読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

還元される苦悩


 次から次と、似たようなものや、同じようなものが生産され、採算を合わせようと目論み、用途を謳い、意思を奪う。シンプルな命や、新品の今朝を交換し、よどんだ日常へと血を吐き出し、カタトニーに至り、曖昧な現在に計測される思いに帰属し、浪費する過程に結ばれ、現前に蔓延るものにふれあい、浸る所以に排斥する論理や、定理を打ち砕くような奇跡を生み出し、配膳される餌を破壊し、自らに奪われる観点から寂寞を生み出し、均等な未来などは、すぐさま消え去り、最たる動機が廃墟と化し、還元される未来など大嫌いだと叫ぶ。悲観的な君が、泣き腫らした目で見た未来などに混ざり合う筆跡が、貧寒なものを奏で、ナショナリズムや、被害者意識や、回避し続ける内向的なものが孕む清潔感も無い感性がひもとく意味や、機関に関わり、簡単な権力へと牽引され、自らの意思を失い、ないがしろにされ、定めを失い、欠乏する意識に卑劣な偶像が迫り、偶然へと肉薄し、くたびれた意識は、乖離し続け、つたない意識は、改ざんされては、自らの正しさを見失い、自らに迫る苦しみへと咎められ、形式的なものへと散漫になる意識は、退廃していく。精神的な排除から、法の外へと吐き出されるエゴから、固結していくだけの意識が、次々に生み出す今を傍観するだけの肥満化した意識が伝えるリベラルな競争へと可決していくだけの意識的な応益や、終焉へと巻き込まれ、自らのペシミズムに屈従し、従事するほどに、折檻される意味から、意図を引き出せずに、惰性なもので引き取るだけに、間隔へと唾棄するものが弊害になり、担うべき意思も、似合う、似合わないで判断され、蔓延る悪意へと転化していくだけのほころびから、憑依されるだけの悪意へとカタストロフを謳い、捏造される真理や、真偽を用い、史観を狂わせ、空疎な理屈を放つだけの歴史に鎮座するだけの規律を排除し、関する間に熱情するだけの饐えた恋情から、利口な者ほど、補填されるものを選び、恒久的な理想へと近づくほどに、放胆にこなす物事へと恒常的な距離に放たれる欠乏し続ける感性に嵌め込まれる意図や、意味に位置を用い、印象に統合されるだけの普遍性へと編成されるだけの精神性に背反すべく、破壊的な浄土に受理される条理から、理屈を捏ねるだけに昏倒する意識に住まいを求めるだけの位置的な観念から、緩衝できずに、痛みを感染し合うだけの依存的な関連性に、連動していく苦しみに、加工される苦しみを、些細な痛みで巻き込むだけに、運命へと引き離され、些細な動機に奔走していくだけの苛烈な物事への転生から、転換されるだけに、堕落した主体へと死を挟ませるだけの恐怖から、俯瞰は、苛むだけに、境目を用い、裁断される現在へと仮説を持ち込み、物事を膠着させるだけに、至らせるような期限へと現象を閉じ込め、その場で生きた感性を引き出せずに、ただ、立場を用い、物事へと崩壊していき、苦悩を溜め込み、体系へと派生していく痛みに細分化していく分離から、乖離していく身体にかじかむ思いが、事象を突きぬけ、宇宙規模に果てる意識が、空間的なものをj引き出す以前に、次元にとどまる愚かさや、時間に還元される事への邪推から、市街戦へと旅立つ闘争への協業から、強制的に埋め込まれる意思的な配膳から、果敢に挑む事を忘れ、移動し続ける先に受け取るものも、運命に騙され、蓄積する痛みから離床し、底なしに暗い朝を出迎える者を蔑むような光りが照らし、理想を食い込ませ、拘泥し続ける先に、行動は制御され、整合できずに、ただ、汚いものを巻き込み、生きた屍としてか、或いは、機械的なものへと互換されるだけの他者を介した身体から、果てる理想が、教義を謳い、怒号を放ち、神々しく課せられる意味を背負い込む義務から、犠牲心を謳い、用いられる孤独に領土を与え、怠惰な身体に生じる由縁から、誘導されるだけの記憶が生み出すカオスや、過去から引き出す利己的な症状に拘束されるだけの軽薄な身体に束縛されるだけの猜疑心を重ねる過去からの症状を今に来すだけに、帰巣する心理にもとづく行為に栄進を授けずに、ただ、その場で膠着するだけに、過去へと誘引されるだけの意図に愚劣なものを持ち込み、行動へと疎外させるだけの意図から、位置づけられるだけに、惰性なものへと陥り、同情に至り、訝る先に待ち受ける悲しい別れに疎外され続けるだけの憂鬱が示す優劣へと落ち込み、応じる答えに惜別を重ねる意図は、居続ける事の悲しみに耐えかねずに、嘘の答えを吐き出し、徘徊し続ける悲しみへと疎外され、世界性を失い、うごめく意識は、硬直し、直視できない苦悩が溜め込む体系的な未来へと形骸化し、加算されるだけの経済的な権力へと偏る意識的な謙譲から、賢者として崇められるのは、現在に何を持ち込み、溜め込むかにより、自らの領土を広げるためだけに、ためらわずに何かを蹴落とし、自らの未来に課せる有利なものを謳い出すかにより、崇められる速度も違うのだ、という今から馳せる確かさなどは、対価を求めるだけの意図だけに満たず、確かさなどは、何も持たずに、ただ、騙し合う事だけに重点を置いている。