時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

習熟


物事を正す以前に、前衛的にのし上がり、今に背反し、隷属するだけの意味を翻し、今に希望を生み出し、だしぬくことばかりを目的に、自由や安定を並べ、リベラルなものに偏り、自らを見失い、確かな意志を持たずに、大義を謳い、自らを騙すような思想に汚される抵抗性などは、自らを破壊し、抵抗の本質を損ない、今に破壊を生み出し、互いを傷つけるだけに至り、堕落した主体が、フラクタルなものや、不具合を用い、意味に移行して行く性的な不破から、配膳される苦しみを利己的に消費し、モラルを用い、何かを抑圧するだけの独善的な手法が、独占欲を用い、旋回する意識にもたらすきな臭い悲劇や、激昂し、被る先に打ち出す痛みに参画するものが、屈折を生み出し、今に果たすべき事情や、叙情を駆け巡り、煙たい偶像を進行し、屈折した感情が従う意志的なものが、現在を屠り、原罪を用い、生きることを、高圧的に攻める辺りに、私とは倒錯し、退行するだけに至る精神は、至らぬままに浸る現在に関与し、かかずらうだけに消費し、逍遥する先に、自立しては、様々な意味に関与し、そこに痛みを生み出すだけに来す意味を反芻し、自我を破壊し、自我に収まるほどに、時間や次元や、空間は、乖離することを許さず、精神にゆとりを持たず、ただ、従う意思を持たせ、観念でガチガチに固め、勘違いを生み出し、打算される意味に偏り、今を見失い、鬱積するものや、痛みにシンクロし、進行する痛みにコミュニケートされるものが、現在に軋轢を加え、苦しみを媒介させ、危害を加えるだけのエゴを加速させ、世界観を奪い、今に絶望して行く。展開するものが、次々と織り込まれ、今に意思を与える。抗う記憶は、断続的な痛みを孕ませ、世界に入り混じる記憶を証拠に、今に隠れて行く。空間的な仮説に搾り取られた意識を撹拌させ、自らの座標軸にとどまり、動かぬ精神は、自らの聖域を作り出し、感覚的に触れ合うほどに増して行く痛みに交わる先に、本質すら見失い、今をないがしろにして行く。消費され続ける対象は、互いを咎めるだけに至り、訝るだけに浪費される観念を枷に、意味を喪失して行く時間的な終幕から、慢性的な痛みを生み出す影を退け、自らの意志だけで、今を乗り越える。群像に解ける軽快な意志が、感情を乗り越え、静謐へと進む。なじられた記憶は、なじむまで、自らの華々しさに隠れ、攪拌し続ける先に生まれる寛容さを紐解く鍵や、永遠性を含ませ、猜疑心を取り除き、ただ、ひとつのものへと浸透して行く美しさに、駆動していく意識は、言い分けを重ね、萎えるだけの年月に汎用されるだけの言葉を些細なものとして往復させるだけに、縦貫する意識は、陰鬱なものを溜め込み、低劣なものや、脳内で低気圧を生み出し、対象を破壊するだけに至るような悲観的なアニミズムから、あいまいな理想は、供給されるだけの慈悲へと兌換される価値により、アナクロニズムへと変化し、偏執し続ける意思は、あいまいなもので壁を作り、今に緩衝すべき愛の存在すら信じられずに、今に浸る痛みへと加速していく意思的な脆弱さが放つ罪の意識などが、今を抑圧し、世間体などが、低劣な意味を吐き出し、緩衝する普遍性などは、不潔なものしか生み出さぬのだ、と選民思想的な優劣から、雄大な理想は損なわれ、そこに価値を生み出す限りに、損なわれるものが横行し、生産されるだけで、だいたいのものは、模様を用い、物事を、同じ意味に閉じ込め、今に倒錯するだけに至らせるような悲劇へと加工される品位に至るだけの理想とは、競合するだけに資本的な流動性を求め、信用を謳い、対比するだけに至るような価値に閉じ込め、統合されるだけに、境目をねじ曲げ、最たる意味を浪費し、籠城する意思は、端的な理由も分からずに、世界との苦しみを調和できずに、引きこもるだけに至らせるような共通理解などは、利点を損ない、そこかしこに不安を用い、意味を見失わせるだけに至るのであり、ひとときとは、一度きりのものであり、機械的に汎用されるものが、破壊的に意思を奪うだけに至るような提携から、機械化して行く意思は、物事から逸脱できずに、憤りを重ね、行き先が不透明だから、と堕落するか、自暴自棄になるかの二者択一しから残されてないのだ、と被害妄想に至るよりも、意外性を用い、自らを超え出る先に、拗れるものも、物事を恐々とさせるだけの理想も、理性を用いずに、獣的に破砕するだけの感覚の離愁へと損なう陰りに、用いた鍵も、愛惜に踏みにじられ、自らの悲愁へと根幹は腐らされ、意識的な終わりから、応用されるだけの悲観的な反復へとペシミズムは加速し、関わるほどに、感覚は損なわれ、そこかしこに苦しみを生み出すだけに今に踏み台にされ、悲観するだけに至らせるような世界の普遍性などは、市場的な立地条件を求め、用いられる善悪や、貧富の差などで、平衡を保つような思考から生み出される意味や価値などは、意思を持たずに、何かを奪うだけの権利に浸るだけの権力へと牽引されるだけの軋轢を自らに課せ、自らを抑圧するだけに至らせる。