読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

苦しみを超えるもの

自由を用い、不自由を嘆くより、今に飛び交い、和むものを集め、苦しみをモチーフに悪を利用し、理由を奪うだけに、堕落する結末に潜むものに淀まぬように、自らの跳躍力を信じることの、強さ、よ。あるいは、けたたましくうなる魂の鼓動が、孤独こそ甘美で、完全なものなどあるか、と促す先に世界すら消え去り、汚い価値をあてこする偽りの価値を卑下するよりも、飛び越える意志だけが、意味を飛び出し、あらゆる原理を破壊し、たちまちに現れる苦しみを破棄し、果敢に挑むことを忘れぬだろうし、やがて、滑落する意識は、はつらつと生きることを拒否し、被害者意識を増幅させ、諦観へと導き、自らの未熟さに屈し、ペシミズムに至り、巻き込まれる痛みの幼稚さに、屈する意識は、拙い意味を持ち出し、自らの意思に屈従し、自己を失い、同一化される今に同化し、統一される観念へと引き込まれ、ごまかす間に、数々のジレンマを生み出し、引き出す意味も、不安を誘い、自らの価値を失い、喪失感に汚れ、擁護すべき自我を持たぬから、時間に誤りを生み、擦れる観念に生まれる深淵へと葬られ、自らの位置を求め、居場所を求めるほどに、殆どの距離は遠くなり、相互交流せずに倒錯し、怠惰なものを作り上げ、贖うほどに、幼稚な企みに心情は齟齬をきたし、機械的な道理に導かれ、国家的なものに、意思を奪われ、時代的なものに、考える意味を奪われ、従い、死しても尚、働く動機だけを肥やしに、自らを壊しにかかるだけの掛け合いから、数字に基づき、自らに弊害を与え、概念を捻じ曲げ、理解に至らずに、家畜として、与えられた餌に愛しさをばら撒くだけに、爆砕される真理は、一瞬の死へと追いやられ、自らに現れる荘厳な永遠性へと帰宅し、関する間に、悲劇は和らぎ、薄らいで、雲散霧消し、探す間に現れる苦しさなどは、すぐさま過去になるものが運び出す苦しみを再現し、差を用い、互いを咎めるだけに浸る苦悩や、能動し続ける先に用いられる価値などは、すぐさま消えてなくなり、今に用いるものなど、役にも立たず、怠惰なものを生み出す限りに、陰る本質や、硬質な意志を持たずに、軟弱な理想を掲げ、持つものばかりに偏る理性は、本能に支配され、腐敗するだけに至り、持たされた権力とは、力に支配され、ニヒリズムに至り、機械的に同調する、心理的な支払いから、落伍者などを生み出す正義にそそのかされる悪が、些細な苦しみで空白を埋め、運命を奪うだけに、対立する意思は、戒律を持ち出し、自らの苦しみに敷衍するものに、領域などを生み出し、未熟な思いを加速させ、帰属するものに来すものが、気配を消し、攪拌する現在に氾濫するものが、モンタージュするものへと、偏りを移して行き、いくばくかの可能性に兼ね合い、復元される原始的な論理に帰属する有限なものに、自己犠牲の精神を与え、意思を奪うだけに、あてがわれた同情により、補填される贋物のよろこびが、卑猥なものこそ、災いを生むなどと促す性悪説にアクセスする正義は、自らの卑猥さに気付かずに、自らだけを、正義として捉える先には、捻じ曲げられた正義が存在し、持たされた力により、自らを利口なものとして捉える先には、物質的な区切りから、供犠に浸り、自らを生贄にせず、作り出した悪を生贄として捧げ、自らの正しさを捏造するだけに至るだけの正義とは、自らの強大な力に腐敗し、正義による正義の破壊により、破壊し尽くされた純粋な正義は、自らの純粋さに気付いたら最後、消される運命だという悲劇を、自ら作り出しているだけに満たない、権力的な堕落から、フラクタルなものに現れる差異や、異化を生み出し、自らを騙し続ける先に、定理や公式や、倫理は無くなり、ただ、誰をも怪しむ猜疑心に苦しみ、強迫症的に取り締まる苦しみの外に迫る、精神的な圧迫感から、逃げようとする意思が倒錯し続ける苦しみを繰り返し搬送し続ける苦しみ自体が用いる猶予に嵌め込まれ、同じ苦しみを、自らが与えているという結末に迫る自らの意思的な齟齬から、空回りするだけの現在に求めるカタルシスまで至らずに、ただ、与えられる力が運び出す位置にとどまり、自らに誂える苦しみこそを、よろこびだと、履き違える先に現れる、新たな苦しみを反復させるだけの苦しみを生み出すのは、個人的な優劣が、今を不満に思うか、あるいは、今に現れる不安に押し出される苦しみを、世界自体に撒き散らし、自らのペシミズムにより、終末論を謳い、自らが生み出す苦しみをせき止められずに、認める先に現れる苦しみを受理し続ける限りに、形あるものの支配を受け入れ、自らの気配を隠し、未熟で、幼稚なままの意思は、自らの無知さに気付き、無知さを演じるほどに、未熟なものは、自らが生み出す陥穽に陥り、自らが生み出す苦しみを、苦しみ続ける演技に浸る。