読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

差異と愛


 妥当なものを掲げずに、戦って死ぬ、という歓喜を迎えるべく、天体を突きぬけ、同じ位置に暗示的な意味を用いずに、利己的な終幕を結ぶだけの低劣な反証から、空気感に忍ばせる永遠に蓄積される苦悩を疎外させるべく、蓄えるベクトルからエクソダスする瞬間に収斂される希望や、前衛的な境界へと挟まる意識的な互換から、楽しみにだけ屈従し、従事する先に、重縁を結び、全体主義的な横溢をほどこす愚弄から放たれ、安易でアンニュイなものへと接続される過程に無数の位置的な怨霊を飼い慣らすだけの模倣されるだけの過激な終焉へと陥るだけの過程に迫る価値観に屠られ、証拠を残しだけに、悔恨を溜め込み、対立し続ける先に愚弄し、不老不死を謳い、運命を咎めるだけの希望を疎外させ続けるだけに至らせるような懐疑的な日常に麻痺していく愚鈍な感情に証拠を与えるだけの体系的な論理に聡明なものすら永久に消え去り、苛むだけの期限へと排斥される枢要なものも、誰かに反復させられるだけの悲劇へと経路を移し、悔恨を回転させ、供給される痛みに尽き果てるだけに苛む意識に加工されるものが、やがて、私に渇望を与え、症状を悪化させ、圧壊させるだけに至らせるような痛みに散漫なものを用い、一途なものを疎外し、軽薄な意識に敷衍していくものが、私を枯渇させる。「用いられる正義は、裏切るために、ためらわず、国家という枠で屠り、でたらめな法で囲い、加工された意識に人工的な意識を植え付ける。」得たものは、あたかも、今に影響するかのように染みいる愚生に衝動を残し、不安感を加速させ、安易な支配へと滑落していき、無形なものが崇敬され、蝕まれる日常に神を編み込み、あいまいな意識に枢要なものを捧げるだけの供犠へと浸らせ、欺瞞を溜め込むだけの善意的な哀れや、あらがう意識に注がれる悲しみの住処に課せられる罪などを加速させ、足かせをはめ込み、世界を傍観するだけに至らせるような悲観的な日常に相互する意識的な終わりから、緩慢に作用する流動的な本性が汎用するだけの情報を、譲渡される物語へと加工されるだけの意識的な衰亡へと至らせ、ギミックは、悲観的な日常を蝕むだけに至らせるような架空の世界を信仰し、懐疑的な日々に連動する意識的な悲鳴を聞き分ける事すらできずに、出来合のものを信仰し、心情を奪い、真意を謳うだけに浸る言動に攪拌される意識的な証拠をかき消すだけの記号的な安易さに証明されるものなどは、今に魯鈍なものへと変わり、利己的な支配へと経路を与え、安易に縛られるだけの意味へと感知しない苦悩を巻き込み、アイロニカルな合間に注がれる可憐な日常や、解析される日常の悲劇へと拡散される意識的な排斥から、長じる由縁に空疎な面影を突き刺し、苛むだけの記憶へと痛みを反響させ、その反響が、今を覆い、追憶へと浸らせるだけの意味合いに空虚さを溜め込み、退廃的なものへと落ち込む間に蔑む論理から、輪唱する真意に悲観的なものを生み出し、邂逅する先におとずれる定理や、定義に反し、物々しいものへと虐げられ、真相を奪われ、謳われるものへと吐き出される現実から、解消される痛みや、退嬰的なものを抱え、重なるものへと移行していく痛みに指定される合間に生まれる欺瞞や、空疎な思いを溜め込み、今に浸るだけのあいまいな蛇行から、寛容なものすら無く、奪われるだけの価値へと移行していく空疎な思いから、緩衝する先に鬱積するものが、対比を続け、伝わらぬものを今に巻き込み、採算を合わせる事だけに、慌てる現在に利己的なものだけが現れ、今を悲観で染め、肥満化する意思は、身動きも取られずに、大抵のものに異物感を吐き出し、悲しみに疎外されるだけに、壮大な意思を作られずに、小さな反響から、やがて、大きなものへと変化する先に用いられる品格などは、現在に浸るだけのあいまいな過ちを作り出すだけに至り、浸る意識的な汚穢から、機械的な道理へと、動機は加工され、乖離し続ける先に奪われるだけの価値に倒錯し、等位を用い、統計されるものへと回避していく意識は、史観に騙され、歴史が引きずるものを信用し、進行を止めようと迫るだけに至る痛みから、散漫な意識は、介する間に解消されない痛みを加工し、硬化していく意識は、指定される意味へと拍動し、感情を削がれ、ただ、傍観するだけに浸る現在に介する理想を競合させるだけに、些細な痛みは、最たるものを損ない、そこかしこに痛みを巻き込み、こじつけられるものを信用し、ただ、安易な死の家畜として、自ら食い尽くす微量の毒で、ゆっくりとした死を迎えるべく、従う快楽から、退廃的なモジュールと化するだけに浸る空虚な意思に再発する苦しみから嚮導するものに引っ張られ、自らの意志を見失い、今に浸る力へと引き離されるだけの意識を汚し、異物感を蓄え、抑圧される苦しみへと敷衍していく痛みを倍加させるだけに至らせるような苦境へと立たされる。