読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

正常


 幾重にもつながり、形成を渡り、星の面影や、掲揚されるものを偶像崇拝し、言い伝えられる呪いは加速し、その場所に怨恨をつなげるだけの隷属するだけの恐怖が、狭い価値を枢要なものへと偏向させるだけに、呪詛を続ける限りに外から入り込む位置的な呪いに交互するだけの断続的な契合から、迎合されるだけの現状に打算されるものや、蛇行する位置的な競合から、緩和しない思いが、今に位置的な欺瞞を授け、境目を作るだけに、綴るものが、禁断症状を抱え、欠けた心につなげる行いも、用いられる正義に支配され、経路を失い、自らを狭い価値に閉じ込めるだけに、倒錯する現在に、問題点も無く、ただ、構造的な排除を受け入れるだけの価値観にせめぎ合い、偽装し続けるだけに至るような既得権と、スケープゴートとして、対象の善意に欠けた思いを、前衛的な芸術性と、欲望に沈み込むリズミカルな衝動から、資本的な恒常性を保つだけに、絶え間ない幻想を抱えるだけの元素記号や、革命的な猶予に迫る期限的な顕揚から、名前は、現在を奪うだけに浸るだけに機械的な回路へとつながれるだけの隷属から、絶対的な死を逃れよう、とする限りに、人間性は、今に欺瞞を授け、苛む記憶から、臆するだけの価値観に応益を求めるだけに、専売特許を謳い、独占する経済から、迎合されるだけに感応する主観から、改造されるだけの原理的な夜に支配的な言葉が記号化し、安易な支配へと継続していく市街戦へと至る現状に迫る気配に隷属するだけの形だけの定めが語り出す言葉へと閉塞感を抱え、重なるものが、些細な痛みを抱え、訝る現状に並行していくものが、今を傍観し、抱え込んだ痛みへと加工される品位を謳い、倫理観をくすぐるだけに、加工される価値に鬱積していく痛みが、慢性的な痛みを加速させ、改組を謳い、至極の時に織り込まれるものが、問題に軋轢を加え、敵意を生み出し、退行し続ける限りに得るものとは、今を咎め、途絶える意識に陰惨なものを持ち込み、貞操観念を用い、何かを独占する限りに増して行く欲は、悠揚に物事を掴めずに、伝わるものへと加速していく苦悩や、代償を用い、相互する思いが、交換され、ジョイントし続ける先に整合される精神的な正常さや、統合を謳うだけの原理的で、独裁的な精神分析へと迎合するだけに、自我に閉じこもり、何事も、過去から引き出されるものへと偏るだけに、硬化するのだ、と打算するだけの支配的な虚像との対話を続けるだけに、病とは、その場の過ちに気が付かずに、おいてけぼりにされた心身は、乖離し続ける限りに、用いられるシステム的な定義に基づき、その場での正常さを用いられ、意味を奪われ、価値の家畜として、むさぼり続ける道理は、理屈に叶ったものだけを、モニュメントやモノグラムに変え、アノニマスな連中が用いる支配的なものに反する革命から、アノミーが迫り、無制限な欲求から、誘導されるだけの劣悪な伴侶を枢要なものへと変えるだけの突然変異的な変遷から、改善されない毎日に迫る法律を解除すべく、ガイドラインを廃止し、分裂的に域を壊し、ノマド化する意識は、敷居を持たず、帰るべき場を持たず、保たれる精神などは、謳われる価値を崇高するだけに至るような普遍性へと編成される不潔さへと、現状を保つためだけに用いられる権利に証拠を残すだけの価値観に支配されるだけに苛む思いとの邂逅をくり返す事に陥る絶望への反復を終えるべく、ベクトルは、価値を打ち砕くべくエクソダスし続けるフォースを着込み、機関を打ち付け粉砕するような正しさを虐げるだけに、従える意識が、用いる暴力性に横領されるだけの思想をすなどるだけに至るような、垂涎するものが謳う価値観に屠られる以前に、この開地から生えるものは、綺麗なものだけであるべく、ベクトルは、永劫へと飢渇し続けるだけの名ばかりの、言葉ばかりの愛にあらず、価値に屠られるだけに、ルサンチマンへと至り、終末論的な牢獄へと世界を入れ込もうともくろんだ同情だけの信仰へと浸るだけの欺瞞に来すイメージへと人間的な神が成敗するだけの善悪に嵌め込む罪と罰へと幼稚な価値を想定し続ける限りに、カタトニーへと至り、解除できない苦しみは、毎日に見合うだけの価値を用い、統合しようともくろむ止揚から、その場で膠着するだけに至るヘーゲル的な禍根から、改善されない苦痛を昇華させるべく、統合されずに、自らのフォースだけで、今を貫き、何事にも占領されずに、個人的な意味すら持たずに、世界的な意思を掲げ、崇めるだけに至るような経路を破壊し、帰る場所も持たずに、死をも超克するような先に生まれ、定立されるものをも引きちぎり、悲観する先に生まれる全容へと統合されるだけの正常さを押し込める自我すら捨て去り、聡明な意志を掲げ、早熟な伴侶と共に、配備されるものを乗り越える先に、利己的なものが、消費するだけの価値を謳うだけの原因に加工された原理を謳い続けるのが、短絡的な価値であるし、そこに段落を用い、証拠を残し、繰り上げる痛みに延々と、演繹し続ける形に消費されるだけの価値から抜け出し、自らあらがう事により、リアリズムは加速し、アニミズムに消費されるだけの贋物の痛みに配備されるだけの苦痛を飛び越え、自らに帰り着き、用いられる戒律に反し、今に浸るだけの苦痛に通過していくものに区域を生み出し、食い込む痛みに解消されない痛みに加工されるだけの空疎な価値を飛び越え、安易な支配を壊すようなよろこびに満ちた日々に加算される原理すらも、その場に価値を当てこするだけに、今に罪の意識という軋轢を加え、行動を取りにくくするだけに、憎しみは倍増し、誰もが、善悪を超えたルサンチマンと化し、加算されるものへと支払う義務が、死を超え、法を利用し、領土を奪い合うだけの短絡的なものへと搬送されるだけに人工的なものが倍増し、人工的なものによる反乱が執り行われる前に、人工的なものを取り押さえようともくろむ先に行き、いびつな現状を打ち砕くものを飛び越えるような思いを統合し、同じ位置に閉じ込めようともくろむ用途から、脱兎し、死をも乗り越えるような永続的な革命へと至らせるようなセンテンスを、今に解放し、あらゆる原理は、今に揺さぶりを与え、有効なものへと等位を用い、淘汰しよう、とせめぎ合うだけの競争から、鏡像段階を用い、物事を幼少期に倒錯させ、投じられる苦痛へと仮想するものを飼い慣らす偽善的な牢獄へと入れ込むだけに、慟哭を続ける初心な精神世界は、整容されるだけに、純粋なものを閉じ込められ、投じられる正常さにより、自らを損ない、普遍性を保つだけの機械的な恒常性へと至るだけの正常こそが、異常なのである。