時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

色あせるだけの真理


 暴走する真理は、一途な神を設立し、運命論的にカスタムされ、パスワードと化するだけの限度が、導く危機感を謳うだけの経済的な軽薄さに愚鈍なものを掲げ、意思を奪うだけに圧力を加え、距てられる意識は、食い込むだけの軋轢の痛みに耐えかねずに、体系的なものに疎外され、貫通していく痛みや、躍動する意思に反し、君の笑顔へと形成され行く希望の数々へとせせらぎ続ける生命的な愚鈍さに掲げるだけの意味や、位置的な加速から、懐疑的な日常に、奔走していくだけの動機や、渇望し、虐げられるだけの日々が生み出すルサンチマンや、静謐さを損ない、そこかしこに優劣や、憂鬱を生み出すだけの機械化した生産的な日常へと複製されるだけの真偽や、悟るほどに、愚鈍なものへと陥るだけの悔恨から、卑劣な偶像を生み出し、元々の愛すべきものを、利己的なもので染め上げ、聡明なものすら損ない、数少ない時間に覆われ、縫い付けられるだけの生命が、見初める先に生まれる真実に軋轢を加え、貪婪な意識は、妨げられるだけに浸る構造的な快楽から、傀儡化する意識は、差額を求め、最たるものを損ない、差異の中で反芻するだけの悪のようなものをすなどるだけのニュアンスは、謳われるだけの愛した日々へと苛烈なものを枷に変えるだけの愛から、放たれるだけの日常の鈍磨な試みから、緩衝する先に生まれる最たるものも、何かに所有され、専有されるほどに、自らの意志を失い、力に反撥できずに、権力に屈するだけに至るような痛みに耐えかねず、身滅ぼすだけに至るような偶像崇拝へと加工され暗澹として意識に散漫な意識が、蓋然的なものを齟齬させ、反復する意識に充溢していく官能的なドライブから、リリカルな衝動へと滑落していく真理にもとづくエゴから、介する間に利己的な終幕を埋め込むだけの時間的な制御から、不幸の回路へとひた走る実直な思いも、被る先に安易な専横を生みだし、余罪を追及するだけに果てない痛みは、互いを傷つけるだけに浸る現状から、緩衝する先々に対立を生み、終わらない戦争へと進むだけに浸る現象へと金銭だけが、もろもろの価値に、家畜を生み出し、価値観により、愛はやがて弊害を生み出し、互いを咎めるだけになったとしても、其処に愛した記憶さえあれば、そこに有した愛に気が付くころには、ほろ苦い思いと共に、過ぎ去った分だけ、分断され、分裂し続ける先に損なう思いが、おいてけぼりをくらっても、草臥れ、互いを咎めるだけのリベラルなものを生み出し、模倣し続ける先に乖離する事実が、史実を捨て去り、納期されるだけの意味合いに欠乏していく思いに浸るだけの悲観的な衝動から、関するほどに解けぬ思いが、愛した記憶を細分化し、分割される記憶をすなどるだけの海馬を裏切り、リバイバルされる先にリリカルなもので表現し、詩的な昇華へと至るような美しさを孕んだ記憶の数々と永久が重なり、凝滞へと加工されるだけの暗鬱なギミックを乗り越えるような高みへとのぼる意識は、司る意味に捕まるはずも無く、ただ、斜交いに交わる記憶に嵌め込まれるだけの意図を含んだ代償を生み出すだけの日常の平均的で普遍的な不衛生さにつかまつるだけの意味に追憶は、馳せるままに、加速を続け、其処にとどまらずに、永遠へと加速し続け、とまらずに突き進むままを愛した記憶で染め上げ、其処に備わる独善的なものも、ナルシシズム的なものも廃棄し、求める事も、もつれる事も無くなり、死すらも超越し、其処に苦しみを繰り上げるだけの軋轢を生み出す対象にすら、純粋な愛をちりばめるようなメタファーを生み出し、負荷を飛び越え、とぼしい意識に虐げられずに、従えるべき意味に独善的なものを加工するよりも、其処に生み出すカオスや、仮想にほどこす意味すら不必要であるし、其処にある風景よりも、君は一途なものを司り、何にも捕まえられずに、その場にあふれる永遠と共に帰還する意思は、最善なものや、完全性や、安心安全を謳うよりも、君と居る事により、逸脱し、そこに不安定なものがあり続ける限りに得るものがあるなどと謳うよりも、今に逸脱し、一貫した意味に複製されるだけの安定感を用いるよりも、その不安定さを蹴り上げ、自らのダイナミズムと共に、一切を爆砕するような高みへと至るような昇華へと至るのが、愛がなしえる業であり、そこに災いなどを謳い、用いる不安で一切を暗鬱なものに変えるだけの考えなどは、所詮、誰かが生み出しただけに満たない汚いシナリオであるし、そこに支配を生むだけの思案から、安心を用い、自由を謳い、奴隷になるのだ、と強制するだけの資本的なドレスアップをほどこすべく、誰もが、誰かを裏切り、牛耳るだけに浸るような快楽へと、感覚は損なわれ、其処に嵌め込まれるだけの意味へと吸収されるような生き方などを示す事に猛るだけの犬儒的な哲学が生み出した、欲への加速へと加工される意味にシナプスが、興奮材料を探し、発憤すべく、すべてを犠牲にし、にじむような痛みへと悶えるようなマゾヒズムがヒステリーを抱え、今に絶望を巻き込んで行き、経過するほどに、行き過ぎた無知さに端折られた希望も、いつかの愛に妨げられるのだ、と裏切り荒んだ命は、対立を生み続け、今に憎しみを生産して行くだけ、だ。