読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

苦しみの訪問者


 性的な紋章を掲げ、空腹を癒やすだけの喧噪の誤解を解くべく、韜晦していく今に自己犠牲の精神を巻き込むだけに、関連する状態に宗教戦争を行わせ、横行する意識的な徘徊から、永劫へと引きずられる簡単なカルマをリベラルなものへと移し替えるだけの罪と罰の魑魅魍魎や、量子的な互換から、感性は、生涯を宇宙的な壮大さに吐き散らすスペクトラムから、傀儡と化する身体から抜け出し、エクトプラズムを吐き出し、破壊的な物質から、階差を生み出し、段落へと跛行していく軋むゼンマイ仕掛けの身体から、閑散とした主体に現れる孤独な酩酊から、深夜に供給される苦しみが食い込み、砕けた思いの進路を妨害し、真理を謳うほどに裏切りは増し、慢心を誘い、脳内を回転する懺悔とは、誰かが持ち込んだ理由にたわごとを抜かし、讒言へと至るだけの理念から、吸収されるだけの意図が、導く弊害を観念に生み出し、短絡的な善悪や、懸隔を生み出すだけに感覚を失う精神は、蓋然性を用い、モチーフとされるものを神として崇め、用いられる正義こそが、いちばんの悪を生み出す踏み台であり、俯瞰に迫る不安から、不信感を生み出すだけの信仰心から、改善されない今に軋むだけの身体から輪唱するものが、今を覆い、追い込まれた心情が緩衝できずに、互いが衝突する勢いにより、気負い続ける意図が、平静を保ち、互いを咎めるだけに浸る幻想からの離別や、理想へと乖離していく道理に空虚さを加速させ、あいまいな現在に転落し、怠惰な思いからの離別や、理性を保つほどに魯鈍な結末へと悲観していき、貧寒な思いを悔悟で巻き込み、混同する饐えた意識から、はどめも無くあふれる不安へと引き込まれるだけに、苦しみのシステムへと解消されない痛みを改善できずに、与えられる苦しみにより、苦しみを加速させるだけに満たない思いが、横暴なシステムへと服従していく。復讐の数字が、狭い価値に与える影響から、経済的な遊興へと浸るだけの空疎な政治から、監房へと入れ込むだけの法理から、フォーマットすべき過ちから、愛すらも迷妄なものへと陥り、サイコパスが横行する論理的な障害を与えるだけの定理から、哲学的な縫合を終え、嗚咽を促す世界や、疎外感に震える思春期から、緩慢な痛みへと相互していく思惟的な硬化から、姦物どもがうろつく獰猛な夜へと敗走していく由縁が軋む余韻へと加工され、ヒューマニズムへと児戯を重ねるだけのエゴイズムか、エコロジカルな思考から、生み出すミニマリズムが提唱するリリカルさを排除した清廉さに直結する自己顕示欲的な潔癖症的な顛末へと送り込まれるだけの善悪から、改善されない痛みは、何かを捨てる事だけで、満足から逃げ惑い、快楽を生み出すだけの枠内から抜け出せずに、ただ、快楽の中をぐるぐると逃げ惑うだけに至るよりも、その快楽自体を打ち消すような深みへと至らぬ知恵は、偏るだけの思想を生み、思想の中でリセットされるものなどは、革命という名ばかりの威信へと偏るだけの知識とは、思考停止へと至らせるだけに至り、訝るだけに浸る構造的な解除を求めるだけの愛護的な挿入を受け入れる処女的な結末から、改善されない痛みを受け入れるだけの肛門的な愛の受け入れ方から、カタトニーへと至り、初心な衝動は、汚いものを昇華できずに、汚いものを、受け入れられずに、ただ迫る汚さに屠られるだけの機械的な道理に乖離していく苦しみが敷衍し、収斂していく愛へと囲われるよろこびを知らずに、ただ、虐待された身体を抱え、傷ついた心を済世するような思想へと至らずに、遅延していくだけの意識に、截然たる壁になるだけのなれ合う精神や、兼ね合い続ける事により、精神を騙すだけの形式へと加工される品位が生み出した倫理とは、ただ、改心を求めるよりも、序列の中で保つためだけの道理を吐き出し、破壊者を押さえ込むためだけに、法で加工し、偽装する真理にギミックを与え、普通である事を提唱し、棄民に陥るような恐怖を煽り、横行する恐怖に理性を損なうだけの品位が、貧寒な理想を掲げ、真理に基づき、与えられたエゴを加速させ、授けられた権利により、権限を用い、物事を裁くだけに浸るような快楽だけが、人間を、人間たるものとして措置し、装置的に生み出される主義は、死を着込んだ独善的なモジュールと化し、与える影響とは、死へと追いやられる恐怖を煽るだけの恐怖政治から、競争へと駆け込むだけの愚論が生み出す結末に蔓延る悪意へと欠乏していく精神は、高次に至らずに、偏るだけに至る苦しみから、改ざんされる痛みに迎合されるだけのあいまいな現在に継承されるものを背負い込む事に、ことごとくは、恒常的な苦しみへと至り、痕跡をかき消し、介在する数多の痛みから、意味合いに不潔なものを持ち込み、儀式的な接続されるだけの定義にもとづく懇意な間柄から生み出す緩慢な関係から連動していく怠慢なものが、泥濘を生み出し、嵌まり続ける意思を傍観し続けるだけに至り、自分からも乖離していく。