同し、同化するだけに、補填される理由は、私情へと重なり、加算されるだけの数字にもとづく隷属から、本質を見失い、ないがしろにする瞬間に覆い被さり、横溢する気持ちを追いかけ、かかずらう意識にもとづくエゴへと硬直していく意味が、不可思議で、ふしだらなものを吐き出し、破壊的な浄土へと至るだけの形だけの楽園へと移行していくほどに、魯鈍な者が示す形あるものの脅威や、狂気を重ね、果敢に挑む事も無く、移動し過ぎる事により、寄りかかる意味から抜け出せずに、旅する意味を失い、生きるとは、その場で流動させられ、強制的に凝固するだけに浸る現実とは、動くほどに、利用されるだけに至り、堅持する価値観に、加工される意味との義務化から、独占され、私利私欲を運び出すだけの労働へと従事し、十全とした意味を持たずに、ただ、背負わされる意味に運び出す意味を垂涎するだけに至り、懐疑的な日常に埋め込まれるだけの意味から完結していく理由に促す苦しみを繰り上げるだけに浸る言動が価値観を生み出すだけに、加工される義務から、犠牲的な伴侶を生み出し、同情の子を産み落とすほどに、補填されるものは、普遍性へと変形していくだけの邪推から、あらゆる恨みを根源に、地獄の業火を生み出し、焦げ付く思いは、横暴な理由に気配を攪拌され、生きる理由などを求めるほどに、自由の中に収まり、自由を求めるほどに、自由の外へと出て、対外に放たれる理由は、意思を失い、ただ、破壊するだけに至る定理や、定義の中ででっち上げられる理由を元手に、涕涙へと至るだけの悲しみの不潔さや、俯瞰に迫る簡易な理由に戻される不感症的なエゴから、移送されるだけの俯瞰に迫る最愛の者すら裏切る互換性を終えた生命の終わりや、悲劇を重ねるだけに、退廃的なモノローグを繰り返し促し、、自らに反響する言葉が、環境を滅し、欠乏する理由に付属する完全性に、惰性で繰り返すほどに、習慣的なものに取り込まれ、儀式的なものへと痛打を与えられ、ぶたれるほどに快楽が増すのだ、とマゾヒズムに至るだけに、関係性は、雇い主と奴隷という関係に閉じ込められ、倒錯する原理や、加工されるだけに、飼い慣らされた家畜として、食われるまで待つというリベラリズムや、利害関係を保つだけに、立場に虐待され、関連するほどに、継続する痛みが、忌み嫌うものを運び続け、身近な苦しみや、空疎な頼み事や、対立し、血合いを施され、空虚な身体を抱え、食われるまで待つ悲劇や、絶望の全容に広がる虚空に描くべき希望との懸隔を埋めるだけの快楽に従うだけの保身が怠惰に至るまでの、分裂的な末尾に広がる過程にあらがうべき血族を絶ち、あらゆる意味に継続するほどに、権力とは、腐敗する。圧壊した心情をかき集め、抵抗すべく、すべてに吐き出されるだけの意味に浸透するものに背反し、付属するだけの意味に価値観を押しつけるだけに、王位継承を謳うだけに還元される価値の家畜として、意味の奴隷化を続け、つたない思いは、自己に虚偽を重ね、自我を騙し、時間論に閉じこもり、自我に閉じこもり、投影されるものを拒否し、距離感を生み出すだけに僻む精神性は、厭うだけに退嬰的な者に成り得、会得するものも、帝国主義的に孕み続ける専横する主義的な衆愚として、善悪の集合体を掲げ、全体主義へと陥る体制の不潔さに、とどめを刺すべく、ベクトルを、力から放ち、一切や、力の外へと吐き出され、印象に閉じこもるだけの絵画の外へと飛び出し、枠の中に収まるだけの形あるものの悲劇を乗っ取り、能動し続ける限りに生み出される死をも超えるような寛容さから、狭量な者が生み出す穎悟などは、うそぶくだけの真理にもとづくエゴが生み出した権力に偏る答えにもとづく正道や、整合を謳うだけの論理的な家畜として、指定される意味にギミックを用い、あたかも、義民として捧げる美しい死なのだ、と促すような戦争的な懇意から、緩慢な差異になびく善悪と生死の狭間で、生み出すべき正解は、世界から放たれ、個人的な憂鬱に郵送されるだけの悲劇の手紙を破り捨て、境目を持たず、ただ、宇宙規模にまで運動するような権力との闘争を行い、咎められるだけの権利にもとづく革命へと引き伸ばされるだけに、体系的な価値にとどまり、用いられる権力の虜として、革命にすらも、自由を奪われ、意味を見失い、短絡的な暴力へと陥るだけに用いる主義や理想や、思想などは、ただ、端的なものを失い、自らのニヒリズムを解消すべく、ただ、立ち上がるだけの力を、空しさに荷担させ、行動的な死へと追いやられ、あらゆる論理は、受動的な死へを向かい、ただ、破壊に荷担するほどに、用いられるだけの善悪に閉じこもり、等位や、統制されるだけの肉薄や、埋め込まれたコアにより、受け答えするだけの保身や、固執からは、本質すらも見出せず、誰かを出し抜くだけの傲慢さだけが、育つだけの教育こそを出し抜き、自ら考えアクセスする限りに多産され続ける意志は、創造性へと向き、ただ、創造的に送り込まれ、吐き出し創り出すものだけが、本質をも超えるのであり、その場でにとどまるほどに、その場で孤立し、孤独であるほどに、補完されずに、研ぎ澄ます感覚だけが、創造性に至り、解決すべきは、自らが描くものだけだ、と知るのです。